an online Instagram web viewer
  • mizukimitsuoka
    三岡瑞希
    @mizukimitsuoka

Images by mizukimitsuoka

言えるわけがない。
君にどう伝わるかが不安だから。
思っているままの形。
そのまま君に伝わるよう精一杯選んだ言葉。

だけど、もしも、を考えると言えなくなる。
だから、口をつぐんだ。

伝えられない想いと言葉が心の中に埃のように溜まり、
それがやがて容易には溶かせない塊としてこびりつくことを予想しながらも。 ・
・
・

Photo:yebisuさん(@yebisu_photography ) ・
・
・

許可を頂いたので、レタッチしてみた。
今回は、ちょっと茶色系に。

今回の写真はデータを頂いた時に驚いた。
こういうアングルで撮って頂くことってなかったし、何よりカメラを見るのが苦手なはずなのにちゃんとカメラを見ている(笑)

ほんの少しの色が変わるだけで、見え方も、伝わるものも変わる。
メイクやファッション、ヘアスタイルも同じだと思う。

言葉もそう。
同じような意味のものでも、どれを選ぶかで伝わり方が変わる。
書き言葉か、口に出すかでも変わる。

そんな気がする。 ・
・
・

余談ですが、こっそりTwitterやっております。

Twitter→@MizukiMitsuoka

Instagramは割と真面目に書いていたりしますが、Twitterは日常的な使い方が多いので、オタク丸出しだったり、アホなこと呟いていることもありますが(笑)
あとは、Instagramで投稿していない写真をTwitterに上げていることもあります。

ぽつんとしたアカウントですが、フォローして頂けたら嬉しいです。 ・
・
・  #ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#撮影
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#thelightsofbeauty
#topportraits
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #asianbeauty  #japanesegirl #色 #メイク 
#被写体 #モデル  #言葉 
#作家 #フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
言えるわけがない。 君にどう伝わるかが不安だから。 思っているままの形。 そのまま君に伝わるよう精一杯選んだ言葉。 だけど、もしも、を考えると言えなくなる。 だから、口をつぐんだ。 伝えられない想いと言葉が心の中に埃のように溜まり、 それがやがて容易には溶かせない塊としてこびりつくことを予想しながらも。 ・ ・ ・ Photo:yebisuさん(@yebisu_photography ) ・ ・ ・ 許可を頂いたので、レタッチしてみた。 今回は、ちょっと茶色系に。 今回の写真はデータを頂いた時に驚いた。 こういうアングルで撮って頂くことってなかったし、何よりカメラを見るのが苦手なはずなのにちゃんとカメラを見ている(笑) ほんの少しの色が変わるだけで、見え方も、伝わるものも変わる。 メイクやファッション、ヘアスタイルも同じだと思う。 言葉もそう。 同じような意味のものでも、どれを選ぶかで伝わり方が変わる。 書き言葉か、口に出すかでも変わる。 そんな気がする。 ・ ・ ・ 余談ですが、こっそりTwitterやっております。 Twitter→@MizukiMitsuoka Instagramは割と真面目に書いていたりしますが、Twitterは日常的な使い方が多いので、オタク丸出しだったり、アホなこと呟いていることもありますが(笑) あとは、Instagramで投稿していない写真をTwitterに上げていることもあります。 ぽつんとしたアカウントですが、フォローして頂けたら嬉しいです。 ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #撮影  #tokyo  #super_portrait_channel  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #thelightsofbeauty  #topportraits  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #asianbeauty  #japanesegirl  #色  #メイク  #被写体  #モデル  #言葉  #作家  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
さよなら言う間も無く。

それでいいんだ。
下手な言葉を並べ、お涙頂戴で舞台に立ち続けるのは耐えられない。

爪先から血を流しながらも、誰にも気付かせぬよう、与えられた役を演じ続けてきた。
それでも、いつかは訪れる終わりの時。

時が流れ、必要とされなくなりつつあるのは知っていた。

だから、せめて舞台から降りるのは一瞬で。
これは、最後のプライドであり、変わらず腹に据えてきた信念。

どうせ降りるのなら、さよなら言う間も無く一瞬で。

ぽとりと椿の花が落ちるように一瞬で終わることを許してほしい。 ・
・
・

Photo:Shigeki Hiratsukaさん(@snowsound ) ・
・
・ 
今回は、許可を頂いて、ちょっとだけ色を変えてみた。

わずかな差かもしれないけれど、アイシャドウやチーク、リップの色を変えるだけで印象が変わるのと同じで、ベースが同じでも、ほんの少しの差があることで違うイメージも作れるのではないだろうか。

余談ですが、こっそりTwitterやっております。

Twitter→@MizukiMitsuoka

Instagramは割と真面目に書いていたりしますが、Twitterは日常的な使い方が多いのでアホなこと呟いていることもありますが(笑)
あとは、Instagramで投稿していない写真をTwitterに上げていることもあります。

ぽつんとしたアカウントですが、フォローして頂けたら嬉しいです。 ・
・
・

#ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#darkbeautymag  #pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #doll #gothic  #japanesegirl #asianbeauty #ハロウィン  #球体関節人形  #メイク 
#被写体 #モデル  #言葉 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
さよなら言う間も無く。 それでいいんだ。 下手な言葉を並べ、お涙頂戴で舞台に立ち続けるのは耐えられない。 爪先から血を流しながらも、誰にも気付かせぬよう、与えられた役を演じ続けてきた。 それでも、いつかは訪れる終わりの時。 時が流れ、必要とされなくなりつつあるのは知っていた。 だから、せめて舞台から降りるのは一瞬で。 これは、最後のプライドであり、変わらず腹に据えてきた信念。 どうせ降りるのなら、さよなら言う間も無く一瞬で。 ぽとりと椿の花が落ちるように一瞬で終わることを許してほしい。 ・ ・ ・ Photo:Shigeki Hiratsukaさん(@snowsound ) ・ ・ ・ 今回は、許可を頂いて、ちょっとだけ色を変えてみた。 わずかな差かもしれないけれど、アイシャドウやチーク、リップの色を変えるだけで印象が変わるのと同じで、ベースが同じでも、ほんの少しの差があることで違うイメージも作れるのではないだろうか。 余談ですが、こっそりTwitterやっております。 Twitter→@MizukiMitsuoka Instagramは割と真面目に書いていたりしますが、Twitterは日常的な使い方が多いのでアホなこと呟いていることもありますが(笑) あとは、Instagramで投稿していない写真をTwitterに上げていることもあります。 ぽつんとしたアカウントですが、フォローして頂けたら嬉しいです。 ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #tokyo  #super_portrait_channel  #darkbeautymag  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #doll  #gothic  #japanesegirl  #asianbeauty  #ハロウィン  #球体関節人形  #メイク  #被写体  #モデル  #言葉  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
花を前にし、彼岸を想う。
これまで見送った人達の姿、声、思い出。

今年は彼岸花と一緒に撮る機会はなかったけれど、やっぱり彼岸花が好きで、一人でこそっとスマホで撮っていた。

ちなみに、これはわざと暗くしているけれど、撮影したのは晴天の日の正午くらい。
何の参考だとも思うけれど、参考までに。

実家から離れて暮らし続けているけれど、見送ってきた人達のことは忘れない。

昨日、お香屋さんに行って、素敵なお店と新たなお香との出会いにほくほくしながら仕事に行った。

その帰り道、ふっと思い出したのは父方の祖母の一周忌のことだった。

父方の祖母は脳腫瘍を患い、祖母の意向で自宅介護をしていた。
当時、既に私は実家を離れていたけれど、自宅介護だとヘルパーさんの力を借りたくても制限があったり、認定を得られるまで時間がかかったりする。
親戚からの協力も得られず、最初は母が一人で介護をしていた。
でも、母も体が弱い。
そんな実家を、家族を放っておけなかった。
だから、私は都内と実家の往復生活をして介護を手伝うことを決めた。
介護して、時間見つけて勉強して、数週間。
それを終えたら、都内に戻って休みなくアルバイトを詰め込み、時間を見つけて勉強して、数週間。
その繰り返し。
遊ぶ暇も、楽しみも何もない。
それでも、これが自分で選んだ道だ、と過ごしていた。

そして、そんな生活を1年ほど送ると祖母は他界した。

葬儀、初七日、四十九日。

介護が始まってから祖母が他界するまでも、他界してからも私は祖母を送り出すまでが役割だと思っていた。

だけど、一周忌だけは実家に帰省できなかった。
帰ることが出来ない代わり、私は花と線香を実家に送った。

その時、花はすぐに決まったけど線香は少し悩んだんだ。

ありきたりな線香にするか。
それとも、ちょっと変わった線香にするか。

そしたら、森永ミルクキャラメルとコラボしているのか、キャラメルのパッケージでキャラメルの香りの線香を見付けた。

祖母は甘いものが大好きで、あまり物を食べられなくなった時も私が作った生キャラメルは食べてくれた。

それなら、キャラメルにしよう。

そうして、私は花と一緒にキャラメルの香りの線香を送った。
……親戚は爆笑したそうだけども。

いいんだ。
あれを選んだのは、私の想いだから。
祖母と過ごした時間の欠片を埋め込んで選んだものだから。

今も、あの時の線香にキャラメルの香りを選んだことは後悔していない。
寧ろ、今でも帰省すると甘いものを供えているくらいだしね。

そんなわけで、ふいに思い出したことを書いてみた。
長いけれど、今回のキャプションは小説でも何でもなく、ただの私の長い独り言。あるいは、ただの思い出話。

#ファインダー越しの私の世界 #レタッチ 
正午のぼっち  #撮影会 
#彼岸花 #リコリス #lycorisradiata  #花のある暮らし  #思い出  #介護  #看取り #一周忌  #線香 #キャラメル
#写真好きな人と繋がりたい #キリトリセカイ 
#tokyo 
#art_of_japan 
#IG_PHOS 
#art #Lovers_Nippon 
#l4l #instafollow #instabeauty 
#被写体 #モデル 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
花を前にし、彼岸を想う。 これまで見送った人達の姿、声、思い出。 今年は彼岸花と一緒に撮る機会はなかったけれど、やっぱり彼岸花が好きで、一人でこそっとスマホで撮っていた。 ちなみに、これはわざと暗くしているけれど、撮影したのは晴天の日の正午くらい。 何の参考だとも思うけれど、参考までに。 実家から離れて暮らし続けているけれど、見送ってきた人達のことは忘れない。 昨日、お香屋さんに行って、素敵なお店と新たなお香との出会いにほくほくしながら仕事に行った。 その帰り道、ふっと思い出したのは父方の祖母の一周忌のことだった。 父方の祖母は脳腫瘍を患い、祖母の意向で自宅介護をしていた。 当時、既に私は実家を離れていたけれど、自宅介護だとヘルパーさんの力を借りたくても制限があったり、認定を得られるまで時間がかかったりする。 親戚からの協力も得られず、最初は母が一人で介護をしていた。 でも、母も体が弱い。 そんな実家を、家族を放っておけなかった。 だから、私は都内と実家の往復生活をして介護を手伝うことを決めた。 介護して、時間見つけて勉強して、数週間。 それを終えたら、都内に戻って休みなくアルバイトを詰め込み、時間を見つけて勉強して、数週間。 その繰り返し。 遊ぶ暇も、楽しみも何もない。 それでも、これが自分で選んだ道だ、と過ごしていた。 そして、そんな生活を1年ほど送ると祖母は他界した。 葬儀、初七日、四十九日。 介護が始まってから祖母が他界するまでも、他界してからも私は祖母を送り出すまでが役割だと思っていた。 だけど、一周忌だけは実家に帰省できなかった。 帰ることが出来ない代わり、私は花と線香を実家に送った。 その時、花はすぐに決まったけど線香は少し悩んだんだ。 ありきたりな線香にするか。 それとも、ちょっと変わった線香にするか。 そしたら、森永ミルクキャラメルとコラボしているのか、キャラメルのパッケージでキャラメルの香りの線香を見付けた。 祖母は甘いものが大好きで、あまり物を食べられなくなった時も私が作った生キャラメルは食べてくれた。 それなら、キャラメルにしよう。 そうして、私は花と一緒にキャラメルの香りの線香を送った。 ……親戚は爆笑したそうだけども。 いいんだ。 あれを選んだのは、私の想いだから。 祖母と過ごした時間の欠片を埋め込んで選んだものだから。 今も、あの時の線香にキャラメルの香りを選んだことは後悔していない。 寧ろ、今でも帰省すると甘いものを供えているくらいだしね。 そんなわけで、ふいに思い出したことを書いてみた。 長いけれど、今回のキャプションは小説でも何でもなく、ただの私の長い独り言。あるいは、ただの思い出話。 #ファインダー越しの私の世界  #レタッチ  正午のぼっち #撮影会  #彼岸花  #リコリス  #lycorisradiata  #花のある暮らし  #思い出  #介護  #看取り  #一周忌  #線香  #キャラメル  #写真好きな人と繋がりたい  #キリトリセカイ  #tokyo  #art_of_japan  #IG_PHOS  #art  #Lovers_Nippon  #l4l  #instafollow  #instabeauty  #被写体  #モデル  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
そろそろ潮時、か。振り返ると、長いような、短いような夢だったと思う。

舞台の上で光を浴び、与えられた役を全身全霊で演じ、観客を物語の世界へと誘う。それが私の夢だった。

しかし、両親は許してはくれなかった。リスクの少ない道へと進ませたいという親心からなのだろう。

私は進もうとしていた道の険しさも理解した上で、その道を進もうと生きてきた。

でも、私は何も結果も出せず、足掛かりさえ掴めていない。それに、両親の気持ちを思うと、真剣に私の将来を案じる二人に心配をかけ続けるのは良くないとも思えた。だから、私は夢を棄てると決めた。

そして、この決意が揺らいでしまわないよう、弟には自分が決めたことを伝えることにした。

子どもの頃の夏休みの終わり。

宿題もない。用事もない。友達と遊ぶ約束も何もない日。そんな日に、私は家から少し離れたところにある森林公園に行こうと弟を誘った。

森林公園に行けば遊具もある。奥の方まで行けば、森の中で探検気分も味わえる。おとぎ話に出てくる森だと思えば、童話の登場人物の気分になって過ごすことだって出来る。

木々の合間を縫うように歩きながら、私は森の妖精や追手から逃げるお姫様になりきった。観客なんて弟だけ。その弟も絵を描くのに夢中で、私への反応も薄い。それでも、私達はそれぞれに森林公園を満喫していた。

しかし、楽しい時間はあっという間だ。早く帰らなければ。声をかけようかとも思ったが、自己主張が苦手で大人しい弟が自由に楽しんでいる姿を見ていると、もっと遊ばせてあげたくなる。

帰りが遅くなれば、怒られるだろう。もしも、そうなった時には自分のせいにしようと私は心に決め、絵に夢中になっている弟を見守ることにした。

帰り道は、すっかりと日が暮れており、街灯の青白い光で照らされる静かなものだった。表情は明るく、胸に大切そうにノートを抱えている弟とは反対に、叱られることを覚悟したはずの私の胸は不安でいっぱいになった。それでも、私はあの瞬間の弟の笑顔と弟の心に残っている今日という日を守りたいという気持ちで自らを奮い立たせた。

家につくと、玄関先ですぐに母から叱られ、家の中に入れば父も眉間に皺を寄せていた。

だから、私は早く手を洗って荷物を部屋に片付けるよう弟に言い、その場から弟を遠ざけてから両親に謝った。私が森の中で時間も忘れて妖精や魔女になりきって遊んでいたから帰るのが遅くなってしまったのだ、と。両親からは「姉としてしっかりしろ」だとか「くだらないことで時間を忘れるな」など散々なことを言われたが、私はひたすら両親に謝り続けた。

弟の笑顔と満ちた時間を守るためなら叱責の言葉を浴びるのも耐えられる。しかし、女優を夢見ていた私にとって、女優になりきって過ごしていた時間をくだらないものと言われたことだけは悔しさと悲しさが滲んだ。 
あの頃は、何でも出来る気がしていた。弟を守ることも、夢を実現することも。生きる厳しさを知らない子どもだからこそ、心は自由だった。でも、今は現実を知り、夢を叶えるための過酷さも、子どもを大切に想うからこそ反対する親の気持ちも感じ取れるようになった。

夢を棄てるという気持ちは固まった。けれど、次は何を目指して歩んでいくのかはわからない。

子どもは、成長と引き換えに心の自由を失っていくものなのかもしれない。だけど、自由に飛び回り、輝いていた時代は確実に存在したのだ。だから、私は自由だった頃の私自身を、新たな道を模索するためのヒントとして、そして大切な思い出として絵の中に残したいと思う。 ・
・

Photo:u4さん(@happy_u4 ) ・
・

#突発的フィクション  と見せかけたコラボでした。
そして、先日投稿した小説の対になるもの。

こっちは姉目線。

u4さんに撮って頂けるだけで嬉しくて仕方なかったけれど、小説を書いてから撮影という作品づくりに一緒に挑んでくださって、もう本当にありがとうございますを何回言ったらいいのだろうと思えてくるくらい。

初挑戦だから試行錯誤。

だけど、楽しかった。

小説を書くワクワクとした気持ちも久しぶりだった。

邪道だと思う人だっているでしょうよ。
それもわかっている。
だけど、何が正解か、なんてものもないでしょう。

言葉と作品は穏やかに。
だけど、たまには攻撃的に。

今は、また写真の脚本のようなものを書いてみたいと思っている。 ・
・
・

読んでくださったあなたに #感謝 。 ・
・
・

#暇つぶし 、 #コーヒータイム などに楽しんで頂けたら幸いです。 ・
・
・  #創作 #小説 #言葉  #art 
#art_of_japan #pasha_magazine  #super_portrait_channel  #Lovers_Nippon_portrait  #instabeauty #instafollow #l4l #japanesegirl #top_portrait #tokyo #fashion 
#活字中毒 #読書  #読書好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい 
#フリーランス #仕事 #ライター #執筆 #被写体 #モデル #フリーランスモデル
そろそろ潮時、か。振り返ると、長いような、短いような夢だったと思う。 舞台の上で光を浴び、与えられた役を全身全霊で演じ、観客を物語の世界へと誘う。それが私の夢だった。 しかし、両親は許してはくれなかった。リスクの少ない道へと進ませたいという親心からなのだろう。 私は進もうとしていた道の険しさも理解した上で、その道を進もうと生きてきた。 でも、私は何も結果も出せず、足掛かりさえ掴めていない。それに、両親の気持ちを思うと、真剣に私の将来を案じる二人に心配をかけ続けるのは良くないとも思えた。だから、私は夢を棄てると決めた。 そして、この決意が揺らいでしまわないよう、弟には自分が決めたことを伝えることにした。 子どもの頃の夏休みの終わり。 宿題もない。用事もない。友達と遊ぶ約束も何もない日。そんな日に、私は家から少し離れたところにある森林公園に行こうと弟を誘った。 森林公園に行けば遊具もある。奥の方まで行けば、森の中で探検気分も味わえる。おとぎ話に出てくる森だと思えば、童話の登場人物の気分になって過ごすことだって出来る。 木々の合間を縫うように歩きながら、私は森の妖精や追手から逃げるお姫様になりきった。観客なんて弟だけ。その弟も絵を描くのに夢中で、私への反応も薄い。それでも、私達はそれぞれに森林公園を満喫していた。 しかし、楽しい時間はあっという間だ。早く帰らなければ。声をかけようかとも思ったが、自己主張が苦手で大人しい弟が自由に楽しんでいる姿を見ていると、もっと遊ばせてあげたくなる。 帰りが遅くなれば、怒られるだろう。もしも、そうなった時には自分のせいにしようと私は心に決め、絵に夢中になっている弟を見守ることにした。 帰り道は、すっかりと日が暮れており、街灯の青白い光で照らされる静かなものだった。表情は明るく、胸に大切そうにノートを抱えている弟とは反対に、叱られることを覚悟したはずの私の胸は不安でいっぱいになった。それでも、私はあの瞬間の弟の笑顔と弟の心に残っている今日という日を守りたいという気持ちで自らを奮い立たせた。 家につくと、玄関先ですぐに母から叱られ、家の中に入れば父も眉間に皺を寄せていた。 だから、私は早く手を洗って荷物を部屋に片付けるよう弟に言い、その場から弟を遠ざけてから両親に謝った。私が森の中で時間も忘れて妖精や魔女になりきって遊んでいたから帰るのが遅くなってしまったのだ、と。両親からは「姉としてしっかりしろ」だとか「くだらないことで時間を忘れるな」など散々なことを言われたが、私はひたすら両親に謝り続けた。 弟の笑顔と満ちた時間を守るためなら叱責の言葉を浴びるのも耐えられる。しかし、女優を夢見ていた私にとって、女優になりきって過ごしていた時間をくだらないものと言われたことだけは悔しさと悲しさが滲んだ。 あの頃は、何でも出来る気がしていた。弟を守ることも、夢を実現することも。生きる厳しさを知らない子どもだからこそ、心は自由だった。でも、今は現実を知り、夢を叶えるための過酷さも、子どもを大切に想うからこそ反対する親の気持ちも感じ取れるようになった。 夢を棄てるという気持ちは固まった。けれど、次は何を目指して歩んでいくのかはわからない。 子どもは、成長と引き換えに心の自由を失っていくものなのかもしれない。だけど、自由に飛び回り、輝いていた時代は確実に存在したのだ。だから、私は自由だった頃の私自身を、新たな道を模索するためのヒントとして、そして大切な思い出として絵の中に残したいと思う。 ・ ・ Photo:u4さん(@happy_u4 ) ・ ・ #突発的フィクション  と見せかけたコラボでした。 そして、先日投稿した小説の対になるもの。 こっちは姉目線。 u4さんに撮って頂けるだけで嬉しくて仕方なかったけれど、小説を書いてから撮影という作品づくりに一緒に挑んでくださって、もう本当にありがとうございますを何回言ったらいいのだろうと思えてくるくらい。 初挑戦だから試行錯誤。 だけど、楽しかった。 小説を書くワクワクとした気持ちも久しぶりだった。 邪道だと思う人だっているでしょうよ。 それもわかっている。 だけど、何が正解か、なんてものもないでしょう。 言葉と作品は穏やかに。 だけど、たまには攻撃的に。 今は、また写真の脚本のようなものを書いてみたいと思っている。 ・ ・ ・ 読んでくださったあなたに #感謝  。 ・ ・ ・ #暇つぶし  、 #コーヒータイム  などに楽しんで頂けたら幸いです。 ・ ・ ・ #創作  #小説  #言葉  #art  #art_of_japan  #pasha_magazine  #super_portrait_channel  #Lovers_Nippon_portrait  #instabeauty  #instafollow  #l4l  #japanesegirl  #top_portrait  #tokyo  #fashion  #活字中毒  #読書  #読書好きな人と繋がりたい  #本好きな人と繋がりたい  #フリーランス  #仕事  #ライター  #執筆  #被写体  #モデル  #フリーランスモデル 
どうしてだよ。どうしてなんだ。

僕と姉は性格も真反対だったが、なぜか二人で過ごすのは心地よく、子どもの頃から二人で遊びに出かけたり、子どもらしい他愛もない話をして笑うことも多かった。

僕達は何でも話せる親友のような姉弟であり、大学進学を控えた今でも僕達の仲は変わらない。

ある日、姉はいつものように僕の部屋を訪れ、ベッドの上に座ると、唐突に口を開いた。姉の言葉は僕にとっては衝撃的なものだったが、当の本人は明日出かける予定を伝えるような口調で、重々しさも何も感じさせない。

本当にそれでいいのか。僕は何度も姉を問い詰めた。しかし、姉は笑うだけだった。そして、最後に一つだけ僕に頼みごとをした。
昔、あの日の自分の姿を描いてほしい、と。 
子どもの頃の夏休みの終わり。

宿題もない。用事もない。友達と遊ぶ約束も何もない日。そんな日に、姉の提案で僕達は家から少し離れたところにある森林公園に行くことにした。

森林公園に行けば遊具もある。奥の方まで行けば、森の中で探検気分も味わえる。それに、森の植物、虫、小鳥……絵を描くことが好きな僕にとって魅力的な場所だ。

僕は絵を描き、姉は妖精やお姫様の真似をしたり、僕の隣に来て、森に棲む魔女のように振る舞ったりして過ごす。それぞれに違う過ごし方ではあったが、僕達はそれぞれに森林公園を満喫していた。

しかし、楽しい時間はあっという間だ。僕は夢中になって絵を描き、空が茜色になっても絵を描き続けた。自然や生き物を描くのも楽しかったが、一人、木々の中を歩き回りながら妖精になりきっている姉を見ていたら、本当に森の中で妖精に出会えたような気分になり、僕がその日の最後に描いたものは森の中を舞う妖精だった。

絵を描いたノートと絵を描けた楽しさを胸に帰路につく頃には、すっかりと日が暮れており、街灯の青白い光で照らされる静かな夜道を僕は姉と二人で歩いて家に帰った。そして僕達を待っていた母からは、当然、玄関先で怒られた。

ただ、怒られたのは帰宅してすぐに母から少し怒られただけ。それが、不思議に思えたが、あまり叱責されなかったことに胸を撫で下ろしながら僕は自分の部屋に戻った。すると、姉が僕の部屋を訪ねてきて、今日一日で僕が描いた絵を見せて欲しいと言った。自分では楽しんで描いているものだが、人に見せるのは気恥しい。それでも、僕が姉にノートを渡すと、姉は一枚一枚じっくりと眺め、最後の絵を見付けると、あ、と小さな声を零した。

その絵は妖精のように振る舞う姉の姿があったから描けたものだ。その事実を伝えると、姉は照れ臭そうに笑った。 
姉は、いつも一人で決めてしまうし、気が強い。だから、勘違いをされることも多いが、姉は自分のためだけに生きている人ではない。正義感が強く、誰かを守ろうとするから強いのだ。

子どもの頃もそうだった。いつだって、姉は僕を守ってくれていた。僕はそんな姉に憧れていたし、夢を追う姉を心から応援していた。

だから、今度は僕が姉を守る。相変わらず、自分の思いを口にするのは苦手だが、今度は僕が姉の力になる番だ。しかし、勇む僕に向かって姉は首を横に振り、その代わりにあの日の絵をもう一度描いて欲しいと言った。

あの日の姉の姿を描くこと。それが、今の僕に唯一出来ることだった。だから、僕は何年も前の思い出を、精一杯描こう。姉への感謝を込めながら。そして、この絵が少しでも姉の力になるようにと祈りながら。 ・
・

Photo:u4さん(@happy_u4 ) ・
・

#突発的フィクション  と見せかけたコラボでした。

いつもは写真が先。それを見て思い付いたままに話を書くのが私のやり方だった。

だけど、今回はひょんなことから、小説を書いてから撮影という、普段とは逆の流れに。

写真の脚本……そんな途方もないような初挑戦。

私の無謀さに付き合って、一緒に挑戦をしてくださったu4さんに感謝の気持ちばかりです。

この話は一作でも読めるものだけど、両方を読むことで全てがわかるような、そんな作品構成になっているので、近々、この作品の対になっている作品も投稿予定です。

ちなみに、同じ時間軸の小説を二本同時に書くのも今回が初めてだったり(笑) ・
・
・

読んでくださったあなたに #感謝 。 ・
・
・

#暇つぶし 、 #コーヒータイム などに楽しんで頂けたら幸いです。 ・
・
・  #創作 #小説 #言葉  #art 
#art_of_japan #pasha_magazine  #super_portrait_channel  #Lovers_Nippon_portrait  #instabeauty #instafollow #l4l #japanesegirl #top_portrait #tokyo #fashion 
#活字中毒 #読書  #読書好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい 
#フリーランス #仕事 #ライター #執筆 #被写体 #モデル #フリーランスモデル
どうしてだよ。どうしてなんだ。 僕と姉は性格も真反対だったが、なぜか二人で過ごすのは心地よく、子どもの頃から二人で遊びに出かけたり、子どもらしい他愛もない話をして笑うことも多かった。 僕達は何でも話せる親友のような姉弟であり、大学進学を控えた今でも僕達の仲は変わらない。 ある日、姉はいつものように僕の部屋を訪れ、ベッドの上に座ると、唐突に口を開いた。姉の言葉は僕にとっては衝撃的なものだったが、当の本人は明日出かける予定を伝えるような口調で、重々しさも何も感じさせない。 本当にそれでいいのか。僕は何度も姉を問い詰めた。しかし、姉は笑うだけだった。そして、最後に一つだけ僕に頼みごとをした。 昔、あの日の自分の姿を描いてほしい、と。 子どもの頃の夏休みの終わり。 宿題もない。用事もない。友達と遊ぶ約束も何もない日。そんな日に、姉の提案で僕達は家から少し離れたところにある森林公園に行くことにした。 森林公園に行けば遊具もある。奥の方まで行けば、森の中で探検気分も味わえる。それに、森の植物、虫、小鳥……絵を描くことが好きな僕にとって魅力的な場所だ。 僕は絵を描き、姉は妖精やお姫様の真似をしたり、僕の隣に来て、森に棲む魔女のように振る舞ったりして過ごす。それぞれに違う過ごし方ではあったが、僕達はそれぞれに森林公園を満喫していた。 しかし、楽しい時間はあっという間だ。僕は夢中になって絵を描き、空が茜色になっても絵を描き続けた。自然や生き物を描くのも楽しかったが、一人、木々の中を歩き回りながら妖精になりきっている姉を見ていたら、本当に森の中で妖精に出会えたような気分になり、僕がその日の最後に描いたものは森の中を舞う妖精だった。 絵を描いたノートと絵を描けた楽しさを胸に帰路につく頃には、すっかりと日が暮れており、街灯の青白い光で照らされる静かな夜道を僕は姉と二人で歩いて家に帰った。そして僕達を待っていた母からは、当然、玄関先で怒られた。 ただ、怒られたのは帰宅してすぐに母から少し怒られただけ。それが、不思議に思えたが、あまり叱責されなかったことに胸を撫で下ろしながら僕は自分の部屋に戻った。すると、姉が僕の部屋を訪ねてきて、今日一日で僕が描いた絵を見せて欲しいと言った。自分では楽しんで描いているものだが、人に見せるのは気恥しい。それでも、僕が姉にノートを渡すと、姉は一枚一枚じっくりと眺め、最後の絵を見付けると、あ、と小さな声を零した。 その絵は妖精のように振る舞う姉の姿があったから描けたものだ。その事実を伝えると、姉は照れ臭そうに笑った。 姉は、いつも一人で決めてしまうし、気が強い。だから、勘違いをされることも多いが、姉は自分のためだけに生きている人ではない。正義感が強く、誰かを守ろうとするから強いのだ。 子どもの頃もそうだった。いつだって、姉は僕を守ってくれていた。僕はそんな姉に憧れていたし、夢を追う姉を心から応援していた。 だから、今度は僕が姉を守る。相変わらず、自分の思いを口にするのは苦手だが、今度は僕が姉の力になる番だ。しかし、勇む僕に向かって姉は首を横に振り、その代わりにあの日の絵をもう一度描いて欲しいと言った。 あの日の姉の姿を描くこと。それが、今の僕に唯一出来ることだった。だから、僕は何年も前の思い出を、精一杯描こう。姉への感謝を込めながら。そして、この絵が少しでも姉の力になるようにと祈りながら。 ・ ・ Photo:u4さん(@happy_u4 ) ・ ・ #突発的フィクション  と見せかけたコラボでした。 いつもは写真が先。それを見て思い付いたままに話を書くのが私のやり方だった。 だけど、今回はひょんなことから、小説を書いてから撮影という、普段とは逆の流れに。 写真の脚本……そんな途方もないような初挑戦。 私の無謀さに付き合って、一緒に挑戦をしてくださったu4さんに感謝の気持ちばかりです。 この話は一作でも読めるものだけど、両方を読むことで全てがわかるような、そんな作品構成になっているので、近々、この作品の対になっている作品も投稿予定です。 ちなみに、同じ時間軸の小説を二本同時に書くのも今回が初めてだったり(笑) ・ ・ ・ 読んでくださったあなたに #感謝  。 ・ ・ ・ #暇つぶし  、 #コーヒータイム  などに楽しんで頂けたら幸いです。 ・ ・ ・ #創作  #小説  #言葉  #art  #art_of_japan  #pasha_magazine  #super_portrait_channel  #Lovers_Nippon_portrait  #instabeauty  #instafollow  #l4l  #japanesegirl  #top_portrait  #tokyo  #fashion  #活字中毒  #読書  #読書好きな人と繋がりたい  #本好きな人と繋がりたい  #フリーランス  #仕事  #ライター  #執筆  #被写体  #モデル  #フリーランスモデル 
あの日の風を覚えているかい。
あの日の木漏れ日を覚えているかい。 
あの瞬間は、今は過ぎ去った後。

だけど、あの日あの時は紛れもなく存在したんだ。

忘れない限り、あの日あの時は、どんなに時間が経っても記憶という本の一ページとして生き続ける。 ・
・
・

Photo:yebisuさん(@yebisu_photography ) ・
・
・

許可を頂いたので、レタッチしてみた。
yebisuさんも同じパターンの写真をレタッチして投稿してくださったけれど、色の加減などのわずかな違いでも見え方は変わる。

あの撮影の時、暑かったけれど、自由に、笑いながら、楽しくご一緒させて頂いた。
あれから数ヵ月。
少し前のことだから、あの日は私の中の楽しかった思い出となっている。
だから、過ぎてしまった楽しかった時間を振り返るような思いでレタッチしてみました。

そして、yebisuさんが今月写真展に出展されるので告知を。
(今回はご本人に許可を頂いてからの告知です笑)

どんな作品が出展されるかは私もわからないので、楽しみ。 ・
・
・

第8回 魚返一真 写真塾ポートレート展
「ALL GIRL.2018」

2018年9月18日(火)~9月23日(日)
11:00~19:00 ※最終日は17:00まで

ギャラリー・ルデコ 3-4F
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル

http://ledeco.net/?p=15158 ・
・
・

写真展の準備って大変なこと。
いくら好きなことであっても。

私も今年の5月には個展を開催したけれど、やらなければいけないのは写真のことだけじゃない。
告知、パネルにする時の紙選び、額装をどうするか。
私の時は、レタッチ、小説執筆、冊子のデータ作りもあった。
色んな人に助けてもらいながらやったけれど、自分自身でやらなければいけないことは山積みだった。

だから、写真展が近付き、ふと初めてyebisuさんとお会いした個展の時を思いだし、きっと今、大変なのだろうなぁ……と思ってしまう。

撮影だけじゃない。
沢山のことと向き合い、作るもの。
色んな思いを込めて、作るもの。

だからこそ、行きたい。
まだ日程は決めていないけれど、私も伺わせて頂こうと思っています。 ・
・
・  #ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#撮影
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#thelightsofbeauty
#topportraits
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #asianbeauty  #japanesegirl #光 #記憶 #写真展
#被写体 #モデル  #言葉 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
あの日の風を覚えているかい。 あの日の木漏れ日を覚えているかい。 あの瞬間は、今は過ぎ去った後。 だけど、あの日あの時は紛れもなく存在したんだ。 忘れない限り、あの日あの時は、どんなに時間が経っても記憶という本の一ページとして生き続ける。 ・ ・ ・ Photo:yebisuさん(@yebisu_photography ) ・ ・ ・ 許可を頂いたので、レタッチしてみた。 yebisuさんも同じパターンの写真をレタッチして投稿してくださったけれど、色の加減などのわずかな違いでも見え方は変わる。 あの撮影の時、暑かったけれど、自由に、笑いながら、楽しくご一緒させて頂いた。 あれから数ヵ月。 少し前のことだから、あの日は私の中の楽しかった思い出となっている。 だから、過ぎてしまった楽しかった時間を振り返るような思いでレタッチしてみました。 そして、yebisuさんが今月写真展に出展されるので告知を。 (今回はご本人に許可を頂いてからの告知です笑) どんな作品が出展されるかは私もわからないので、楽しみ。 ・ ・ ・ 第8回 魚返一真 写真塾ポートレート展 「ALL GIRL.2018」 2018年9月18日(火)~9月23日(日) 11:00~19:00 ※最終日は17:00まで ギャラリー・ルデコ 3-4F 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル http://ledeco.net/?p=15158 ・ ・ ・ 写真展の準備って大変なこと。 いくら好きなことであっても。 私も今年の5月には個展を開催したけれど、やらなければいけないのは写真のことだけじゃない。 告知、パネルにする時の紙選び、額装をどうするか。 私の時は、レタッチ、小説執筆、冊子のデータ作りもあった。 色んな人に助けてもらいながらやったけれど、自分自身でやらなければいけないことは山積みだった。 だから、写真展が近付き、ふと初めてyebisuさんとお会いした個展の時を思いだし、きっと今、大変なのだろうなぁ……と思ってしまう。 撮影だけじゃない。 沢山のことと向き合い、作るもの。 色んな思いを込めて、作るもの。 だからこそ、行きたい。 まだ日程は決めていないけれど、私も伺わせて頂こうと思っています。 ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #撮影  #tokyo  #super_portrait_channel  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #thelightsofbeauty  #topportraits  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #asianbeauty  #japanesegirl  #光  #記憶  #写真展  #被写体  #モデル  #言葉  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
私のカメラはスマホだけ。
今のスマホにした時、当時持っていたコンデジと性能がそれほど変わらなかったから、その時コンデジは処分した。

それでも、たまに撮っている。

幼少期、親代わりだった祖父はカメラ好きな人だったけれど、その血がここ数年で私にも流れ始めたのかもしれない。

写真は、ある時に頂いた一輪の薔薇。

飾っても、仕事柄、部屋に籠っていることも多く、誰かを家に招くこともない。
それでは、この薔薇が可愛そうな気がしたから。

だから、せめて写真という名の絵にして愛でよう。

そう思って真夜中にごそごそとセッティングして撮ったもの。

撮ったのはスマホ、レタッチだけパソコンです。

花はあまり縁がないし、花とのポトレもあまり縁がない。
そりゃそうか。私活力ないもの。(笑)

だけど、ちょっとだけ思っているのは、彼岸花のある絵の中には溶け込みたい。

赤椿、薔薇、百合、彼岸花。

これだけは、惹かれてしまう。
薔薇は少し違うけれど、きっと死に近いところにいたいから。
葬儀社で働いていた時もそうだった。
誰にでも平等に訪れるものと向き合い続けたいから。

悲観ではない。
生きるためにも、これは必要なこと。
私はそう思っている。

#ファインダー越しの私の世界 #レタッチ #真夜中 #撮影会 #オーガンジー #耽美 #薔薇  #花のある暮らし #バラ 
しかし #花瓶 は #fatezero  の #タンブラー 
#写真好きな人と繋がりたい #キリトリセカイ #tokyo #art_of_japan #gothic #art #goth #rose #l4l #instafollow
#instabeauty 
#被写体 #モデル 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
私のカメラはスマホだけ。 今のスマホにした時、当時持っていたコンデジと性能がそれほど変わらなかったから、その時コンデジは処分した。 それでも、たまに撮っている。 幼少期、親代わりだった祖父はカメラ好きな人だったけれど、その血がここ数年で私にも流れ始めたのかもしれない。 写真は、ある時に頂いた一輪の薔薇。 飾っても、仕事柄、部屋に籠っていることも多く、誰かを家に招くこともない。 それでは、この薔薇が可愛そうな気がしたから。 だから、せめて写真という名の絵にして愛でよう。 そう思って真夜中にごそごそとセッティングして撮ったもの。 撮ったのはスマホ、レタッチだけパソコンです。 花はあまり縁がないし、花とのポトレもあまり縁がない。 そりゃそうか。私活力ないもの。(笑) だけど、ちょっとだけ思っているのは、彼岸花のある絵の中には溶け込みたい。 赤椿、薔薇、百合、彼岸花。 これだけは、惹かれてしまう。 薔薇は少し違うけれど、きっと死に近いところにいたいから。 葬儀社で働いていた時もそうだった。 誰にでも平等に訪れるものと向き合い続けたいから。 悲観ではない。 生きるためにも、これは必要なこと。 私はそう思っている。 #ファインダー越しの私の世界  #レタッチ  #真夜中  #撮影会  #オーガンジー  #耽美  #薔薇  #花のある暮らし  #バラ  しかし #花瓶  は #fatezero  の #タンブラー  #写真好きな人と繋がりたい  #キリトリセカイ  #tokyo  #art_of_japan  #gothic  #art  #goth  #rose  #l4l  #instafollow  #instabeauty  #被写体  #モデル  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
画面の向こうでは自由だ。
羽ばたける。戦える。
仲間と支え合いながら強敵を乗り越える。

画面の前にいる私の姿なんて誰も知らない。
知らなくていい。
だって、画面の中だけは自らを解き放てるから。

だけど、現実の私は画面の前の私。

一体、私はどちらの世界で仮面を被っているのだろう。 ・
・
・

Photo:たいしょーさん(@taishou0410 ) ・
・
・

この写真を頂いて、というよりご一緒させて頂いている最中に見て最初に思い浮かんだのがゲームだった。

オカルティック・ナインとかペルソナシリーズとか。
この場所は丸の内だから、全然違うはずなのだけど。

ちなみに、私は家庭用ゲーム機のゲームは、バイオハザードで壁に向かって走り続けるくらいのゲーム音痴。

やるものといえば、スマホのゲーム。
fate/GrandOrder、うたの☆プリンスさまっ♪シャイニングライブはのんびりプレイしてる。

ペルソナは好きなのだけどアニメ視聴だけ。。。
ちなみにペルソナ4だと完二が好きだった。
5は喜多川くん。

うーん……昔からその傾向はあったけれど、顔色悪くて暗い過去とかありそうなキャラクターに惹かれやすいようだ。

fgoだって、ヴラドおじさんに一目惚れして始めたからな。(笑)
女の子も、ジャンヌダルクオルタ本命だし。。。 嗜好は、簡単には変わらないものなのだろうね。 ・
・
・

#ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#tokyo 
#super_portrait_channel  #Ray_moment  #Lovers_Nippon_Portrait  #pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#instabeauty 
#globe_portraits 
#instafollow #l4l  #fashion #game #freedom #japanesegirl #被写体 #モデル  #言葉  #創作 
#ペルソナ5 #fategrandorder
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
画面の向こうでは自由だ。 羽ばたける。戦える。 仲間と支え合いながら強敵を乗り越える。 画面の前にいる私の姿なんて誰も知らない。 知らなくていい。 だって、画面の中だけは自らを解き放てるから。 だけど、現実の私は画面の前の私。 一体、私はどちらの世界で仮面を被っているのだろう。 ・ ・ ・ Photo:たいしょーさん(@taishou0410 ) ・ ・ ・ この写真を頂いて、というよりご一緒させて頂いている最中に見て最初に思い浮かんだのがゲームだった。 オカルティック・ナインとかペルソナシリーズとか。 この場所は丸の内だから、全然違うはずなのだけど。 ちなみに、私は家庭用ゲーム機のゲームは、バイオハザードで壁に向かって走り続けるくらいのゲーム音痴。 やるものといえば、スマホのゲーム。 fate/GrandOrder、うたの☆プリンスさまっ♪シャイニングライブはのんびりプレイしてる。 ペルソナは好きなのだけどアニメ視聴だけ。。。 ちなみにペルソナ4だと完二が好きだった。 5は喜多川くん。 うーん……昔からその傾向はあったけれど、顔色悪くて暗い過去とかありそうなキャラクターに惹かれやすいようだ。 fgoだって、ヴラドおじさんに一目惚れして始めたからな。(笑) 女の子も、ジャンヌダルクオルタ本命だし。。。 嗜好は、簡単には変わらないものなのだろうね。 ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #tokyo  #super_portrait_channel  #Ray_moment  #Lovers_Nippon_Portrait  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #instabeauty  #globe_portraits  #instafollow  #l4l  #fashion  #game  #freedom  #japanesegirl  #被写体  #モデル  #言葉  #創作  #ペルソナ5  #fategrandorder  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
眠れぬ夜には羊を数えるといいらしい。

一匹二匹。
数えているうちに羊が増える。

数えられる羊は贄の羊が由来なのだろうか。
訪れぬ睡魔に焦りながら羊を数えるうちに思考は他所へと向き始める。

羊を数えども数えども眠れぬ夜はどうするべきか。
窓の向こうから聞こえるサイレンの音のせいにでもするべきか。 ・
・
・

Photo:Shigeki Hiratsukaさん(@snowsound ) ・
・
・ 
普段はラフな格好で生活している。
今ならTシャツ、ジーンズみたいな格好が殆ど。
ついでに日焼け止めは欠かさないけど、メイクをしていない時も多い。

そのせいか、スーパーで買い物をしたら、レジのおばちゃんから男の子に間違えられたのが昨日の話。

去年はキャバクラの呼び込みのお兄さんに「うち、かわいい子揃ってますよ~」と同じ人から一週間に3回声をかけられたっけ。

遡れば、高校時代から性別を間違えられることが多い。

全くもって気にしていないからいいけどさ。(笑)

そう思うと、性別があるようでないような人形に惹かれるのも、そのせいか。

亡き曾祖母の日本人形だけは今でもトラウマレベルに怖いけれど。(笑) ・
・
・

#ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#darkbeautymag  #pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #doll #gothic  #japanesegirl #ゴシック  #球体関節人形 #退廃 #耽美 
#被写体 #モデル  #言葉 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
眠れぬ夜には羊を数えるといいらしい。 一匹二匹。 数えているうちに羊が増える。 数えられる羊は贄の羊が由来なのだろうか。 訪れぬ睡魔に焦りながら羊を数えるうちに思考は他所へと向き始める。 羊を数えども数えども眠れぬ夜はどうするべきか。 窓の向こうから聞こえるサイレンの音のせいにでもするべきか。 ・ ・ ・ Photo:Shigeki Hiratsukaさん(@snowsound ) ・ ・ ・ 普段はラフな格好で生活している。 今ならTシャツ、ジーンズみたいな格好が殆ど。 ついでに日焼け止めは欠かさないけど、メイクをしていない時も多い。 そのせいか、スーパーで買い物をしたら、レジのおばちゃんから男の子に間違えられたのが昨日の話。 去年はキャバクラの呼び込みのお兄さんに「うち、かわいい子揃ってますよ~」と同じ人から一週間に3回声をかけられたっけ。 遡れば、高校時代から性別を間違えられることが多い。 全くもって気にしていないからいいけどさ。(笑) そう思うと、性別があるようでないような人形に惹かれるのも、そのせいか。 亡き曾祖母の日本人形だけは今でもトラウマレベルに怖いけれど。(笑) ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #tokyo  #super_portrait_channel  #darkbeautymag  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #doll  #gothic  #japanesegirl  #ゴシック  #球体関節人形  #退廃  #耽美  #被写体  #モデル  #言葉  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
最近の癒しは、ウサギ。
昔飼っていたこともあるけれど、今は飼えないからウサギカフェでもふもふと戯れる。 ・
・
・

ここ数日、晴れたり、雨が降ったり、通り雨が降ったりとアップダウンの激しいお天気。

この数日は、そんな天気と同じよう。
学ぶことが沢山あったり、楽しいと感じられたりと有意義な時間を過ごさせてもらえたことに心から感謝したい日があった。
その次の日には、前日とは全く異なるところで、心がどぼん。

人生そんなものなのだろうけれど、やっぱり怒りや悲しみ抱えていると、他のことを考えるのにも判断をするのにも思考が偏りやすいし、効率が悪くなる。

もやもやもや。

もふもふ、ではなく。

そんな時に「甘いもの食べて宝具を展開する」ことを勧められる。
※宝具は、ゲームの中の必殺技のようなもの。

そうか、もやもやもエネルギーになるのか。
昇華、というやつか。

ならば、ただもやもやするのではなく、エネルギーにしよう。

わかっていても出来なかったことだけど、勢いだけで試みる。

そしたら、何だか上手くいった。

今までだったら、「わかっているけど、気持ちの切り替えが難しい」とか言い訳して試みようとしていなかった。
出来なかったんじゃないんだ。やらなかったんだ。

そう思ったら、問題が全て解決したわけではなくても、ちょっと成長したのかもしれない。
そんな気がした。

ついでに、今、この文章を書いていて、これだけ書くなら、いい加減、ブログと分けては?と思った。
小説書いていてあれだけども(笑)

#癒し #ふわもこ部 #ふわもこ #もふもふ #うさぎ #うさぎ🐰 #カフェ #うさぎカフェ #bunny #rabit #lapin #cafe #うさぎ好きさんと繋がりたい #東京 #tokyo #ひとりごと #diary #言葉 #animal #instacute #l4l #instafollow
#japanesegirl #被写体 #モデル 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
最近の癒しは、ウサギ。 昔飼っていたこともあるけれど、今は飼えないからウサギカフェでもふもふと戯れる。 ・ ・ ・ ここ数日、晴れたり、雨が降ったり、通り雨が降ったりとアップダウンの激しいお天気。 この数日は、そんな天気と同じよう。 学ぶことが沢山あったり、楽しいと感じられたりと有意義な時間を過ごさせてもらえたことに心から感謝したい日があった。 その次の日には、前日とは全く異なるところで、心がどぼん。 人生そんなものなのだろうけれど、やっぱり怒りや悲しみ抱えていると、他のことを考えるのにも判断をするのにも思考が偏りやすいし、効率が悪くなる。 もやもやもや。 もふもふ、ではなく。 そんな時に「甘いもの食べて宝具を展開する」ことを勧められる。 ※宝具は、ゲームの中の必殺技のようなもの。 そうか、もやもやもエネルギーになるのか。 昇華、というやつか。 ならば、ただもやもやするのではなく、エネルギーにしよう。 わかっていても出来なかったことだけど、勢いだけで試みる。 そしたら、何だか上手くいった。 今までだったら、「わかっているけど、気持ちの切り替えが難しい」とか言い訳して試みようとしていなかった。 出来なかったんじゃないんだ。やらなかったんだ。 そう思ったら、問題が全て解決したわけではなくても、ちょっと成長したのかもしれない。 そんな気がした。 ついでに、今、この文章を書いていて、これだけ書くなら、いい加減、ブログと分けては?と思った。 小説書いていてあれだけども(笑) #癒し  #ふわもこ部  #ふわもこ  #もふもふ  #うさぎ  #うさぎ 🐰 #カフェ  #うさぎカフェ  #bunny  #rabit  #lapin  #cafe  #うさぎ好きさんと繋がりたい  #東京  #tokyo  #ひとりごと  #diary  #言葉  #animal  #instacute  #l4l  #instafollow  #japanesegirl  #被写体  #モデル  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
ありがとう。

あの日、あなたがくれた言葉が嬉しかった。
あの瞬間も、今も、ずっと。
思い出すと、笑顔になれるんだ。

夏の終わり。
僕は前より少しだけ笑えるようになった気がする。 ・
・
・

Photo:yebisuさん(@yebisu_photography ) ・
・
・

暑かったけれど、ぎりぎり夏前に撮影したものだけど。
時期も相俟って木々の葉の色が綺麗だった。
だから、許可を頂いたので、ちょっとレタッチしてあの日の光や緑を。

構おうとしたら、裸眼だったし、目が死んでいることに定評があるはずなのに、目がキラキラして驚いた。
きっと、それはyebisuさんが魔法を使ってくれたんだと思う。(笑)

最近、無表情ばかりだけど、たまには笑うんです。
本当にたまに、だけど。

笑いたい時だけ笑う。
なんて我儘なのだろう。
でも、コスプレ以外で笑うの苦手だったところから少しだけ成長したので、許して欲しい。

ここまでは、執筆欲と私の何てことのない一人言だけど、ここからは、撮影してくださったyebisuさんが写真展に出展されるので、ちょっとお知らせ。 ・
・
・

第8回 魚返一真 写真塾ポートレート展
「ALL GIRL.2018」

2018年9月18日(火)~9月23日(日)
11:00~19:00 ※最終日は17:00まで

ギャラリー・ルデコ 3-4F
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル
http://ledeco.net/?p=15158 ・
・
・

写真展でyebisuさんがどんな作品を発表されるのかは私も知らないけれど、yebisuさんは流れていく時間の中の一瞬を、「感じるがままを」写真という作品に仕上げられるフォトグラファーさん。

きっと写真展でも、撮影の時に広がった空気感、光や風、風景や被写体から感じたものを表現された作品が展示されるのだろうなぁと思う。

画面で見るのと、印刷されたもので見るのでは風合いなども違う。
日程は決めていないけれど、私も伺わせていただきたいと思っています。 ・
・
・

#夏 #ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#東大
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#thelightsofbeauty
#topportraits
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #asianbeauty  #japanesegirl #光 #緑
#被写体 #モデル  #言葉 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
ありがとう。 あの日、あなたがくれた言葉が嬉しかった。 あの瞬間も、今も、ずっと。 思い出すと、笑顔になれるんだ。 夏の終わり。 僕は前より少しだけ笑えるようになった気がする。 ・ ・ ・ Photo:yebisuさん(@yebisu_photography ) ・ ・ ・ 暑かったけれど、ぎりぎり夏前に撮影したものだけど。 時期も相俟って木々の葉の色が綺麗だった。 だから、許可を頂いたので、ちょっとレタッチしてあの日の光や緑を。 構おうとしたら、裸眼だったし、目が死んでいることに定評があるはずなのに、目がキラキラして驚いた。 きっと、それはyebisuさんが魔法を使ってくれたんだと思う。(笑) 最近、無表情ばかりだけど、たまには笑うんです。 本当にたまに、だけど。 笑いたい時だけ笑う。 なんて我儘なのだろう。 でも、コスプレ以外で笑うの苦手だったところから少しだけ成長したので、許して欲しい。 ここまでは、執筆欲と私の何てことのない一人言だけど、ここからは、撮影してくださったyebisuさんが写真展に出展されるので、ちょっとお知らせ。 ・ ・ ・ 第8回 魚返一真 写真塾ポートレート展 「ALL GIRL.2018」 2018年9月18日(火)~9月23日(日) 11:00~19:00 ※最終日は17:00まで ギャラリー・ルデコ 3-4F 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル http://ledeco.net/?p=15158 ・ ・ ・ 写真展でyebisuさんがどんな作品を発表されるのかは私も知らないけれど、yebisuさんは流れていく時間の中の一瞬を、「感じるがままを」写真という作品に仕上げられるフォトグラファーさん。 きっと写真展でも、撮影の時に広がった空気感、光や風、風景や被写体から感じたものを表現された作品が展示されるのだろうなぁと思う。 画面で見るのと、印刷されたもので見るのでは風合いなども違う。 日程は決めていないけれど、私も伺わせていただきたいと思っています。 ・ ・ ・ #夏  #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #東大  #tokyo  #super_portrait_channel  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #thelightsofbeauty  #topportraits  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #asianbeauty  #japanesegirl  #光  #緑  #被写体  #モデル  #言葉  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
夏の終わりが怖かった。夜が明けるのが怖かった。

だって、夏が終わったら、また辛い日々が始まるから。

だって、夜が明けたら、学校へ行かなければいけないのだから。 
去年の今の時期にも書いたけれど、夏休み明けの時期には学生の自殺が増える。

ニュースなどでも、いじめを経験した著名人や芸能人が経験を告白するのと共に、こうした現実が報道される。

子どもの頃、私は引っ越しを機に、いじめに遭うようになった。田舎だったからか、新しいものは受け入れてもらえないような形で始まった。

一瞬は友達になれたと思った子であっても、次の日には手のひらを返したように私を無視するようになったことも数えきれない。

特定のグループや誰かからいじめを受けるというより、いつ、誰からいじめられても不思議ではない日々。

上級生、同級生、「あの人には何もしてもいいんだ」と思っている下級生から。
そして、担任からいじめを助長するようなことをされたこともあった。 「死ね」「消えろ」「何で学校に来るんだ」と机に書かれもした。そう書き殴ったノートの切れ端が下駄箱や引き出しの中に入れられた。ノートに書かれたこともあった。

聞こえるように悪口を言われることも、事実無根の悪い噂を流されることもあった。

靴の中に画鋲、のような嫌がらせも受けていたけれど、私が受けたのは無視と言葉の暴力が中心だった。 
子ども心に辛かったし、悲しかった。そして、怖かった。

だけど、家族に言えば家族を心配させてしまうかもしれない。

もしかしたら、PTAとかで両親まで嫌な目に遭うかもしれない。

そう思ったら、いじめられていることを誰にも相談できなかった。

それでも限界が来て、私は小学校高学年の夏、初めて自殺未遂をした。

両親にいじめに遭っていることを打ち明けることが出来たのも、『不登校』という選択をしたのも、初めての自殺未遂から暫く経ってからだった。 『不登校』になるまでは、夜明け、日曜日、ゴールデンウィークの終わり、夏休みの終わりが怖くて仕方がなかった。だって、それが明けたら、またいじめられる日々の中に自分から入っていかなければいけないのだから。

私は芸能人でも著名人でも何でもない。だけど、いじめられる辛さや悲しさ、打ち明けるかどうかの悩み、一人で抱え込む苦しさはわかる。死にたくなる気持ちも、痛いほどわかる。

だから、今年も書く。

一人じゃないよ。 
私が誰かにとって何かしらの力になることは難しいかもしれない。だけど、せめて、「一人じゃないよ。私もそうだった」と共感する人間が世の中には存在することだけは伝えたい。

不登校は、『逃げること』ではない。『負けること』でもない。 『自分を守ること』。 だから、死にたいと思えてしまうほどまで我慢をして学校に行かなくてもいい。

勉強なら、家だって、塾だって出来る。人として学ぶべきことだって、学校へ行かなくたって学べる。

私も両親に相談するのはためらったけれど、家族に相談するのが難しかったら、死のうとする前に誰でもいいから一度、感じていることを話してみて欲しい。

家族でもいい。親戚でもいい。近所の人でもいい。話せそうかな、と思える相手なら誰でもいいから、まずは話してみて欲しい。

そして、もしもいじめを受けているという話や学校へ行きたくないという話、死にたいという話をされた時には、相談された人には一度、話をそのままの形で受け入れて欲しい。 「死ぬな」と思っても、一度は、話を遮らずに、そのままの形で聞いてあげて欲しい。

相手を大切に想うから「死ぬな」という言葉が出てくる気持ちもわかる。私も友達を何人か自殺で亡くしたから。

けれど、もう限界まで耐えているところにそう言われても余計に悩んでしまったり、死にたくなるほどの日々を続けなさいと言われているように聞こえてしまうこともある。だから、辛いかもしれないけれど、一度は遮らないで話を聞いてあげて欲しい。

これは、経験者としてのお願い。

学校へ行くことが全てじゃない。不登校だって、一つの道だ。
逃げることでも、負けることでもない。

一人じゃないよ。

少なくとも、私はいじめに遭って不登校になったけれど、それでも最初に自殺未遂をしてから18年生きているよ。

一人じゃないよ。 ・
・
・

#夏休み #学校 #自殺 #つらい #死にたい #苦しい #消えたい #助けて #言えない #心の声 #いじめ #不登校 #相談 #闇 #病み #鬱 #うつ #居場所がない #さみしい #選択肢  #生きる #言葉 ・

#ファインダー越しの私の世界
#tokyo #sky
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
夏の終わりが怖かった。夜が明けるのが怖かった。 だって、夏が終わったら、また辛い日々が始まるから。 だって、夜が明けたら、学校へ行かなければいけないのだから。 去年の今の時期にも書いたけれど、夏休み明けの時期には学生の自殺が増える。 ニュースなどでも、いじめを経験した著名人や芸能人が経験を告白するのと共に、こうした現実が報道される。 子どもの頃、私は引っ越しを機に、いじめに遭うようになった。田舎だったからか、新しいものは受け入れてもらえないような形で始まった。 一瞬は友達になれたと思った子であっても、次の日には手のひらを返したように私を無視するようになったことも数えきれない。 特定のグループや誰かからいじめを受けるというより、いつ、誰からいじめられても不思議ではない日々。 上級生、同級生、「あの人には何もしてもいいんだ」と思っている下級生から。 そして、担任からいじめを助長するようなことをされたこともあった。 「死ね」「消えろ」「何で学校に来るんだ」と机に書かれもした。そう書き殴ったノートの切れ端が下駄箱や引き出しの中に入れられた。ノートに書かれたこともあった。 聞こえるように悪口を言われることも、事実無根の悪い噂を流されることもあった。 靴の中に画鋲、のような嫌がらせも受けていたけれど、私が受けたのは無視と言葉の暴力が中心だった。 子ども心に辛かったし、悲しかった。そして、怖かった。 だけど、家族に言えば家族を心配させてしまうかもしれない。 もしかしたら、PTAとかで両親まで嫌な目に遭うかもしれない。 そう思ったら、いじめられていることを誰にも相談できなかった。 それでも限界が来て、私は小学校高学年の夏、初めて自殺未遂をした。 両親にいじめに遭っていることを打ち明けることが出来たのも、『不登校』という選択をしたのも、初めての自殺未遂から暫く経ってからだった。 『不登校』になるまでは、夜明け、日曜日、ゴールデンウィークの終わり、夏休みの終わりが怖くて仕方がなかった。だって、それが明けたら、またいじめられる日々の中に自分から入っていかなければいけないのだから。 私は芸能人でも著名人でも何でもない。だけど、いじめられる辛さや悲しさ、打ち明けるかどうかの悩み、一人で抱え込む苦しさはわかる。死にたくなる気持ちも、痛いほどわかる。 だから、今年も書く。 一人じゃないよ。 私が誰かにとって何かしらの力になることは難しいかもしれない。だけど、せめて、「一人じゃないよ。私もそうだった」と共感する人間が世の中には存在することだけは伝えたい。 不登校は、『逃げること』ではない。『負けること』でもない。 『自分を守ること』。 だから、死にたいと思えてしまうほどまで我慢をして学校に行かなくてもいい。 勉強なら、家だって、塾だって出来る。人として学ぶべきことだって、学校へ行かなくたって学べる。 私も両親に相談するのはためらったけれど、家族に相談するのが難しかったら、死のうとする前に誰でもいいから一度、感じていることを話してみて欲しい。 家族でもいい。親戚でもいい。近所の人でもいい。話せそうかな、と思える相手なら誰でもいいから、まずは話してみて欲しい。 そして、もしもいじめを受けているという話や学校へ行きたくないという話、死にたいという話をされた時には、相談された人には一度、話をそのままの形で受け入れて欲しい。 「死ぬな」と思っても、一度は、話を遮らずに、そのままの形で聞いてあげて欲しい。 相手を大切に想うから「死ぬな」という言葉が出てくる気持ちもわかる。私も友達を何人か自殺で亡くしたから。 けれど、もう限界まで耐えているところにそう言われても余計に悩んでしまったり、死にたくなるほどの日々を続けなさいと言われているように聞こえてしまうこともある。だから、辛いかもしれないけれど、一度は遮らないで話を聞いてあげて欲しい。 これは、経験者としてのお願い。 学校へ行くことが全てじゃない。不登校だって、一つの道だ。 逃げることでも、負けることでもない。 一人じゃないよ。 少なくとも、私はいじめに遭って不登校になったけれど、それでも最初に自殺未遂をしてから18年生きているよ。 一人じゃないよ。 ・ ・ ・ #夏休み  #学校  #自殺  #つらい  #死にたい  #苦しい  #消えたい  #助けて  #言えない  #心の声  #いじめ  #不登校  #相談  #闇  #病み  #鬱  #うつ  #居場所がない  #さみしい  #選択肢  #生きる  #言葉  ・ #ファインダー越しの私の世界  #tokyo  #sky  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
箱の中から空を見上げるだけでいいのか。
悲哀で枕を濡らすだけでいいのか。

箱の中でも構わない。
けれど革命の旗をこの胸に。
それがいつか革命から己の進化へと繋がると信じて。 ・
・
・

許可を頂いたので、お洋服やヘアアクセサリーの雰囲気に合わせて、写真の色味はアンティークぽさを残しつつ、うっすら青み系にレタッチさせて頂きました。

普段は、熟考してコーディネート、ヘアメイク、アクセサリーを決めていく。

しかし、経験を頼りに直感的に組み合わせて決める決断力も必要。
これで大丈夫だろうかと揺らがない、自分自身への信頼も必要。

まだまだ、学ぶべきことは多い。
きっと、生きている間、その全てが学ぶ期間なのだと思う。 ・
・
・

#ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #doll #gothic  #japanesegirl #ゴシック  #ゴスロリ #ロリータファッション #アンティーク #耽美 
#被写体 #モデル  #言葉 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
箱の中から空を見上げるだけでいいのか。 悲哀で枕を濡らすだけでいいのか。 箱の中でも構わない。 けれど革命の旗をこの胸に。 それがいつか革命から己の進化へと繋がると信じて。 ・ ・ ・ 許可を頂いたので、お洋服やヘアアクセサリーの雰囲気に合わせて、写真の色味はアンティークぽさを残しつつ、うっすら青み系にレタッチさせて頂きました。 普段は、熟考してコーディネート、ヘアメイク、アクセサリーを決めていく。 しかし、経験を頼りに直感的に組み合わせて決める決断力も必要。 これで大丈夫だろうかと揺らがない、自分自身への信頼も必要。 まだまだ、学ぶべきことは多い。 きっと、生きている間、その全てが学ぶ期間なのだと思う。 ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #tokyo  #super_portrait_channel  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #doll  #gothic  #japanesegirl  #ゴシック  #ゴスロリ  #ロリータファッション  #アンティーク  #耽美  #被写体  #モデル  #言葉  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
その目が、その心がこちらを見つめていてくれるのはいつまでなのだろう。
この椅子に座らせていてくれるのはいつまでなのだろう。

時が流れて、新たな存在が現れれば、
その目と心に映るものも変わり、きっと私は埃を被って霞むのだろう。
この椅子からも下ろされるのだろう。

もっと見ていて欲しかった。
もっと一緒にいたかった。
そばに置いていて欲しかった。

あの人の記憶から私が消えゆく日が訪れたとしても、私はそんな言葉も言えないのだから仕方のないことなのだろう。 ・
・
・

Photo:Shigeki Hiratsukaさん(@snowsound ) ・
・
・ 『人形』がテーマの作品だったので、添える言葉も写真テーマに寄せてみた。

前回のpostは上下とも白系だったので、対極に今回は全身黒。

ワンピースに見えるけれど、セットアップだから、他のコーディネートにも使えるから便利なお洋服。
個展の時の最終日にこの服に初めて袖を通した思い出が。
個展も初日はジャケットから全て全身真っ白、最終日はジャケットから全て真っ黒。(笑)

後からよくよく考えてみると東京喰種のオークション回の什造ちゃんの服に似ている気がして、夏コミのコスプレに誰をやるか考える時には、この服をカスタムして什造ちゃんにしようかとも一瞬思った。
……しかし、真っ黒は日光が集中するため、暑さを危惧して却下になった。(笑)

そのわりに、夏コミは黒っぽい服やドレスだったけれども。
それはそれ、これはこれ。(笑) ・
・
・

#ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#tokyo 
#super_portrait_channel 
#darkbeautymag  #pasha_magazine 
#art_of_japan 
#good_portraits_world 
#instabeauty 
#portraitmood 
#instafollow  #l4l #fashion #doll #gothic  #japanesegirl #ゴシック  #ゴスロリ #退廃 #耽美 
#被写体 #モデル  #言葉 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
その目が、その心がこちらを見つめていてくれるのはいつまでなのだろう。 この椅子に座らせていてくれるのはいつまでなのだろう。 時が流れて、新たな存在が現れれば、 その目と心に映るものも変わり、きっと私は埃を被って霞むのだろう。 この椅子からも下ろされるのだろう。 もっと見ていて欲しかった。 もっと一緒にいたかった。 そばに置いていて欲しかった。 あの人の記憶から私が消えゆく日が訪れたとしても、私はそんな言葉も言えないのだから仕方のないことなのだろう。 ・ ・ ・ Photo:Shigeki Hiratsukaさん(@snowsound ) ・ ・ ・ 『人形』がテーマの作品だったので、添える言葉も写真テーマに寄せてみた。 前回のpostは上下とも白系だったので、対極に今回は全身黒。 ワンピースに見えるけれど、セットアップだから、他のコーディネートにも使えるから便利なお洋服。 個展の時の最終日にこの服に初めて袖を通した思い出が。 個展も初日はジャケットから全て全身真っ白、最終日はジャケットから全て真っ黒。(笑) 後からよくよく考えてみると東京喰種のオークション回の什造ちゃんの服に似ている気がして、夏コミのコスプレに誰をやるか考える時には、この服をカスタムして什造ちゃんにしようかとも一瞬思った。 ……しかし、真っ黒は日光が集中するため、暑さを危惧して却下になった。(笑) そのわりに、夏コミは黒っぽい服やドレスだったけれども。 それはそれ、これはこれ。(笑) ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #tokyo  #super_portrait_channel  #darkbeautymag  #pasha_magazine  #art_of_japan  #good_portraits_world  #instabeauty  #portraitmood  #instafollow  #l4l  #fashion  #doll  #gothic  #japanesegirl  #ゴシック  #ゴスロリ  #退廃  #耽美  #被写体  #モデル  #言葉  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
小さくてもいい。
名前もないような星ほどの光だって構わない。
遠く離れていたとしても、
その光が見えれば
傷だらけでも歩き続ける力になるから。 ・
・
・

Photo:たいしょーさん(@taishou0410 ) ・
・
・

元々、黒やネイビーのような濃くて暗い色を選びがちだから、引き出しの中を見ても、どれがどれだかわからなくなるようなこともあった。

でも、何となくではあるけれど、ここ数年は黒に走りすぎないよう、他の色のものを選んでみるように心がけている。

この日はホワイト×ライトベージュ。

たぶん、過去の私はこんな組み合わせをしなかっただろうなあ。 ・
・
・

#ポートレート #portrait #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい 
#tokyo 
#top_portrait 
#super_portrait_channel  #Ray_moment  #Lovers_Nippon_Portrait  #pasha_magazine 
#art_of_japan 
#thelightsofbeauty 
#good_portraits_world 
#instabeauty 
#portraitmood 
#globe_portraits 
#instafollow  #fashion #doll #dream #japanesegirl #被写体 #モデル  #言葉  #創作 
#フリーランス  #フリーランスモデル #ライター  #小説 #エッセイ
小さくてもいい。 名前もないような星ほどの光だって構わない。 遠く離れていたとしても、 その光が見えれば 傷だらけでも歩き続ける力になるから。 ・ ・ ・ Photo:たいしょーさん(@taishou0410 ) ・ ・ ・ 元々、黒やネイビーのような濃くて暗い色を選びがちだから、引き出しの中を見ても、どれがどれだかわからなくなるようなこともあった。 でも、何となくではあるけれど、ここ数年は黒に走りすぎないよう、他の色のものを選んでみるように心がけている。 この日はホワイト×ライトベージュ。 たぶん、過去の私はこんな組み合わせをしなかっただろうなあ。 ・ ・ ・ #ポートレート  #portrait  #ポートレート女子  #写真好きな人と繋がりたい  #tokyo  #top_portrait  #super_portrait_channel  #Ray_moment  #Lovers_Nippon_Portrait  #pasha_magazine  #art_of_japan  #thelightsofbeauty  #good_portraits_world  #instabeauty  #portraitmood  #globe_portraits  #instafollow  #fashion  #doll  #dream  #japanesegirl  #被写体  #モデル  #言葉  #創作  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #小説  #エッセイ 
お盆になると、親戚一同が墓参りという目的のために集まる。ただ、墓の中に眠る顔も知らない祖先、この世を去っていった家族を心の底から想いながら墓前で手を合わせているかどうかは別の話。

本心から想いを向けて手を合わせる者もいれば、仕方なしに祖先を供養するポーズをとっている者もいるだろう。どんな想いで墓参りをしているかなんて、口にしないから互いの意識など知ることはないけれど。 
墓参りを終えた後は家に戻り、全員で食事をするのがいつもの流れだ。大人達で運転を控えていない者は暑い日に飲む麦酒の美味しさを語りながら気分よさそうに渇いた喉に次から次へと酒を流し込む。酒を飲まない者も、大勢が集まることを考えて用意された大皿に乗る普段よりも豪勢な食事に舌鼓を打ちながら喋り続ける。

一見すると、それぞれに離れた地域で暮らし、一年の中でこの瞬間と正月くらいしか顔を合わすことのない者達が久々の再会を喜び、目いっぱいに楽しんでいるようだろう。しかし、毎年ながら、僕はこの光景を見ていると、面白くもない映画をひたすら見せられているような気分になる。

あれは、まだ子どもの頃。僕は祖父母と両親、兄と暮らしていた。古くはあったが、六人で暮らすには広い家だった。そして、真夏と正月になると、僕の家には沢山の親戚が集まった。突然何人もの人が自分の家に集まる理由はわかっていなかったが、年の近い従兄弟達と一緒に遊べるのは楽しくて嬉しいものだった。

あの日も僕は兄と従兄弟達と家の中や庭で走り回って遊んでいた。しかし、子どもの体力は少ない。まだ幼かった僕は、昼食をとった後に一人で和室の畳の上で眠ってしまった。

起き上がると、僕が眠っている間に大人は買い物に出かけ、他の子ども達は外で遊んでいるのか、あれだけ賑やかだったはずの部屋の中は静まり返っていた。

そして、僕は起き上がってからも、そのまま和室からぼんやりと外を眺めていた。すると、足音が聞こえ、襖の向こうに目をやると祖父の妹がいた。祖父の妹、と言っても僕から見れば、“よそのおばあちゃん”として見えてしまうのだが。 ・
・ 「本家の子だからって皆可愛がるけど、あんたを可愛がってるわけじゃない。兄ちゃんが可愛いからで、あんたはおまけみたいなもんなんだ」 ・
・ “よそのおばあちゃん”は冷たい目で僕を見ながらそう言うと、すぐにどこかへ行ってしまった。

本家。それがいったいどういう意味を持つのか。わからない。子どもの僕には“よそのおばあちゃん”の言葉の意味は分からない部分もあったが、おまけと言われたことが「お前はいらない」と言われているようで妙に悲しくなった。

それ以来、僕の中には自分は“兄のおまけ”であり、“必要性”はないという意識が根付き、兄と接するにもどこか気まずさを覚え、親戚とも家族ともあまり口をきかなくなった。

あの出来事から数年が経ち、“よそのおばあちゃん”は僕達が集まって手を合わせる墓とは別の墓に入った。

人の中には善が強い者もいるが、打算的で、誰かを利用してやろうと考え、そのためなら本心を隠して、中身は空っぽでも相手の気分をよくする言葉を口にし、笑顔の仮面を被っている者だって多い。きっと、目の前で御馳走を食べ、酒を飲み、再会を喜んでいるような人々の中にも、本心を隠して演技をしている者もいるだろう。

子どもの頃は“よそのおばあちゃん”の言葉は悲しさしか僕に与えなかったが、大人になった今、僕は思う。善か悪かということは別として、“よそのおばあちゃん”は正直に生きていた人なのだろう、と。 ・
・
・

久しぶりの #突発的フィクション シリーズ。

私が子どもだった頃のお盆を思い出すと、遠く離れて暮らす従弟達が遊びに来て、一緒に遊んだ思い出が真っ先に浮かぶ。

年を取るにつれ、それぞれの状況も変わり、あまり会えなくなってしまったけれど。

私が年を取ったように、彼らもみんな成長し、昔から私と一番仲が良かった従弟は新社会人になり、一人暮らしを始めたと聞いた。

そして、一人でも自炊生活を頑張っているそうだ。
それを聞いて嬉しいけれど、あの子のことだから頑張り過ぎやしないか、と少し心配になる。
いとこ、だけどそんな姉心。 ・
・ 
読んでくださったあなたに #感謝 。 ・
・
・

#暇つぶし 、#さみしい 時、 #コーヒータイム などに楽しんで頂けたら幸いです。 ・
・
・ 
#創作 #小説 #言葉 #暮らし #sentence #art #季節 ・

#ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #起雲閣 #熱海 #和室 #instagood #japan #フォロワー募集中 ・

#活字中毒 #読書 #エッセイ #読書好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい  #妄想 #作家 ・

#フリーランス  #ライター #執筆
お盆になると、親戚一同が墓参りという目的のために集まる。ただ、墓の中に眠る顔も知らない祖先、この世を去っていった家族を心の底から想いながら墓前で手を合わせているかどうかは別の話。 本心から想いを向けて手を合わせる者もいれば、仕方なしに祖先を供養するポーズをとっている者もいるだろう。どんな想いで墓参りをしているかなんて、口にしないから互いの意識など知ることはないけれど。 墓参りを終えた後は家に戻り、全員で食事をするのがいつもの流れだ。大人達で運転を控えていない者は暑い日に飲む麦酒の美味しさを語りながら気分よさそうに渇いた喉に次から次へと酒を流し込む。酒を飲まない者も、大勢が集まることを考えて用意された大皿に乗る普段よりも豪勢な食事に舌鼓を打ちながら喋り続ける。 一見すると、それぞれに離れた地域で暮らし、一年の中でこの瞬間と正月くらいしか顔を合わすことのない者達が久々の再会を喜び、目いっぱいに楽しんでいるようだろう。しかし、毎年ながら、僕はこの光景を見ていると、面白くもない映画をひたすら見せられているような気分になる。 あれは、まだ子どもの頃。僕は祖父母と両親、兄と暮らしていた。古くはあったが、六人で暮らすには広い家だった。そして、真夏と正月になると、僕の家には沢山の親戚が集まった。突然何人もの人が自分の家に集まる理由はわかっていなかったが、年の近い従兄弟達と一緒に遊べるのは楽しくて嬉しいものだった。 あの日も僕は兄と従兄弟達と家の中や庭で走り回って遊んでいた。しかし、子どもの体力は少ない。まだ幼かった僕は、昼食をとった後に一人で和室の畳の上で眠ってしまった。 起き上がると、僕が眠っている間に大人は買い物に出かけ、他の子ども達は外で遊んでいるのか、あれだけ賑やかだったはずの部屋の中は静まり返っていた。 そして、僕は起き上がってからも、そのまま和室からぼんやりと外を眺めていた。すると、足音が聞こえ、襖の向こうに目をやると祖父の妹がいた。祖父の妹、と言っても僕から見れば、“よそのおばあちゃん”として見えてしまうのだが。 ・ ・ 「本家の子だからって皆可愛がるけど、あんたを可愛がってるわけじゃない。兄ちゃんが可愛いからで、あんたはおまけみたいなもんなんだ」 ・ ・ “よそのおばあちゃん”は冷たい目で僕を見ながらそう言うと、すぐにどこかへ行ってしまった。 本家。それがいったいどういう意味を持つのか。わからない。子どもの僕には“よそのおばあちゃん”の言葉の意味は分からない部分もあったが、おまけと言われたことが「お前はいらない」と言われているようで妙に悲しくなった。 それ以来、僕の中には自分は“兄のおまけ”であり、“必要性”はないという意識が根付き、兄と接するにもどこか気まずさを覚え、親戚とも家族ともあまり口をきかなくなった。 あの出来事から数年が経ち、“よそのおばあちゃん”は僕達が集まって手を合わせる墓とは別の墓に入った。 人の中には善が強い者もいるが、打算的で、誰かを利用してやろうと考え、そのためなら本心を隠して、中身は空っぽでも相手の気分をよくする言葉を口にし、笑顔の仮面を被っている者だって多い。きっと、目の前で御馳走を食べ、酒を飲み、再会を喜んでいるような人々の中にも、本心を隠して演技をしている者もいるだろう。 子どもの頃は“よそのおばあちゃん”の言葉は悲しさしか僕に与えなかったが、大人になった今、僕は思う。善か悪かということは別として、“よそのおばあちゃん”は正直に生きていた人なのだろう、と。 ・ ・ ・ 久しぶりの #突発的フィクション  シリーズ。 私が子どもだった頃のお盆を思い出すと、遠く離れて暮らす従弟達が遊びに来て、一緒に遊んだ思い出が真っ先に浮かぶ。 年を取るにつれ、それぞれの状況も変わり、あまり会えなくなってしまったけれど。 私が年を取ったように、彼らもみんな成長し、昔から私と一番仲が良かった従弟は新社会人になり、一人暮らしを始めたと聞いた。 そして、一人でも自炊生活を頑張っているそうだ。 それを聞いて嬉しいけれど、あの子のことだから頑張り過ぎやしないか、と少し心配になる。 いとこ、だけどそんな姉心。 ・ ・ 読んでくださったあなたに #感謝  。 ・ ・ ・ #暇つぶし  、#さみしい  時、 #コーヒータイム  などに楽しんで頂けたら幸いです。 ・ ・ ・ #創作  #小説  #言葉  #暮らし  #sentence  #art  #季節  ・ #ファインダー越しの私の世界  #写真好きな人と繋がりたい  #起雲閣  #熱海  #和室  #instagood  #japan  #フォロワー募集中  ・ #活字中毒  #読書  #エッセイ  #読書好きな人と繋がりたい  #本好きな人と繋がりたい  #妄想  #作家  ・ #フリーランス  #ライター  #執筆 
久しぶりにチクチクした。
写真は、久々に裁縫して作ったブローチ。

夏コミで英霊正装のマリーアントワネット(fate/GrandOrder)をやることを決めた頃は、既にコミケまで日が少し。
既製品の衣装を購入しようにも、納期の問題があった。

だったら、もう作ろう。

偶然にも土台になりそうなドレスは手に入ったから、それをひたすらカスタム。

既製品を見ていてもデザインに違いがあるし、公式の絵を見ていても、細部をそのまま再現できるほどの情報がない。

だから、正装のドレスだということを念頭に置いて、細かな部分は自分でデザインして作ろうという発想になった。

ファッション、縫製などを専門的に学んだことはない。
それでも、作ろうとした。

技術や知識だけの問題ではなく、日数という大きな問題も立ちはだかったけれど。

絵や既製品を見ていると、どうやらドレスの胸元にはレースのような飾りがあったから、自分で納得のいくレースモチーフを探すも、やはり納期の問題が。

どうするか。
トーションレースだけで何とかするか。
いや、それでは違う気がする。

そして出した結論は、平面のレースモチーフが手に入らないのなら、立体の飾りを付けるということ。

ただ、衣装のメンテナンスを考えると取り外しができた方が便利。

そのため、質感の違うモノトーンの生地を何種類か、異なる二種類のリボンを使ってドレスの胸元用に大きめのブローチを作った。
少しきらびやかさも欲しかったから、正装ということを踏まえて、ラインストーンのようなものではなく、オフホワイトのパールビーズをアクセントに。

ブローチも作り、スカートも半分くらい作り直し、バックのリボン飾りも作り直し。

コスプレは着飾る道楽のように思われてしまうこともあるけれど、衣装を着ていないところでは地味に数多くの作業をしていることも多いのだよね。

趣味の世界ではあっても、睡眠時間削って、フラフラだろうと、追求して、少しでもクオリティ高めようと試行錯誤して準備をする……考え方や価値観は人それぞれだとも思っているけれど、実際に取り組んでいると、コスプレは「キャラクターの格好をしている」時だけのものではないと感じる。

大変だったけれど、過去にハンドメイドで小物やアクセサリーを作っていた頃をふっと思い出すようで、このブローチ作りは楽しかったなあ。

デザイン考えて、バランス見ながら工夫して、ちくちく…… 楽しかったから、またハンドメイドやろうかな、なんて一瞬思ってしまったから、もしも時間や心に余裕ができた時にはまた少しやろうかと考えている今日この頃。

#夏 #コスプレ #コスプレイヤー #夏コミ  #コミケ #cosplay #cosplayer #fategrandorder #fgo #マリーアントワネット #正装 #ドレス  #japanesegirl #被写体 #モデル

#ハンドメイド #ハンドメイドアクセサリー #handmade #ブローチ #コサージュ #dress #fashion  #classical #followme 
#フリーランス #フリーランスモデル #ライター #作家 #小説 #エッセイ
久しぶりにチクチクした。 写真は、久々に裁縫して作ったブローチ。 夏コミで英霊正装のマリーアントワネット(fate/GrandOrder)をやることを決めた頃は、既にコミケまで日が少し。 既製品の衣装を購入しようにも、納期の問題があった。 だったら、もう作ろう。 偶然にも土台になりそうなドレスは手に入ったから、それをひたすらカスタム。 既製品を見ていてもデザインに違いがあるし、公式の絵を見ていても、細部をそのまま再現できるほどの情報がない。 だから、正装のドレスだということを念頭に置いて、細かな部分は自分でデザインして作ろうという発想になった。 ファッション、縫製などを専門的に学んだことはない。 それでも、作ろうとした。 技術や知識だけの問題ではなく、日数という大きな問題も立ちはだかったけれど。 絵や既製品を見ていると、どうやらドレスの胸元にはレースのような飾りがあったから、自分で納得のいくレースモチーフを探すも、やはり納期の問題が。 どうするか。 トーションレースだけで何とかするか。 いや、それでは違う気がする。 そして出した結論は、平面のレースモチーフが手に入らないのなら、立体の飾りを付けるということ。 ただ、衣装のメンテナンスを考えると取り外しができた方が便利。 そのため、質感の違うモノトーンの生地を何種類か、異なる二種類のリボンを使ってドレスの胸元用に大きめのブローチを作った。 少しきらびやかさも欲しかったから、正装ということを踏まえて、ラインストーンのようなものではなく、オフホワイトのパールビーズをアクセントに。 ブローチも作り、スカートも半分くらい作り直し、バックのリボン飾りも作り直し。 コスプレは着飾る道楽のように思われてしまうこともあるけれど、衣装を着ていないところでは地味に数多くの作業をしていることも多いのだよね。 趣味の世界ではあっても、睡眠時間削って、フラフラだろうと、追求して、少しでもクオリティ高めようと試行錯誤して準備をする……考え方や価値観は人それぞれだとも思っているけれど、実際に取り組んでいると、コスプレは「キャラクターの格好をしている」時だけのものではないと感じる。 大変だったけれど、過去にハンドメイドで小物やアクセサリーを作っていた頃をふっと思い出すようで、このブローチ作りは楽しかったなあ。 デザイン考えて、バランス見ながら工夫して、ちくちく…… 楽しかったから、またハンドメイドやろうかな、なんて一瞬思ってしまったから、もしも時間や心に余裕ができた時にはまた少しやろうかと考えている今日この頃。 #夏  #コスプレ  #コスプレイヤー  #夏コミ  #コミケ  #cosplay  #cosplayer  #fategrandorder  #fgo  #マリーアントワネット  #正装  #ドレス  #japanesegirl  #被写体  #モデル  #ハンドメイド  #ハンドメイドアクセサリー  #handmade  #ブローチ  #コサージュ  #dress  #fashion  #classical  #followme  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #作家  #小説  #エッセイ 
夏コミ二日目はfate/GrandOrderのジャンヌダルクオルタ(新宿)のコスプレ。

fate/GrandOrderの女の子サーヴァントではジャンヌダルクオルタが本命で、ずっとやってみたかったから、ようやく実現……! 初めてのジャンヌダルクオルタでしたが、お声がけくださった方々や撮影してくださった方々、ありがとうございました!

この日は、Altoさん(@altotanaka )のエドモンとアヴェンジャー併せをしてきました。
※画像二枚目
アヴェンジャーなので、悪役感が……(笑)

真夏に合皮のミディアム丈コート、革のロングブーツ。
ええ、もちろん暑いです。(笑)

1日目にマリーアントワネットのウィッグと比べると、全体的に短く、バサバサ感を出すために毛量を落とすようにカットしている箇所もあるから、その分、頭は涼しいけれど。

コートをずらしているのは、色気を作るためでもなく、暑さしのぎだったり。
脇部分があいているだけでも、感じる暑さは変わるので。。。
それに、この日は東館のトラックヤードに移動したら、芝生や海風のおかげでエントランスプラザよりは涼しかった。
だから、コートをずらしてはいても羽織っていられた。

新宿衣装も着たかったけど、いつか通常の鎧ジャンヌダルクオルタやってみたいなぁ。

余談だけど、夏コミ数週間前、実家の父と電話をした際にジャンヌダルクオルタをやることを伝えてみた。

父「旗は大丈夫か?旗があったら汗拭けないやろ?……あと、体のラインとかどうするんや」

なぜかめちゃくちゃ心配された。
水分補給のスポーツドリンクやタオル、メイク道具など手荷物が多いから、今回は旗や剣などの持ち道具はなしの方向だと伝えてはみたけれど、父は私のせいでジャンヌダルクオルタをしっかり覚えているようだった(笑)
体のラインは、前日のマリーのこともあったから日々の素振りは控えめに。
そして、胸は頑張って詰めた(笑)

花火も縁日も、夏らしいことなんて何もない日々を過ごしてきて、今年の夏、初めて夏らしい日を過ごしたのは夏コミだった。

オタクとして、これで十分。
いや、コミケに行けなかった時代を思えば幸せじゃないか。

#夏 #コスプレ #コスプレイヤー #夏コミ  #コミケ  #cosplay #cosplayer #fategrandorder #fgo #ジャンヌ #新宿 #avenger 
#ポートレート  #art #tokyo #instacool #instafollow #fashion #japanesegirl #被写体 #モデル #カラコン #ウィッグ  #コスプレメイク  #フリーランス #フリーランスモデル #ライター #作家 #小説 #エッセイ
夏コミ二日目はfate/GrandOrderのジャンヌダルクオルタ(新宿)のコスプレ。 fate/GrandOrderの女の子サーヴァントではジャンヌダルクオルタが本命で、ずっとやってみたかったから、ようやく実現……! 初めてのジャンヌダルクオルタでしたが、お声がけくださった方々や撮影してくださった方々、ありがとうございました! この日は、Altoさん(@altotanaka )のエドモンとアヴェンジャー併せをしてきました。 ※画像二枚目 アヴェンジャーなので、悪役感が……(笑) 真夏に合皮のミディアム丈コート、革のロングブーツ。 ええ、もちろん暑いです。(笑) 1日目にマリーアントワネットのウィッグと比べると、全体的に短く、バサバサ感を出すために毛量を落とすようにカットしている箇所もあるから、その分、頭は涼しいけれど。 コートをずらしているのは、色気を作るためでもなく、暑さしのぎだったり。 脇部分があいているだけでも、感じる暑さは変わるので。。。 それに、この日は東館のトラックヤードに移動したら、芝生や海風のおかげでエントランスプラザよりは涼しかった。 だから、コートをずらしてはいても羽織っていられた。 新宿衣装も着たかったけど、いつか通常の鎧ジャンヌダルクオルタやってみたいなぁ。 余談だけど、夏コミ数週間前、実家の父と電話をした際にジャンヌダルクオルタをやることを伝えてみた。 父「旗は大丈夫か?旗があったら汗拭けないやろ?……あと、体のラインとかどうするんや」 なぜかめちゃくちゃ心配された。 水分補給のスポーツドリンクやタオル、メイク道具など手荷物が多いから、今回は旗や剣などの持ち道具はなしの方向だと伝えてはみたけれど、父は私のせいでジャンヌダルクオルタをしっかり覚えているようだった(笑) 体のラインは、前日のマリーのこともあったから日々の素振りは控えめに。 そして、胸は頑張って詰めた(笑) 花火も縁日も、夏らしいことなんて何もない日々を過ごしてきて、今年の夏、初めて夏らしい日を過ごしたのは夏コミだった。 オタクとして、これで十分。 いや、コミケに行けなかった時代を思えば幸せじゃないか。 #夏  #コスプレ  #コスプレイヤー  #夏コミ  #コミケ  #cosplay  #cosplayer  #fategrandorder  #fgo  #ジャンヌ  #新宿  #avenger  #ポートレート  #art  #tokyo  #instacool  #instafollow  #fashion  #japanesegirl  #被写体  #モデル  #カラコン  #ウィッグ  #コスプレメイク  #フリーランス  #フリーランスモデル  #ライター  #作家  #小説  #エッセイ