an online Instagram web viewer
  • showikawa
    showikawa
    @showikawa

Images by showikawa

王子稲荷神社@北区岸町1-12-26
王子神社@北区王子本町1-1-12
七社神社@北区西ヶ原2-11-1
平塚神社@北区上中里1-47-1

1枚目
王子稲荷神社は平安時代以前の創建、宇迦之御魂神、宇気母智之神、和久産巣日神を祭神とする。関東稲荷の総社、大晦日には各地から集まった狐が、大きな木の下で装束を整え、王子稲荷に詣でたという言い伝えが残る。

2枚目
王子神社は創建不詳、伊弉諾尊、伊弉冉尊、天照皇大神、速玉之男命、事解男命を祭神とする。熊野三社から王子大神(祭神)を迎えて祀ったとされる。東京十社の1つで、境内の公孫樹や、参道の紅葉が美しい。

3枚目
七社神社は創建不詳、伊弉諾尊、伊弉冉尊等七柱を祭神とする。江戸の頃から七社と呼ばれる。後背の飛鳥山公園一帯は、縄文、弥生、古墳時代の遺跡が残る。

4枚目
平塚神社は1118年の創建、源義家、義綱、義光を祭神とする。源義家が東征の折この地に立ち寄り、鎧を拝領した領主が義家を祀ったことに始まる。

5枚目は旧古河庭園。洋館の見学は予約が必要だが、建物内の喫茶を利用すれば、1階のみは観ることができる(撮影不可)。 #神社 #王子 #旧古河庭園 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
王子稲荷神社@北区岸町1-12-26 王子神社@北区王子本町1-1-12 七社神社@北区西ヶ原2-11-1 平塚神社@北区上中里1-47-1 1枚目 王子稲荷神社は平安時代以前の創建、宇迦之御魂神、宇気母智之神、和久産巣日神を祭神とする。関東稲荷の総社、大晦日には各地から集まった狐が、大きな木の下で装束を整え、王子稲荷に詣でたという言い伝えが残る。 2枚目 王子神社は創建不詳、伊弉諾尊、伊弉冉尊、天照皇大神、速玉之男命、事解男命を祭神とする。熊野三社から王子大神(祭神)を迎えて祀ったとされる。東京十社の1つで、境内の公孫樹や、参道の紅葉が美しい。 3枚目 七社神社は創建不詳、伊弉諾尊、伊弉冉尊等七柱を祭神とする。江戸の頃から七社と呼ばれる。後背の飛鳥山公園一帯は、縄文、弥生、古墳時代の遺跡が残る。 4枚目 平塚神社は1118年の創建、源義家、義綱、義光を祭神とする。源義家が東征の折この地に立ち寄り、鎧を拝領した領主が義家を祀ったことに始まる。 5枚目は旧古河庭園。洋館の見学は予約が必要だが、建物内の喫茶を利用すれば、1階のみは観ることができる(撮影不可)。 #神社  #王子  #旧古河庭園  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
長崎大神宮@長崎市栄町6-12

長崎大神宮は1878年の創建、天照皇大神、豊受皇大神を祭神とする。眼鏡橋のすぐ近くに鎮座する。元々は長崎市内の別の場所にあったが、昭和20年原爆により焼失、昭和28年に現在地に再建された。

#神社 #眼鏡橋 #皿うどん #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
乃木神社@港区赤坂8-11-27
櫻田神社@港区西麻布3-2-17
天祖神社@港区六本木7-7-7
赤坂氷川神社@港区赤坂6-10-12
久國神社@港区六本木2-1

1枚目
乃木神社は1923年の創建、乃木陸軍大将夫妻を祭神とする。乃木坂に面して鎮座する。境内と、隣接する公園の、紅葉が見事だった。

2枚目
櫻田神社は1180年の創建、豊宇迦能御売大神を祭神とする。源頼朝の命により建立された。付近には、六本木の美味しそうなレストランが点在する。

3枚目
天祖神社は1384年の創建、天照大神、伊弉諾尊、伊弉冉尊を祭神とする。竜土神明宮とも呼ばれ、夜な夜な竜が灯明を献じたと言い伝えられ、竜灯がなまって竜土となったらしい。ミッドタウン正面の路地裏に鎮座する。

4枚目
赤坂氷川神社は951年の創建、素盞嗚命、奇稲田姫命、大己貴命を祭神とする。社殿は江戸時代のもので、東京都の重要文化財、ご神木は公孫樹で樹齢400年を誇る。境内には勝海舟が名付けた四合(シアワセ)
稲荷神社も鎮座する。

5枚目
久國神社は創建不詳、倉稲魂命を祭神とする。元々は、現在の皇居内にあったとされる。久国作の刀が奉納されたことが社名の由来らしい。拝殿右の社務所が昭和初期の民家っぽくて、なかなか良い味である。

#神社 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
乃木神社@港区赤坂8-11-27 櫻田神社@港区西麻布3-2-17 天祖神社@港区六本木7-7-7 赤坂氷川神社@港区赤坂6-10-12 久國神社@港区六本木2-1 1枚目 乃木神社は1923年の創建、乃木陸軍大将夫妻を祭神とする。乃木坂に面して鎮座する。境内と、隣接する公園の、紅葉が見事だった。 2枚目 櫻田神社は1180年の創建、豊宇迦能御売大神を祭神とする。源頼朝の命により建立された。付近には、六本木の美味しそうなレストランが点在する。 3枚目 天祖神社は1384年の創建、天照大神、伊弉諾尊、伊弉冉尊を祭神とする。竜土神明宮とも呼ばれ、夜な夜な竜が灯明を献じたと言い伝えられ、竜灯がなまって竜土となったらしい。ミッドタウン正面の路地裏に鎮座する。 4枚目 赤坂氷川神社は951年の創建、素盞嗚命、奇稲田姫命、大己貴命を祭神とする。社殿は江戸時代のもので、東京都の重要文化財、ご神木は公孫樹で樹齢400年を誇る。境内には勝海舟が名付けた四合(シアワセ) 稲荷神社も鎮座する。 5枚目 久國神社は創建不詳、倉稲魂命を祭神とする。元々は、現在の皇居内にあったとされる。久国作の刀が奉納されたことが社名の由来らしい。拝殿右の社務所が昭和初期の民家っぽくて、なかなか良い味である。 #神社  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
鷲神社@台東区千束3-18-7

酉の市(三の酉)

#鷲神社 #酉の市 #台東区
玉姫稲荷神社@台東区清川2-13-20
隅田川神社@墨田区堤通2-17-1
胡録神社@荒川区南千住8-5-6

1枚目
玉姫稲荷神社は760年の創建、宇迦之御魂大神を祭神とする。玉姫の語源がわからないが、京の伏見稲荷から勧請したとされる。毎年11月最終週末には、氏子の靴メーカーが参加する「靴のめぐみ祭り市」が開かれ、多くの人で賑わう。靴神輿(左上)の奉納や、靴供養も行われる。左下はシンデレラの靴神輿。

2枚目
隅田川神社は創建不詳、速秋津日子神、速秋津比売神、鳥之石楠船神、大楫木戸姫神を祭神とする。水神社とも呼ばれ、鎮座地はかつて隅田川が増水しても沈まない浮島であった。

3枚目
胡録神社は1561年の創建、面足尊、惶根尊を祭神とする。川中島の戦いで敗走した上杉家の家臣、高田嘉左衛門が永住の地と定めた際、安寧を祈願し祀ったことに始まる。胡録の名は、武具の名とも、蛎殻を粉にした白い顔料「胡粉」に因むとも云われる。右下は、蛎殻を砕くのに使われた石臼。

4枚目
途中で立ち寄った、日正カレーのカツカレーライス。カツは肉厚でカリッと揚がり、ルーは絶妙な辛さが口に残る。めちゃ旨い‼️ #神社 #靴のめぐみ祭り市 #日正カレー #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
玉姫稲荷神社@台東区清川2-13-20 隅田川神社@墨田区堤通2-17-1 胡録神社@荒川区南千住8-5-6 1枚目 玉姫稲荷神社は760年の創建、宇迦之御魂大神を祭神とする。玉姫の語源がわからないが、京の伏見稲荷から勧請したとされる。毎年11月最終週末には、氏子の靴メーカーが参加する「靴のめぐみ祭り市」が開かれ、多くの人で賑わう。靴神輿(左上)の奉納や、靴供養も行われる。左下はシンデレラの靴神輿。 2枚目 隅田川神社は創建不詳、速秋津日子神、速秋津比売神、鳥之石楠船神、大楫木戸姫神を祭神とする。水神社とも呼ばれ、鎮座地はかつて隅田川が増水しても沈まない浮島であった。 3枚目 胡録神社は1561年の創建、面足尊、惶根尊を祭神とする。川中島の戦いで敗走した上杉家の家臣、高田嘉左衛門が永住の地と定めた際、安寧を祈願し祀ったことに始まる。胡録の名は、武具の名とも、蛎殻を粉にした白い顔料「胡粉」に因むとも云われる。右下は、蛎殻を砕くのに使われた石臼。 4枚目 途中で立ち寄った、日正カレーのカツカレーライス。カツは肉厚でカリッと揚がり、ルーは絶妙な辛さが口に残る。めちゃ旨い‼️ #神社  #靴のめぐみ祭り市  #日正カレー  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
駒込天祖神社@文京区駒込3-40-1
駒込富士神社@文京区駒込5-7-20
大國神社@豊島区駒込3-2-11
妙義神社@豊島区駒込3-16
上田端八幡神社@北区田端4-18-1
簸川神社@文京区千石2-10-10
白山神社@文京区白山5-31-26

1枚目
駒込天祖神社は1189年の創建、天照大神を祭神とする。源頼朝が東征の折、この地に立ち寄り、松の枝に大麻(伊勢神宮のお札)がかかっている夢を観て、幸先良いとして天照大神を祀ったことに始まる。

2枚目
駒込富士神社は1573年の創建、木花咲耶姫命を祭神とする。六義園の近くに鎮座、古墳を活用した富士塚とも云われる。塚の周囲に富士講等による石碑が立つ。

3枚目
少し歩くと、柳沢吉保の下屋敷にあった六義園に至る。

4枚目
大國神社は1783年の創建、大巳貴命を祭神とする。駒込駅を望む陸橋のたもとに鎮座。土地の有力者による建立らしい。

5枚目
妙義神社は12代景行天皇の御代(651年とも)に創建、日本武尊、高皇産霊神を祭神とする。日本武尊が東征の折、この地に陣営を構えたとされる。時代が下り、太田道灌が祈願する度に戦勝を収めたことから、「戦勝の宮」とも呼ばれる。

6枚目
上田端八幡神社は1189年の創建、品陀和気命を祭神とする。この地域は江戸時代、上、下、2つの田端に分かれており、それぞれに八幡神社が祀られていたとのこと。

7枚目
簸川神社は5代孝昭天皇の御代の創建、大巳貴命、素盞嗚命、稲田姫命を祭神とする。元々社号は氷川を用いていたが、大正時代に神主が、神社の由緒は出雲の簸川にあるとして、この字を使用するようになった。

8枚目
白山神社は948年の創建、菊理媛命、伊弉諾尊、伊弉冉尊を祭神とする。加賀の白山比咩神社から勧請された。狛犬の眼が爛々と輝いている。梅雨時には紫陽花が咲き誇る。

#神社 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
駒込天祖神社@文京区駒込3-40-1 駒込富士神社@文京区駒込5-7-20 大國神社@豊島区駒込3-2-11 妙義神社@豊島区駒込3-16 上田端八幡神社@北区田端4-18-1 簸川神社@文京区千石2-10-10 白山神社@文京区白山5-31-26 1枚目 駒込天祖神社は1189年の創建、天照大神を祭神とする。源頼朝が東征の折、この地に立ち寄り、松の枝に大麻(伊勢神宮のお札)がかかっている夢を観て、幸先良いとして天照大神を祀ったことに始まる。 2枚目 駒込富士神社は1573年の創建、木花咲耶姫命を祭神とする。六義園の近くに鎮座、古墳を活用した富士塚とも云われる。塚の周囲に富士講等による石碑が立つ。 3枚目 少し歩くと、柳沢吉保の下屋敷にあった六義園に至る。 4枚目 大國神社は1783年の創建、大巳貴命を祭神とする。駒込駅を望む陸橋のたもとに鎮座。土地の有力者による建立らしい。 5枚目 妙義神社は12代景行天皇の御代(651年とも)に創建、日本武尊、高皇産霊神を祭神とする。日本武尊が東征の折、この地に陣営を構えたとされる。時代が下り、太田道灌が祈願する度に戦勝を収めたことから、「戦勝の宮」とも呼ばれる。 6枚目 上田端八幡神社は1189年の創建、品陀和気命を祭神とする。この地域は江戸時代、上、下、2つの田端に分かれており、それぞれに八幡神社が祀られていたとのこと。 7枚目 簸川神社は5代孝昭天皇の御代の創建、大巳貴命、素盞嗚命、稲田姫命を祭神とする。元々社号は氷川を用いていたが、大正時代に神主が、神社の由緒は出雲の簸川にあるとして、この字を使用するようになった。 8枚目 白山神社は948年の創建、菊理媛命、伊弉諾尊、伊弉冉尊を祭神とする。加賀の白山比咩神社から勧請された。狛犬の眼が爛々と輝いている。梅雨時には紫陽花が咲き誇る。 #神社  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
麻賀多神社@成田市台方1
麻賀多神社@成田市船形834
麻賀多神社@佐倉市鏑木町933
六所神社@印旛郡酒々井町墨1079

麻賀多神社は、千葉県印旛沼東南部に十八社存在、台方の社が本宮(1枚目)、船形のものが奥宮(2枚目)である。また、樹齢800年の大銀杏がある佐倉市の社(4枚目)は、佐倉藩の総鎮守としても崇敬されてきた。

いずれも創建不詳、加具土命の子である稚産霊命を祭神とする。奥宮は古墳の上に鎮座し、その主は4世紀にこの地域の国造であった伊都許利命と伝えられる。横穴式の石室が露出し、それに隣接して小さな伊都許利神社(3枚目の下3枚)が鎮座している。

麻賀多の名は、この地域が古くは「麻」の産地であり、伊都許利命など「多」一族が「賀」す社であったことに因む。

六所神社(5枚目)は創建不詳、天御中主命を祭神とする。酒々井プレミアムアウトレットに向かう道沿いの畑の奥に鎮座、鳥居がない。社殿右奥に小型の古墳が残る。

#神社 #麻賀多 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
麻賀多神社@成田市台方1 麻賀多神社@成田市船形834 麻賀多神社@佐倉市鏑木町933 六所神社@印旛郡酒々井町墨1079 麻賀多神社は、千葉県印旛沼東南部に十八社存在、台方の社が本宮(1枚目)、船形のものが奥宮(2枚目)である。また、樹齢800年の大銀杏がある佐倉市の社(4枚目)は、佐倉藩の総鎮守としても崇敬されてきた。 いずれも創建不詳、加具土命の子である稚産霊命を祭神とする。奥宮は古墳の上に鎮座し、その主は4世紀にこの地域の国造であった伊都許利命と伝えられる。横穴式の石室が露出し、それに隣接して小さな伊都許利神社(3枚目の下3枚)が鎮座している。 麻賀多の名は、この地域が古くは「麻」の産地であり、伊都許利命など「多」一族が「賀」す社であったことに因む。 六所神社(5枚目)は創建不詳、天御中主命を祭神とする。酒々井プレミアムアウトレットに向かう道沿いの畑の奥に鎮座、鳥居がない。社殿右奥に小型の古墳が残る。 #神社  #麻賀多  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
九頭竜神社@東京都西多摩郡檜原村数馬7076
阿伎留神社@東京都あきる野市五日市1081
二宮神社@東京都あきる野市二宮2252
日吉神社@東京都昭島市拝島町1-10-19
日野宮神社@東京都日野市栄町2-27-19
谷保天満宮@東京都国立市谷保5209

1枚目
九頭竜神社は1336年の創建、九頭竜大神、天手力男命を祭神とする。東京都西端の秘境に鎮座、近くに九頭竜滝(左上)という、行に使われる滝もある。社務所は300mほと下った古民家の宿「山城」にある。

2枚目
阿伎留神社は創建不詳、大物主神、味耜高彦根神、建夷鳥神、天児屋根命を祭神とする。延喜式内小社であり、周囲は閑静な住宅地である。

3枚目
二宮神社は創建不詳、国常立尊を祭神とする。武蔵国二之宮であり、周囲には縄文から近世に至るまでの遺跡が多く残る。境内は城跡でもある。

4枚目
日吉神社は16世紀後半の創建、大山咋命、羽山戸命、香山戸命を祭神とする。旧別当の大日堂が隣接、更に樹齢800年の藤のある拝島公園や、五重塔や南大門が壮麗な拝島大師があり、見応えのある地域である。

5枚目
日野宮神社は創建不詳、天御中主命、高皇産霊尊、日奉氏の始祖を祭神とする。近くの多摩川が洪水で決壊しそうになったとき、鰻が堤の穴を埋め防いでくれたことから、この神社が鎮座する四谷地区では鰻を食べないらしい(土地の方に確認はしていない。)。 6枚目
谷保天満宮は903年の創建、菅原道真を祭神とする。道真公が太宰府左遷の際、三男道武はこの地に配流となり、父の死にあたり、像を作らせ祀ったのが始まりとされる。11月3日にはおかがら火(薪の山に火を放ち、炎の高さを競う。)と鷽替神事(うそ鳥を他の参拝者と交換し、嘘を吉に取り替えるもの)が執り行われた。7枚目下の写真はその準備である。

#神社 #九頭竜 #檜原村 #あきる野市 #昭島市 #日野市 #国立市 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
九頭竜神社@東京都西多摩郡檜原村数馬7076 阿伎留神社@東京都あきる野市五日市1081 二宮神社@東京都あきる野市二宮2252 日吉神社@東京都昭島市拝島町1-10-19 日野宮神社@東京都日野市栄町2-27-19 谷保天満宮@東京都国立市谷保5209 1枚目 九頭竜神社は1336年の創建、九頭竜大神、天手力男命を祭神とする。東京都西端の秘境に鎮座、近くに九頭竜滝(左上)という、行に使われる滝もある。社務所は300mほと下った古民家の宿「山城」にある。 2枚目 阿伎留神社は創建不詳、大物主神、味耜高彦根神、建夷鳥神、天児屋根命を祭神とする。延喜式内小社であり、周囲は閑静な住宅地である。 3枚目 二宮神社は創建不詳、国常立尊を祭神とする。武蔵国二之宮であり、周囲には縄文から近世に至るまでの遺跡が多く残る。境内は城跡でもある。 4枚目 日吉神社は16世紀後半の創建、大山咋命、羽山戸命、香山戸命を祭神とする。旧別当の大日堂が隣接、更に樹齢800年の藤のある拝島公園や、五重塔や南大門が壮麗な拝島大師があり、見応えのある地域である。 5枚目 日野宮神社は創建不詳、天御中主命、高皇産霊尊、日奉氏の始祖を祭神とする。近くの多摩川が洪水で決壊しそうになったとき、鰻が堤の穴を埋め防いでくれたことから、この神社が鎮座する四谷地区では鰻を食べないらしい(土地の方に確認はしていない。)。 6枚目 谷保天満宮は903年の創建、菅原道真を祭神とする。道真公が太宰府左遷の際、三男道武はこの地に配流となり、父の死にあたり、像を作らせ祀ったのが始まりとされる。11月3日にはおかがら火(薪の山に火を放ち、炎の高さを競う。)と鷽替神事(うそ鳥を他の参拝者と交換し、嘘を吉に取り替えるもの)が執り行われた。7枚目下の写真はその準備である。 #神社  #九頭竜  #檜原村  #あきる野市  #昭島市  #日野市  #国立市  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
常陸國總社宮@茨城県石岡市総社2-8-1
金刀比羅神社@茨城県石岡市国府6-2-1
子安神社@茨城県かすみがうら市東野寺252
胎安神社@茨城県かすみがうら市西野寺433

1枚目
常陸國總社宮は八世紀前半の創建、伊弉諾尊、大国主尊等6柱を祭神とする。本殿と随神門は1627年の造営である。門前町らしいものもなく、観光地化されておらず、荘厳な雰囲気の古社である。

2枚目
金刀比羅神社は1827年の創建、大物主神を祭神とする。1827年に讃岐国から勧請されたとあるが、境内の由緒書きからは、太古から信仰を集めていたことが読み取れる。

3枚目
子安神社は807年の創建、木花開耶姫命と武甕槌命を祭神とする。お産が命がけだった時代の互助組織、子安講の拠点だったとされる。

4枚目
胎安神社は763年の創建、木花開耶姫命、経津主命、彦火瓊瓊杵命、彦火火出見命を祭神とする。本殿横に「子持ちの松」と呼ばれる、石を抱く枯松(右下)が残る。

#神社 #かすみがうら市 #石岡市 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
常陸國總社宮@茨城県石岡市総社2-8-1 金刀比羅神社@茨城県石岡市国府6-2-1 子安神社@茨城県かすみがうら市東野寺252 胎安神社@茨城県かすみがうら市西野寺433 1枚目 常陸國總社宮は八世紀前半の創建、伊弉諾尊、大国主尊等6柱を祭神とする。本殿と随神門は1627年の造営である。門前町らしいものもなく、観光地化されておらず、荘厳な雰囲気の古社である。 2枚目 金刀比羅神社は1827年の創建、大物主神を祭神とする。1827年に讃岐国から勧請されたとあるが、境内の由緒書きからは、太古から信仰を集めていたことが読み取れる。 3枚目 子安神社は807年の創建、木花開耶姫命と武甕槌命を祭神とする。お産が命がけだった時代の互助組織、子安講の拠点だったとされる。 4枚目 胎安神社は763年の創建、木花開耶姫命、経津主命、彦火瓊瓊杵命、彦火火出見命を祭神とする。本殿横に「子持ちの松」と呼ばれる、石を抱く枯松(右下)が残る。 #神社  #かすみがうら市  #石岡市  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
諏方神社@荒川区西日暮里3-4-8
田端八幡神社@北区田端2-7
根津神社@文京区根津1-28-9

諏方神社は1205年の創建、建御名方命を祭神とする。西日暮里公園の道を挟んだ向かいに鎮座し、境内は思いの外広く、静寂に包まれている。狛犬の顔がファンキーである。

田端八幡神社は1189年の創建、品陀和気命を祭神とする。源頼朝が、欧州征伐を終え凱旋した際鶴岡八幡宮から勧請したとされる。

根津神社は創建不詳、須佐之男命、大山咋命等5柱を祭神とする。日本武尊が千駄木の地に創建したと伝えられる。1706ねんに造営された権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存し、国の重要文化財に指定されている。境内の西側には2000坪のつつじ園があり、季節には100種3000株が咲き誇る。

#神社 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
諏方神社@荒川区西日暮里3-4-8 田端八幡神社@北区田端2-7 根津神社@文京区根津1-28-9 諏方神社は1205年の創建、建御名方命を祭神とする。西日暮里公園の道を挟んだ向かいに鎮座し、境内は思いの外広く、静寂に包まれている。狛犬の顔がファンキーである。 田端八幡神社は1189年の創建、品陀和気命を祭神とする。源頼朝が、欧州征伐を終え凱旋した際鶴岡八幡宮から勧請したとされる。 根津神社は創建不詳、須佐之男命、大山咋命等5柱を祭神とする。日本武尊が千駄木の地に創建したと伝えられる。1706ねんに造営された権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存し、国の重要文化財に指定されている。境内の西側には2000坪のつつじ園があり、季節には100種3000株が咲き誇る。 #神社  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
東郷神社@渋谷区神宮前1-5-3
明治神宮@渋谷区代々木神園町1-1
北谷稲荷神社@渋谷区神南1-4-1
穏田神社@渋谷区神宮前5-26-6
宮益御嶽神社@渋谷区渋谷1-12-16

1枚目
東郷神社は1940年の創建、世界三大提督の一人、東郷平八郎を祭神とする。原宿(右下)に隣接するが、境内は静寂に包まれている。

2枚目
明治神宮は1920年の創建、明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。境内の一部となっている代々木の杜は、荒れ地だったこの地を、百年後に自然の森とする壮大な計画のもと、大正4年から造営されたものである。

3枚目
北谷稲荷神社は創建不詳、宇迦之御魂命、大巳貴大神等5柱を祭神とする。15世紀後半に、駿河から移り住んできた武士が勧請したものとの記録もある。社殿は1997年に建てられたモダンな造りである。

4枚目
穏田神社は創建不詳、淤母陀琉神(オモダルノカミ)、阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)、櫛御食野神(クシミケヌノカミ)を祭神とする。オモダルとアヤカシコネは、神世七代6代目の男神と女神とされる。またクシミケヌは熊野で祀られる十二神の一人で、出雲の神とも云われる。

5枚目
宮益御嶽神社は1570年の創建、日本武尊を祭神とする。大和国吉野の金峰神社から分祀されたものと伝えられる。ビルの屋上を有効活用して、社殿が建てられている。

#神社 #渋谷 #東郷平八郎 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
東郷神社@渋谷区神宮前1-5-3 明治神宮@渋谷区代々木神園町1-1 北谷稲荷神社@渋谷区神南1-4-1 穏田神社@渋谷区神宮前5-26-6 宮益御嶽神社@渋谷区渋谷1-12-16 1枚目 東郷神社は1940年の創建、世界三大提督の一人、東郷平八郎を祭神とする。原宿(右下)に隣接するが、境内は静寂に包まれている。 2枚目 明治神宮は1920年の創建、明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。境内の一部となっている代々木の杜は、荒れ地だったこの地を、百年後に自然の森とする壮大な計画のもと、大正4年から造営されたものである。 3枚目 北谷稲荷神社は創建不詳、宇迦之御魂命、大巳貴大神等5柱を祭神とする。15世紀後半に、駿河から移り住んできた武士が勧請したものとの記録もある。社殿は1997年に建てられたモダンな造りである。 4枚目 穏田神社は創建不詳、淤母陀琉神(オモダルノカミ)、阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)、櫛御食野神(クシミケヌノカミ)を祭神とする。オモダルとアヤカシコネは、神世七代6代目の男神と女神とされる。またクシミケヌは熊野で祀られる十二神の一人で、出雲の神とも云われる。 5枚目 宮益御嶽神社は1570年の創建、日本武尊を祭神とする。大和国吉野の金峰神社から分祀されたものと伝えられる。ビルの屋上を有効活用して、社殿が建てられている。 #神社  #渋谷  #東郷平八郎  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
須賀神社@新宿区須賀町5-6
於岩稲荷田宮神社@新宿区左門町17
鳩森八幡神社@渋谷区千駄ヶ谷1-1-24
熊野神社@渋谷区神宮前2-2-22

1枚目
須賀神社は1634年の創建、須佐之男命と宇迦能御魂命を祭神とする。須賀の名は、須佐之男命が八岐大蛇を討ち、その地を清々しい(スガスガシイ)と言って、居を構えた故事に因む。参道の階段は、映画「君の名は」のモデルであり、主人公の高校生のコスプレをした外国からの観光客もいた。

2枚目
於岩稲荷田宮神社は創建不詳、豊受比売大神と田宮於岩命を祭神とする。東海道四谷怪談のお岩さんに因む社である。実際のお岩さんは、江戸時代初期に田宮家再興に尽力した夫人であり、近所の崇敬を集めたという。

3枚目
鳩森八幡神社は860年の創建、応神天皇と神功皇后を祭神とする。境内には都の有形民俗文化財の築山富士や、大山康晴名人奉納の将棋堂がある。鳩の形をした御籤が可愛らしい。

4枚目
熊野神社は1619年の創建、五十猛命等四柱を祭神とする。植林、樹林の神として、建築関係者の崇敬を集める。元々は紀州藩邸内あったが、町民の請願で邸外に遷座した。

#神社 #四ッ谷 #渋谷 #君の名は #四谷怪談 #お岩さん #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
須賀神社@新宿区須賀町5-6 於岩稲荷田宮神社@新宿区左門町17 鳩森八幡神社@渋谷区千駄ヶ谷1-1-24 熊野神社@渋谷区神宮前2-2-22 1枚目 須賀神社は1634年の創建、須佐之男命と宇迦能御魂命を祭神とする。須賀の名は、須佐之男命が八岐大蛇を討ち、その地を清々しい(スガスガシイ)と言って、居を構えた故事に因む。参道の階段は、映画「君の名は」のモデルであり、主人公の高校生のコスプレをした外国からの観光客もいた。 2枚目 於岩稲荷田宮神社は創建不詳、豊受比売大神と田宮於岩命を祭神とする。東海道四谷怪談のお岩さんに因む社である。実際のお岩さんは、江戸時代初期に田宮家再興に尽力した夫人であり、近所の崇敬を集めたという。 3枚目 鳩森八幡神社は860年の創建、応神天皇と神功皇后を祭神とする。境内には都の有形民俗文化財の築山富士や、大山康晴名人奉納の将棋堂がある。鳩の形をした御籤が可愛らしい。 4枚目 熊野神社は1619年の創建、五十猛命等四柱を祭神とする。植林、樹林の神として、建築関係者の崇敬を集める。元々は紀州藩邸内あったが、町民の請願で邸外に遷座した。 #神社  #四ッ谷  #渋谷  #君の名は  #四谷怪談  #お岩さん  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
鎌形八幡神社@比企郡嵐山町鎌形1993
高負彦根神社@埼玉県比企郡吉見町田甲1945
伊波比神社@埼玉県比企郡吉見町黒岩347
横見神社@埼玉県比企郡吉見町黒岩117

1枚目
鎌形八幡神社は西暦800年前後の創建、品陀和気命、大帯比売命、比売大神を祭神とする。坂上田村麻呂が宇佐八幡から勧請したのが始まりとされる。拝殿の彫り物が精密で素晴らしい。木曽義仲ゆかりの神社であり、彼はこの付近の館で生まれたらしい。

2枚目
高負彦根神社は710年の創建、味耜高彦根命と大巳貴尊を祭神とする。鳥居の笠木が屋根のようになっているのが珍しい。本殿の後背にポンポン山と呼ばれる岩山があり、昔長者が宝を隠したという言い伝えが残る。地面を踏むとポンポンと鳴る場所があるらしいが、わからなかった。

3枚目
伊波比神社は8世紀初めの創建、天穂日命と誉田別命を祭神とする。武蔵国造の祖先を祀った社とされる。

4枚目
横見神社も8世紀初めの創建、素盞嗚命と奇稲田姫命を祭神とする。この一帯は御所稲荷古墳群で、当神社もその中の1つの上に建つ。

#神社 #木曽義仲 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
鎌形八幡神社@比企郡嵐山町鎌形1993 高負彦根神社@埼玉県比企郡吉見町田甲1945 伊波比神社@埼玉県比企郡吉見町黒岩347 横見神社@埼玉県比企郡吉見町黒岩117 1枚目 鎌形八幡神社は西暦800年前後の創建、品陀和気命、大帯比売命、比売大神を祭神とする。坂上田村麻呂が宇佐八幡から勧請したのが始まりとされる。拝殿の彫り物が精密で素晴らしい。木曽義仲ゆかりの神社であり、彼はこの付近の館で生まれたらしい。 2枚目 高負彦根神社は710年の創建、味耜高彦根命と大巳貴尊を祭神とする。鳥居の笠木が屋根のようになっているのが珍しい。本殿の後背にポンポン山と呼ばれる岩山があり、昔長者が宝を隠したという言い伝えが残る。地面を踏むとポンポンと鳴る場所があるらしいが、わからなかった。 3枚目 伊波比神社は8世紀初めの創建、天穂日命と誉田別命を祭神とする。武蔵国造の祖先を祀った社とされる。 4枚目 横見神社も8世紀初めの創建、素盞嗚命と奇稲田姫命を祭神とする。この一帯は御所稲荷古墳群で、当神社もその中の1つの上に建つ。 #神社  #木曽義仲  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
箭弓稲荷神社@東松山市箭弓町2-5-14
高城神社@熊谷市高本
出雲之伊波比神社@熊谷市板井718
熊野神社@埼玉県比企郡滑川町福田1734
伊古乃速御玉姫神社@埼玉県比企郡滑川町伊古1242

1枚目
箭弓(ヤキュウ)稲荷神社は712年の創建、宇迦之御魂神、豊受比売神を祭神とする。古くは野久稲荷神社と呼ばれ、源頼信が東征の折、付近野久ヶ原に陣を張り、戦勝を祈願。箭(矢)の形をした雲が敵を射るかのように飛び、その後勝利を得たことから、箭弓稲荷神社と呼ばれるようになったと伝えられる。

2枚目
高城神社は創建不詳、高皇産霊神を祭神とする。田んぼの中の小さな社である。

3枚目
出雲之伊波比神社は創建不詳、武甕槌命を祭神とする。埼玉には類似の名の神社が散見される。出雲なのに武甕槌命が祭神なのが面白いが、元の名は鹿島神社らしい。村の鎮守のような風格。この日は秋の例祭とのことで、女性の宮司さん以下、10人ばかりの方々が集まっていた。幟の字は、唱歌「富士の山」を作詞した方のお父さんが書いたとのこと。

4枚目
熊野神社は創建不詳、速玉男命と伊弉諾尊を祭神とする。和歌山県熊野速玉神社から勧請されたと伝えられる。

5枚目
伊古乃速御玉姫神社は第24代仁賢天皇の御代(5世紀末)の創建、速御玉比売神、息長帯比売命、大鞆和気命(応神天皇)、武内宿禰を祭神とする。

#神社 #熊谷市 #比企郡滑川町 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
箭弓稲荷神社@東松山市箭弓町2-5-14 高城神社@熊谷市高本 出雲之伊波比神社@熊谷市板井718 熊野神社@埼玉県比企郡滑川町福田1734 伊古乃速御玉姫神社@埼玉県比企郡滑川町伊古1242 1枚目 箭弓(ヤキュウ)稲荷神社は712年の創建、宇迦之御魂神、豊受比売神を祭神とする。古くは野久稲荷神社と呼ばれ、源頼信が東征の折、付近野久ヶ原に陣を張り、戦勝を祈願。箭(矢)の形をした雲が敵を射るかのように飛び、その後勝利を得たことから、箭弓稲荷神社と呼ばれるようになったと伝えられる。 2枚目 高城神社は創建不詳、高皇産霊神を祭神とする。田んぼの中の小さな社である。 3枚目 出雲之伊波比神社は創建不詳、武甕槌命を祭神とする。埼玉には類似の名の神社が散見される。出雲なのに武甕槌命が祭神なのが面白いが、元の名は鹿島神社らしい。村の鎮守のような風格。この日は秋の例祭とのことで、女性の宮司さん以下、10人ばかりの方々が集まっていた。幟の字は、唱歌「富士の山」を作詞した方のお父さんが書いたとのこと。 4枚目 熊野神社は創建不詳、速玉男命と伊弉諾尊を祭神とする。和歌山県熊野速玉神社から勧請されたと伝えられる。 5枚目 伊古乃速御玉姫神社は第24代仁賢天皇の御代(5世紀末)の創建、速御玉比売神、息長帯比売命、大鞆和気命(応神天皇)、武内宿禰を祭神とする。 #神社  #熊谷市  #比企郡滑川町  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
大島稲荷神社@江東区大島5-39-26
志演尊空神社@江東区北砂2-1-37
洲崎神社@江東区木場6-13-13
富岡八幡宮@江東区富岡1-20-3

1枚目
大島稲荷神社は17世紀半ばの創建、宇賀之御魂命と迦具土之命を祭神とする。松尾芭蕉ゆかりの神社である。奥の細道に旅立つ前、神社の前を流れる小名木川(左下)から立ち寄り参拝、「秋に添て 行くはや末は 小松川」という句を詠んでいる。

2枚目は、大島稲荷神社から志演尊空神社への途中で経由した砂町銀座。細長い商店街で、家内工業の多かったこの地域の食卓を彩る惣菜屋が多い。昼食に立ち寄った銀座ホールは、地元客が多く、メニューの豊富な食堂である。

3枚目
志演尊空神社は江戸時代の創建、忍演、尊空別の社だったものが、大東亜戦争後に合祀された。宇迦之御魂命、須佐之男命、尊空親王、伊邪那美命、手力男命を祭神とする。志演神社の名は、徳川第5代将軍綱吉が、参拝の折村人の「志を演(の)ぶる事殊勝なり」と賞したことに因む。尊空神社の名は、江戸に閑居していた尊空親王を死後奉斎し、鎮守としたことによる。

4枚目
洲崎神社は1700年の創建、市杵島比売命を祭神とする。1791年にこの一帯が高潮により甚大な人的被害を受けたことから、幕府は神社周辺約五千坪を居住禁止とし、目印として建てた波除碑が境内に残る。

5枚目
富岡八幡宮は1627年の創建、品陀和気命を祭神とする。周辺には門前仲町が賑わいを見せる。昨年八月に境内の整備が終わり、真っ赤な社殿と鳥居が秋空に映えて美しい。

#神社 #江東区 #砂町銀座 #銀座ホール #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
大島稲荷神社@江東区大島5-39-26 志演尊空神社@江東区北砂2-1-37 洲崎神社@江東区木場6-13-13 富岡八幡宮@江東区富岡1-20-3 1枚目 大島稲荷神社は17世紀半ばの創建、宇賀之御魂命と迦具土之命を祭神とする。松尾芭蕉ゆかりの神社である。奥の細道に旅立つ前、神社の前を流れる小名木川(左下)から立ち寄り参拝、「秋に添て 行くはや末は 小松川」という句を詠んでいる。 2枚目は、大島稲荷神社から志演尊空神社への途中で経由した砂町銀座。細長い商店街で、家内工業の多かったこの地域の食卓を彩る惣菜屋が多い。昼食に立ち寄った銀座ホールは、地元客が多く、メニューの豊富な食堂である。 3枚目 志演尊空神社は江戸時代の創建、忍演、尊空別の社だったものが、大東亜戦争後に合祀された。宇迦之御魂命、須佐之男命、尊空親王、伊邪那美命、手力男命を祭神とする。志演神社の名は、徳川第5代将軍綱吉が、参拝の折村人の「志を演(の)ぶる事殊勝なり」と賞したことに因む。尊空神社の名は、江戸に閑居していた尊空親王を死後奉斎し、鎮守としたことによる。 4枚目 洲崎神社は1700年の創建、市杵島比売命を祭神とする。1791年にこの一帯が高潮により甚大な人的被害を受けたことから、幕府は神社周辺約五千坪を居住禁止とし、目印として建てた波除碑が境内に残る。 5枚目 富岡八幡宮は1627年の創建、品陀和気命を祭神とする。周辺には門前仲町が賑わいを見せる。昨年八月に境内の整備が終わり、真っ赤な社殿と鳥居が秋空に映えて美しい。 #神社  #江東区  #砂町銀座  #銀座ホール  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
本宮神社@日光市山内
日光東照宮@日光市山内2301
星の宮岩裂神社@日光市日光金谷ホテル内
日光二荒山神社@日光市山内2307

1枚目
本宮神社は808年の創建、味耜高彦根命を祭神とする。神橋交差点から階段を登った所に鎮座、古くは二荒山神社、瀧尾神社とともに日光三社と呼ばれた。味耜高彦根命は大国主命と田心姫命の子であり、農業、雷、不動産業の神である。

2枚目
日光東照宮は1617年の創建、徳川家康を祭神とする。右下の星の宮岩裂神社は809年の創建、岩裂神を祭神とする。日光金谷ホテルの敷地内に鎮座する小さな社である。

3枚目
二荒山神社は767年の創建、大巳貴命、田心姫命、味耜高彦根命を祭神とする。4枚目は二荒山神社参道に架かる神橋であり、紙飛行機(100円)に願い事を記し、橋の上から飛ばすと叶うらしい。なお、橋を渡るにも300円を要する(笑)

5枚目は日光・鬼怒川を走るSL大樹と、東武日光線を走るリバティ華厳

#神社 #日光 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
本宮神社@日光市山内 日光東照宮@日光市山内2301 星の宮岩裂神社@日光市日光金谷ホテル内 日光二荒山神社@日光市山内2307 1枚目 本宮神社は808年の創建、味耜高彦根命を祭神とする。神橋交差点から階段を登った所に鎮座、古くは二荒山神社、瀧尾神社とともに日光三社と呼ばれた。味耜高彦根命は大国主命と田心姫命の子であり、農業、雷、不動産業の神である。 2枚目 日光東照宮は1617年の創建、徳川家康を祭神とする。右下の星の宮岩裂神社は809年の創建、岩裂神を祭神とする。日光金谷ホテルの敷地内に鎮座する小さな社である。 3枚目 二荒山神社は767年の創建、大巳貴命、田心姫命、味耜高彦根命を祭神とする。4枚目は二荒山神社参道に架かる神橋であり、紙飛行機(100円)に願い事を記し、橋の上から飛ばすと叶うらしい。なお、橋を渡るにも300円を要する(笑) 5枚目は日光・鬼怒川を走るSL大樹と、東武日光線を走るリバティ華厳 #神社  #日光  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
瀧尾神社@日光市山内
輪王寺観音堂@日光市山内
北野神社@日光市山内

瀧尾神社は820年の創建、田心姫命を祭神とする。朱塗りの随神門(1枚目右上)が緑に映えて美しい。二荒山神社の別宮であり、神橋交差点から徒歩約20分の山中、白糸の滝を見下ろす小山の上に鎮座する。裏手には三本杉(3枚目左上)があり、境内で最も神聖な場所らしい。

隣接した駐車場があるので車でも行けるが、木々に囲まれた石畳の参道(2枚目)を歩くのも良い。

途中には、安産祈願に将棋の香車の駒を借り受ける輪王寺観音堂(4枚目)や、背後の岩がご神体と思われる北野神社(5枚目)、田心姫命がお手をかけたとされる手掛石(3枚目右中、撫でると字が上手くなるらしい。)、水の神を祀る瀧尾高徳水神社(3枚目右上)がある。

#神社 #日光 #瀧尾神社 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
瀧尾神社@日光市山内 輪王寺観音堂@日光市山内 北野神社@日光市山内 瀧尾神社は820年の創建、田心姫命を祭神とする。朱塗りの随神門(1枚目右上)が緑に映えて美しい。二荒山神社の別宮であり、神橋交差点から徒歩約20分の山中、白糸の滝を見下ろす小山の上に鎮座する。裏手には三本杉(3枚目左上)があり、境内で最も神聖な場所らしい。 隣接した駐車場があるので車でも行けるが、木々に囲まれた石畳の参道(2枚目)を歩くのも良い。 途中には、安産祈願に将棋の香車の駒を借り受ける輪王寺観音堂(4枚目)や、背後の岩がご神体と思われる北野神社(5枚目)、田心姫命がお手をかけたとされる手掛石(3枚目右中、撫でると字が上手くなるらしい。)、水の神を祀る瀧尾高徳水神社(3枚目右上)がある。 #神社  #日光  #瀧尾神社  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい 
日枝神社@千代田区永田町2-10-5
平河天満宮@千代田区平河町1-7-5

1枚目
日枝神社は創建不詳、大山咋神を祭神とする。元々江戸氏が山王社を祀っていたことに加え、1478年太田道灌が江戸城築城の際、川越山王社から勧請した。更に、江戸時代には江戸の産神として崇敬を集めた。

2枚目
平河天満宮は1478年の創建、菅原道真を祭神とする。この神社も、菅原道真を夢に見た太田道灌が建立したもの。境内には角の折れた、幸運の撫で牛がある。

3枚目
弐萬歩歩いた後のおやつ

#神社 #千代田区 #太田道灌 #神社仏閣 #鳥居 #日本神道 #神話 #古代史 #歴史 #写真 #photo #神社好きな人と繋がりたい
日枝神社@千代田区永田町2-10-5 平河天満宮@千代田区平河町1-7-5 1枚目 日枝神社は創建不詳、大山咋神を祭神とする。元々江戸氏が山王社を祀っていたことに加え、1478年太田道灌が江戸城築城の際、川越山王社から勧請した。更に、江戸時代には江戸の産神として崇敬を集めた。 2枚目 平河天満宮は1478年の創建、菅原道真を祭神とする。この神社も、菅原道真を夢に見た太田道灌が建立したもの。境内には角の折れた、幸運の撫で牛がある。 3枚目 弐萬歩歩いた後のおやつ #神社  #千代田区  #太田道灌  #神社仏閣  #鳥居  #日本神道  #神話  #古代史  #歴史  #写真  #photo  #神社好きな人と繋がりたい