an online Instagram web viewer
  • nahokoyokoyama
    nahokoyokoyama
    @nahokoyokoyama

Images by nahokoyokoyama

現在のGFCメンバー、そんなに特別仲が良いという訳ではないのですが、実はみんな靴がコンバースだったりします。色違い。
地味にメンバーを募集しています。コンバース以外でももちろん可です。ぜひご連絡ください!
#グロイスフィッシングクラブ
#メンバー募集中
#artcollective
現在のGFCメンバー、そんなに特別仲が良いという訳ではないのですが、実はみんな靴がコンバースだったりします。色違い。 地味にメンバーを募集しています。コンバース以外でももちろん可です。ぜひご連絡ください! #グロイスフィッシングクラブ  #メンバー募集中  #artcollective 
展覧会無事終了しました。台風が来たり雨が降ったりと大変な一週間でしたが、来てくださった方々本当にありがとうございました。本当にいい経験をさせていただいたなと感じます。

今回は過去作品も交えて展示ができたので、私自身の作品を見つめ直すきっかけにもなってよかったです。
また、展示機会のなかった『mother』と『切られた足で歩け』をいろんな人に観ていただけて嬉しかったです。

GFC的には次回は富士山展を控えておりますが、そろそろ個人の活動も充実させていきたいので引き続き頑張ります。
#切断芸術運動
#グロイスフィッシングクラブ
#artwork #exhibition #art
#nahokoyokoyama
展覧会無事終了しました。台風が来たり雨が降ったりと大変な一週間でしたが、来てくださった方々本当にありがとうございました。本当にいい経験をさせていただいたなと感じます。 今回は過去作品も交えて展示ができたので、私自身の作品を見つめ直すきっかけにもなってよかったです。 また、展示機会のなかった『mother』と『切られた足で歩け』をいろんな人に観ていただけて嬉しかったです。 GFC的には次回は富士山展を控えておりますが、そろそろ個人の活動も充実させていきたいので引き続き頑張ります。 #切断芸術運動  #グロイスフィッシングクラブ  #artwork  #exhibition  #art  #nahokoyokoyama 
御徒町駅近くのインドカレー屋さん。美味しいし安いし最高。お弁当はお米(白米にタイ米を混ぜたようなもの)だけど300円追加でナンが付けられる。店内でだとコーヒーかラッシーが無料。17時まで我慢してディナーに行くのも手だな。
#カレー #インドカレー
#時々食べたくなる
#美味しいカレー #御徒町
看板が追加されている。キラキラ〜。彦坂さん糸崎さん中心に切断の方々は、何かとマメで助かってます。
#切断芸術運動 #グロイスフィッシングクラブ
#art #exhibition #なかのZERO
私の素晴らしきコレクション、石毛久喜『切られた足で歩け』を展示させていただいております。販売もしておりますのでご購入をお考えの方はご相談ください。
#グロイスフィッシングクラブ
#切断芸術運動
#ドローイング
#新芸術校 #石毛久喜
#colection #art #drowing
昨日は搬入と展覧会初日でした。
なんと初日に来てくれたお客さんに『mother』という映像作品を購入していただきました!有り難い。協力いただいた友人たちにも感謝。
#exhibition #art #movie 
#artwork #mother 
#nahokoyokoyama
#切断芸術運動
搬入中!いよいよです。熱量高め。
#グロイスフィッシングクラブ
#切断芸術運動
『パパたちに明日はない』展、無事に終了いたしました。ご高覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。
*
以下、作品解説です。
お時間あれば。↓ *
*
展覧会に出した作品のコンセプトが、会場でうまく説明できなかったこともあり一向に伝わらなかったので、改めて言語化しておこうと思います。
展示した作品『ODD DADDY』(3分の映像、3連の絵画)のコンセプトには「未成熟な男性の(悲しい)自立の物語」が核に存在します。
「ODD DADDY」の日本語訳は「いびつな父性」が一番しっくりくると思っています。
*
まず先に補足しておくと、パパ活は女性の活動と一般的には知られていますが、男性側も自身の行動を「パパ活」という言葉を使って表現していますし(中にはぼかして言う人もいますが)、パパ活の主体が女性のみあると言うことはできないと思っています。
また、女性にフォーカスを当てられやすい活動だと思うので、男性に注目して作品を作りました。
*
今作を作るにあたり特に参照したのが、江藤淳『成熟と喪失“母”の崩壊』と、河合隼雄『とりかえばや、男と女』です。
江藤は本書で、母子密着の日本型文化の中では“母”の崩壊なしに「成熟」はありえないと論じていますが、作品では逆に男性側の自立的衝動「ロマンチック・ラブ」(つまりパパ活)が母から自己を引き離し男性自身の成熟を試みていると主張しました。
*
成熟と喪失 “母”の崩壊 (講談社文芸文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4061962434/ref=cm_sw_r_cp_api_xzUOBb2CEERT2
*
「ロマンチック・ラブ」は河合隼雄『とりかえばや、男と女』より参照。
*
とりかへばや、男と女 (新潮選書)
https://www.amazon.co.jp/dp/4106036169/ref=cm_sw_r_cp_api_RJUOBbVYXCGER
*
展覧会前に書いたテキスト。
https://nahokoyokoyama.goat.me/aHSoL9YFmU
*
最近の風潮なのかもしれませんが、作品を鑑賞する際、「この作品はテーマとした対象を批判しているのか、賞賛しているのか」という2つの見方でしか見てもらえないことを常々感じています。
しかし本来アートや芸術作品というものは、AやBのどちらとも言えないもの(C)を伝えるためにあると思っています。
パパ(と呼ばれる男性)、引いては日本社会においての「いびつな父性」の成熟の物語がパパ活なのだという私の主張が、なんとなくでも伝われば嬉しいです。
*
以降は余談になりますが、会場に来てくれた日本語を研究している知人が、ゼミでちょうど「〇〇活」についての話になったことを聞かせてくれました。目標を設定して明確なゴールが存在する「婚活」や「就活」と違って「パパ活」はゴールが存在しないと指摘があったそうです。
パパ活の終わりのない活動が、成熟を先延ばしにしたい男性の隠れた願望を「〇〇活」の特殊な活用法によって表しているのかもしれません。
#Instagram に
#こんなに文章書けたのか
#パパたちに明日はない 展
#パパ活展
#パパ活
#artwork
#exhibition 
#oilpainting
#ODDDADDY
『パパたちに明日はない』展、無事に終了いたしました。ご高覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。 * 以下、作品解説です。 お時間あれば。↓ * * 展覧会に出した作品のコンセプトが、会場でうまく説明できなかったこともあり一向に伝わらなかったので、改めて言語化しておこうと思います。 展示した作品『ODD DADDY』(3分の映像、3連の絵画)のコンセプトには「未成熟な男性の(悲しい)自立の物語」が核に存在します。 「ODD DADDY」の日本語訳は「いびつな父性」が一番しっくりくると思っています。 * まず先に補足しておくと、パパ活は女性の活動と一般的には知られていますが、男性側も自身の行動を「パパ活」という言葉を使って表現していますし(中にはぼかして言う人もいますが)、パパ活の主体が女性のみあると言うことはできないと思っています。 また、女性にフォーカスを当てられやすい活動だと思うので、男性に注目して作品を作りました。 * 今作を作るにあたり特に参照したのが、江藤淳『成熟と喪失“母”の崩壊』と、河合隼雄『とりかえばや、男と女』です。 江藤は本書で、母子密着の日本型文化の中では“母”の崩壊なしに「成熟」はありえないと論じていますが、作品では逆に男性側の自立的衝動「ロマンチック・ラブ」(つまりパパ活)が母から自己を引き離し男性自身の成熟を試みていると主張しました。 * 成熟と喪失 “母”の崩壊 (講談社文芸文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4061962434/ref=cm_sw_r_cp_api_xzUOBb2CEERT2 * 「ロマンチック・ラブ」は河合隼雄『とりかえばや、男と女』より参照。 * とりかへばや、男と女 (新潮選書) https://www.amazon.co.jp/dp/4106036169/ref=cm_sw_r_cp_api_RJUOBbVYXCGER * 展覧会前に書いたテキスト。 https://nahokoyokoyama.goat.me/aHSoL9YFmU * 最近の風潮なのかもしれませんが、作品を鑑賞する際、「この作品はテーマとした対象を批判しているのか、賞賛しているのか」という2つの見方でしか見てもらえないことを常々感じています。 しかし本来アートや芸術作品というものは、AやBのどちらとも言えないもの(C)を伝えるためにあると思っています。 パパ(と呼ばれる男性)、引いては日本社会においての「いびつな父性」の成熟の物語がパパ活なのだという私の主張が、なんとなくでも伝われば嬉しいです。 * 以降は余談になりますが、会場に来てくれた日本語を研究している知人が、ゼミでちょうど「〇〇活」についての話になったことを聞かせてくれました。目標を設定して明確なゴールが存在する「婚活」や「就活」と違って「パパ活」はゴールが存在しないと指摘があったそうです。 パパ活の終わりのない活動が、成熟を先延ばしにしたい男性の隠れた願望を「〇〇活」の特殊な活用法によって表しているのかもしれません。 #Instagram  に #こんなに文章書けたのか  #パパたちに明日はない  展 #パパ活展  #パパ活  #artwork  #exhibition  #oilpainting  #ODDDADDY 
今月号の婦人公論に作家紹介を載せていただきました。
機会があればのぞいてみてください。
*
▼婦人公論Webサイトはこちら。
http://www.chuko.co.jp/fujinkoron/
#婦人公論
#雑誌掲載
#painting
#oilpainting
今月号の婦人公論に作家紹介を載せていただきました。 機会があればのぞいてみてください。 * ▼婦人公論Webサイトはこちら。 http://www.chuko.co.jp/fujinkoron/ #婦人公論  #雑誌掲載  #painting  #oilpainting 
少し描き足しています。
#painting
#oilpainting
切断芸術運動に参加させていただきます!有り難い。
*
「グロイスフィッシングクラブ
鯛(たい)
切断芸術運動としてのシミュレーショニズム」
*
会期:9/24(月祝)17時〜30(日)17時まで
時間:25(火)〜29(土)は11時〜20時
会場:なかのZERO 本館B2F 展示ギャラリー
トーク:30(日)14時から
#art
#artwork
#exhibition 
#切断芸術運動
#グロイスフィッシングクラブ
切断芸術運動に参加させていただきます!有り難い。 * 「グロイスフィッシングクラブ 鯛(たい) 切断芸術運動としてのシミュレーショニズム」 * 会期:9/24(月祝)17時〜30(日)17時まで 時間:25(火)〜29(土)は11時〜20時 会場:なかのZERO 本館B2F 展示ギャラリー トーク:30(日)14時から #art  #artwork  #exhibition  #切断芸術運動  #グロイスフィッシングクラブ 
宇野常寛祭り!
最後はおまけ。2000年(小6の時)に発刊していたのに一度も読んだことなかった幻の…。
#book
#宇野常寛
#母性のディストピア
#リトルピープルの時代 
#東浩紀
#不可視なものの世界
もしかしたらこの辺の作品も出すかも。
#パパたちに明日はない
#exhibition 
#artwork
#painting
#oilpainting
地塗り。早く進めたくて、メディウムから即ジェッソ塗ったら裏に抜けてしまった…。またやってしまった…。地塗りの大体5回に1回くらいはやってしまう。メンタルがもうやばいし何より時間がもうやばい。
#地塗り
#失敗
#地塗り失敗
#painting
#artwork 
#パパたちに明日はない
#私にも明日はない
久々に宇野さんの本を読み倒してるけど本当に面白い。今までになく理解が進むのは発刊から10年かけて、載っている作品の半分くらいは消化できたから、なのかも。そしてようやく『母性のディストピア』へいきます。楽しみ。
#宇野常寛
#ゼロ年代の想像力
#母性のディストピア
久々に宇野さんの本を読み倒してるけど本当に面白い。今までになく理解が進むのは発刊から10年かけて、載っている作品の半分くらいは消化できたから、なのかも。そしてようやく『母性のディストピア』へいきます。楽しみ。 #宇野常寛  #ゼロ年代の想像力  #母性のディストピア 
*
パパたちに明日はない
-現代のパパ活への視点-

2018.9.15(土)~9.16(日)
17:00〜21:00
宝珠院(〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目8−55)

キュレーター:生須芳英
参加作家:じょいとも、トモトシ、横山奈穂子、ねこにん
主催:グロイスフィッシングクラブ
#art
#exhibition 
#artwork 
#painting 
#papa 
#papakatsu
#papatachiniasuhanai
#パパ活
#パパ活女子 
#パパ活男子
ようやく自宅で作業できる環境を構築できた。しかし、Amazon fireの画質悪すぎる…。
#アトリエ
#自宅アトリエ
#狭いけどなんとかなる
#下地
#painting
#art
生須芳英さん個展に行ってきた。
絵の具の盛り上げっぽいところも全て画像。絵が好きな人は何だかんだフォトショップとか使っても結局筆触とか出したりしてしまいがちだけど、これはそれが全くなくて潔くて良かった。
ただこういう作品を見てるとどの絵の具がどの位置にあると絵として最高かとかコンポジションのことを延々と考えてしまう。
生須芳英さん個展に行ってきた。 絵の具の盛り上げっぽいところも全て画像。絵が好きな人は何だかんだフォトショップとか使っても結局筆触とか出したりしてしまいがちだけど、これはそれが全くなくて潔くて良かった。 ただこういう作品を見てるとどの絵の具がどの位置にあると絵として最高かとかコンポジションのことを延々と考えてしまう。