an online Instagram web viewer
  • fac_586
    えそらごと
    @fac_586

Images by fac_586

🎞
カフェ・ソサエティ
・
鑑賞日:2017.5.6
劇場:立川シネマシティ CINEMA TWO
・
ハリウッド × ジャズ × ラブロマンス
・
…というと昨年アカデミー賞を賑わせた『ラ・ラ・ランド』を否応なく連想してしまいますが、しかしそこはやはりウディ・アレン。30歳ソコソコの若造よりも御年81歳(当時)の描くラブストーリーの方が遥かに心に響きました!
・
それもその筈で主人公のボビー役は若き日のウディ本人の分身とも言えるジェシー・アイゼンバーグ。ライアン・ゴズリングなぞには1㎜も感情移入出来なかった自分ですが、「車のライトを見て動けなくなる鹿」みたいなジェシーにはクリステン・スチュワート演ずるヴォニーならずともかわいく愛おしく感じてしまったのは言わずもがな。
・
2人のヴェロニカ(なんか聞き覚えのあるタイトル)、しかも揃いも揃って美女との三角関係は夢物語というよりも妄想に近い!?(笑)
・
怒っているのか喜んでいるのか悲しんでいるのか、喜怒哀楽の感情表現が乏しいジェシーの顔演技(?)が想像を掻き立ててこちらの妄想も膨らむばかり…。
・
同じ1930年代が舞台で2人の異性との狭間に立たされる恋愛模様を描いた『カイロの紫のバラ』とは違い、タラレバ世界の先の現実は苦さや切なさだけでなくほんのちょっとの甘さもある事を今作では教えてくれました。
・
"夢は夢"
"答えがないのが答え"
・
劇中の台詞としてW.アレンが語りかける通り、今後も生涯現役として恋愛物語をいくつも紡いでいくのでしょうー。
・
そして今週末公開の『女と男の観覧車』、とても楽しみです。
🎥
#カフェソサエティ #ウディアレン
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット
#cafesociety 
#woodyallen 
#movie
🎞 カフェ・ソサエティ ・ 鑑賞日:2017.5.6 劇場:立川シネマシティ CINEMA TWO ・ ハリウッド × ジャズ × ラブロマンス ・ …というと昨年アカデミー賞を賑わせた『ラ・ラ・ランド』を否応なく連想してしまいますが、しかしそこはやはりウディ・アレン。30歳ソコソコの若造よりも御年81歳(当時)の描くラブストーリーの方が遥かに心に響きました! ・ それもその筈で主人公のボビー役は若き日のウディ本人の分身とも言えるジェシー・アイゼンバーグ。ライアン・ゴズリングなぞには1㎜も感情移入出来なかった自分ですが、「車のライトを見て動けなくなる鹿」みたいなジェシーにはクリステン・スチュワート演ずるヴォニーならずともかわいく愛おしく感じてしまったのは言わずもがな。 ・ 2人のヴェロニカ(なんか聞き覚えのあるタイトル)、しかも揃いも揃って美女との三角関係は夢物語というよりも妄想に近い!?(笑) ・ 怒っているのか喜んでいるのか悲しんでいるのか、喜怒哀楽の感情表現が乏しいジェシーの顔演技(?)が想像を掻き立ててこちらの妄想も膨らむばかり…。 ・ 同じ1930年代が舞台で2人の異性との狭間に立たされる恋愛模様を描いた『カイロの紫のバラ』とは違い、タラレバ世界の先の現実は苦さや切なさだけでなくほんのちょっとの甘さもある事を今作では教えてくれました。 ・ "夢は夢" "答えがないのが答え" ・ 劇中の台詞としてW.アレンが語りかける通り、今後も生涯現役として恋愛物語をいくつも紡いでいくのでしょうー。 ・ そして今週末公開の『女と男の観覧車』、とても楽しみです。 🎥 #カフェソサエティ  #ウディアレン  #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #cafesociety  #woodyallen  #movie 
🎞
#キャロル
・
鑑賞日:2016.2.11
劇場:TOHOシネマズ府中
・
今年4月に公開されたトッド・ヘインズ監督最新作『ワンダーストラック』。今作は2016年に公開された前作。
・
・
1952年クリスマスシーズンで賑わうニューヨークのとある高級デパート。玩具売場の店員テレーズの視線の先にはエレガントな貴婦人キャロルが映っていたー。
・
女性同士の恋愛を描きながらも普遍的なラブストーリーに昇華している点もさる事ながら、家具・美術品・自動車・煙草等の小道具・煌びやかな衣装、そして50年代のニューヨークの街並みがトッド・ヘインズ監督独特の美意識で彩られていてその美しさや画の構図に思わず息を呑みます。
・
そしてパンフレットやネットで調べてみるといろいろと大変興味深い逸話の数々がー。
・
サスペンス作家として名高い原作者パトリシア・ハイスミスが今作を別名義で発表していたという背景、
同性愛がタブー視されていた50年代アメリカの時代背景、
当時ハリウッドを支配していたヘイズコード(検閲制度)の存在等々。
・
演技派女優の2人もやはり魅力的で特にカンヌ映画祭主演女優賞を獲得したルーニー・マーラの演技が随所で輝いています。
・
今作は題名からもケイト・ブランシェット演ずるキャロルが主役のように感じますが、あくまでもテレーズ=パトリシア・ハイスミスの物語であること、それを演ずるルーニー・マーラの演技力の高さをカンヌの審査員達は評価し彼女に主演女優賞を与えたことが推測できます。
・
脳裏に焼き付く色彩感覚、いくつもの逸話が織り成すサイドストーリー、主演2人の女優魂、そして自分に正直でありたいと切に願う2人の大人の女性の物語という点が、いつまでも残って離れない余韻の正体なのでしょう。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット #トッドヘインズ#ケイトブランシェット #ルーニーマーラ
🎞 #キャロル  ・ 鑑賞日:2016.2.11 劇場:TOHOシネマズ府中 ・ 今年4月に公開されたトッド・ヘインズ監督最新作『ワンダーストラック』。今作は2016年に公開された前作。 ・ ・ 1952年クリスマスシーズンで賑わうニューヨークのとある高級デパート。玩具売場の店員テレーズの視線の先にはエレガントな貴婦人キャロルが映っていたー。 ・ 女性同士の恋愛を描きながらも普遍的なラブストーリーに昇華している点もさる事ながら、家具・美術品・自動車・煙草等の小道具・煌びやかな衣装、そして50年代のニューヨークの街並みがトッド・ヘインズ監督独特の美意識で彩られていてその美しさや画の構図に思わず息を呑みます。 ・ そしてパンフレットやネットで調べてみるといろいろと大変興味深い逸話の数々がー。 ・ サスペンス作家として名高い原作者パトリシア・ハイスミスが今作を別名義で発表していたという背景、 同性愛がタブー視されていた50年代アメリカの時代背景、 当時ハリウッドを支配していたヘイズコード(検閲制度)の存在等々。 ・ 演技派女優の2人もやはり魅力的で特にカンヌ映画祭主演女優賞を獲得したルーニー・マーラの演技が随所で輝いています。 ・ 今作は題名からもケイト・ブランシェット演ずるキャロルが主役のように感じますが、あくまでもテレーズ=パトリシア・ハイスミスの物語であること、それを演ずるルーニー・マーラの演技力の高さをカンヌの審査員達は評価し彼女に主演女優賞を与えたことが推測できます。 ・ 脳裏に焼き付く色彩感覚、いくつもの逸話が織り成すサイドストーリー、主演2人の女優魂、そして自分に正直でありたいと切に願う2人の大人の女性の物語という点が、いつまでも残って離れない余韻の正体なのでしょう。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #トッドヘインズ #ケイトブランシェット  #ルーニーマーラ 
🎞
#毛皮のヴィーナス
・
鑑賞日:2015.1.4
劇場:Bunkamura ル・シネマ
・
6/23に5年振りの新作『告白小説、その結末』が公開されるロマン・ポランスキー監督の前作。
・
・
ステージ上で繰り広げられる男と女のシーソーゲーム
・
題名だけ聞くと個人的には真っ先にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのバナナジャケの同名曲を連想してしまいますが(劇中でもそのくだり有)、今作は同名の戯曲が原作でその戯曲自体はマゾヒズムの語源にもなっているレオポルド・フォン・ザッヘル・マゾッホの小説『毛皮を着たヴィーナス』に基づいているそうです。
・
今作はポランスキー監督前作の『大人のけんか』同様に舞台原作のシチュエーションドラマで、出演者が4人→2人になってより会話劇の要素が強くなっており、舞台設定も文字通りステージ上なので観劇しているような錯覚にも陥る構造となっています。
・
オーディションに遅刻してきた謎の女優ワンダ(そもそも女優なのかどうかも怪しい?)独自の解釈による演技に触発され演出家トマの芝居も次第に熱を帯びていきます。
・
物語が進むにつれ現実と虚構、本音と建前、主人と奴隷、演出家と女優など相反する関係性が曖昧になってきてどこまでがオーディションでどこまでが素なのか、延いては人間性の根本を揺るがすという仰天な展開にー。
・
終盤、混沌とした状況下でトマの今迄抑圧・隠蔽されていたものが一気に解放される様が映し出されます。そのトマの表情は何ともいえない恍惚感と幸福感に満たされていましたが、もしかしたら自分もその時同じ表情をしていたのかも?ハッと我に返り辺りを見渡す自分がいました…。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット
#ロマンポランスキー#エマニュエルセニエ #マチューアマルリック
#LaVénusàlafourrure#venusinfur#RomanPolanski
🎞 #毛皮のヴィーナス  ・ 鑑賞日:2015.1.4 劇場:Bunkamura ル・シネマ ・ 6/23に5年振りの新作『告白小説、その結末』が公開されるロマン・ポランスキー監督の前作。 ・ ・ ステージ上で繰り広げられる男と女のシーソーゲーム ・ 題名だけ聞くと個人的には真っ先にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのバナナジャケの同名曲を連想してしまいますが(劇中でもそのくだり有)、今作は同名の戯曲が原作でその戯曲自体はマゾヒズムの語源にもなっているレオポルド・フォン・ザッヘル・マゾッホの小説『毛皮を着たヴィーナス』に基づいているそうです。 ・ 今作はポランスキー監督前作の『大人のけんか』同様に舞台原作のシチュエーションドラマで、出演者が4人→2人になってより会話劇の要素が強くなっており、舞台設定も文字通りステージ上なので観劇しているような錯覚にも陥る構造となっています。 ・ オーディションに遅刻してきた謎の女優ワンダ(そもそも女優なのかどうかも怪しい?)独自の解釈による演技に触発され演出家トマの芝居も次第に熱を帯びていきます。 ・ 物語が進むにつれ現実と虚構、本音と建前、主人と奴隷、演出家と女優など相反する関係性が曖昧になってきてどこまでがオーディションでどこまでが素なのか、延いては人間性の根本を揺るがすという仰天な展開にー。 ・ 終盤、混沌とした状況下でトマの今迄抑圧・隠蔽されていたものが一気に解放される様が映し出されます。そのトマの表情は何ともいえない恍惚感と幸福感に満たされていましたが、もしかしたら自分もその時同じ表情をしていたのかも?ハッと我に返り辺りを見渡す自分がいました…。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #ロマンポランスキー #エマニュエルセニエ  #マチューアマルリック  #LaVénusàlafourrure #venusinfur #RomanPolanski 
🎞
#フレンチアルプスで起きたこと
・
鑑賞日:2015.7.20
劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷
・
今年4月に公開された昨年のカンヌ映画祭パルムドール作品『ザ・スクエア 思いやりの聖域』。今作はそのリューベン・オストルンド監督・脚本による2014年の作品。
・
・
バカンス中のフレンチアルプスで夫がとった“期待ハズレな行動”とは…。
・
公開当時、梅雨明け後のうだるような猛暑の中、涼しい映画館でもっと涼しくなろうと題名だけで選んだこの作品。しかしながら涼しさを通り越して背筋が凍る思いをする羽目に…。
・
ストーリーはバカンス中に起こるある事故を切っ掛けとした夫婦喧嘩の一部始終という一見何だか他愛もないお話。でも本質はもっと深いところにありました。
・
この作品ではそのアクシデントに対して夫が取った行動が熟考した末の結果ではなく咄嗟の判断や決断についてを描いているので、その人個人の人間性というよりももっともっと奥深い本能や潜在意識について語られています。
・
パンフレットに掲載されている参考資料として海難事故に於ける生存率の男女比は圧倒的に女性の方が劣っているそうです。それが何を意味しているのかはこの映画を観ると理解出来る仕組みになっています。
・
ソフトな『ゴーン・ガール』…背筋がゾクゾクする感覚はそんなところから来ているのかもしれません。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット #リューベンオストルンド
#ForceMajeure #RubenÖstlund
🎞 #フレンチアルプスで起きたこと  ・ 鑑賞日:2015.7.20 劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷 ・ 今年4月に公開された昨年のカンヌ映画祭パルムドール作品『ザ・スクエア 思いやりの聖域』。今作はそのリューベン・オストルンド監督・脚本による2014年の作品。 ・ ・ バカンス中のフレンチアルプスで夫がとった“期待ハズレな行動”とは…。 ・ 公開当時、梅雨明け後のうだるような猛暑の中、涼しい映画館でもっと涼しくなろうと題名だけで選んだこの作品。しかしながら涼しさを通り越して背筋が凍る思いをする羽目に…。 ・ ストーリーはバカンス中に起こるある事故を切っ掛けとした夫婦喧嘩の一部始終という一見何だか他愛もないお話。でも本質はもっと深いところにありました。 ・ この作品ではそのアクシデントに対して夫が取った行動が熟考した末の結果ではなく咄嗟の判断や決断についてを描いているので、その人個人の人間性というよりももっともっと奥深い本能や潜在意識について語られています。 ・ パンフレットに掲載されている参考資料として海難事故に於ける生存率の男女比は圧倒的に女性の方が劣っているそうです。それが何を意味しているのかはこの映画を観ると理解出来る仕組みになっています。 ・ ソフトな『ゴーン・ガール』…背筋がゾクゾクする感覚はそんなところから来ているのかもしれません。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #リューベンオストルンド  #ForceMajeure  #RubenÖstlund 
🎞
6才のボクが、大人になるまで。

鑑賞日:2014.12.7
劇場:新宿武蔵野館

現在『30年後の同窓会』公開中のリチャード・リンクレイター監督の2014年度作品。
・
・
ある少年の6歳からの12年間を綴った成長記録ー。
・
…というと一見よくある青春映画やヒューマンドラマを想像しがちですが、今作の最大の特徴的な点はこの少年役の子供を実際に12年間に渡って撮影しているということ。更にいうと父母姉の家族も同じ演者なので、正にアメリカ版『北の国から』編集作品。
・
驚愕なのはこの企画自体が通って秘密裏に撮影されて実際に劇場公開されたこと。12年間の毎夏のある数日間役者を集めて撮影しそれを編集したそうで、若い演者達の成長過程で様々な要因でお蔵入りになる理由がいくらでもあったはずなのに正に奇跡の映画。(実際に長女サマンサ役のリチャード・リンクレイター監督の実娘は途中で飽きて嫌になり長女を亡くなった事にしてほしいと監督である父に嘆願したそうです… )
・
物語自体はありふれた日常を割と淡々と描いており起伏のないともすれば退屈な場面の連続な内容に思えたりします。
・
「映画みたいな◯◯」という言葉が巷には溢れていますが、実際の人生の中でそこまでドラマティックな場面や展開はそうそう訪れない事は私達誰もが知っている事実であり真実ー。
・
"人生"とは正にそういうもの…だからこそ日々の一瞬一瞬の大切さ大事さを痛切に感じさせる事を終盤に訪れる母の嘆きと若き主人公が恋人と交わす会話で我々に教えてくれています。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット
#6才のボクが大人になるまで #リチャードリンクレイター#イーサンホーク#パトリシアアークエット #Boyhood
🎞 6才のボクが、大人になるまで。 鑑賞日:2014.12.7 劇場:新宿武蔵野館 現在『30年後の同窓会』公開中のリチャード・リンクレイター監督の2014年度作品。 ・ ・ ある少年の6歳からの12年間を綴った成長記録ー。 ・ …というと一見よくある青春映画やヒューマンドラマを想像しがちですが、今作の最大の特徴的な点はこの少年役の子供を実際に12年間に渡って撮影しているということ。更にいうと父母姉の家族も同じ演者なので、正にアメリカ版『北の国から』編集作品。 ・ 驚愕なのはこの企画自体が通って秘密裏に撮影されて実際に劇場公開されたこと。12年間の毎夏のある数日間役者を集めて撮影しそれを編集したそうで、若い演者達の成長過程で様々な要因でお蔵入りになる理由がいくらでもあったはずなのに正に奇跡の映画。(実際に長女サマンサ役のリチャード・リンクレイター監督の実娘は途中で飽きて嫌になり長女を亡くなった事にしてほしいと監督である父に嘆願したそうです… ) ・ 物語自体はありふれた日常を割と淡々と描いており起伏のないともすれば退屈な場面の連続な内容に思えたりします。 ・ 「映画みたいな◯◯」という言葉が巷には溢れていますが、実際の人生の中でそこまでドラマティックな場面や展開はそうそう訪れない事は私達誰もが知っている事実であり真実ー。 ・ "人生"とは正にそういうもの…だからこそ日々の一瞬一瞬の大切さ大事さを痛切に感じさせる事を終盤に訪れる母の嘆きと若き主人公が恋人と交わす会話で我々に教えてくれています。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #6才のボクが大人になるまで  #リチャードリンクレイター #イーサンホーク #パトリシアアークエット  #Boyhood 
🎞
#百円の恋

鑑賞日:2015.1.18
劇場:テアトル新宿

現在公開中の『万引き家族』でも圧倒的存在感を誇る女優、安藤サクラ。彼女の魅力と役者魂が遺憾なく発揮された2014年の作品。

自堕落な毎日を送る主人公アラサー女子の一子。100円ショップで見つけた彼女の恋の行方は?

出てくる人出てくる人、揃いも揃って皆どうしようもないダメ人間ばかりなのが好感を持てました(笑)だがしかーし、バイト仲間のアイツだけは史上稀に見る非道さ&下衆さ&最低さ…出来れば一子にブッ飛ばして欲しかった!(怒)

説明的でありがちなクサい台詞や、過酷な特訓シーンのような感動の押し売り感がないところもまた好感度アップな重要ポイント。まぁ、元々そういったスポ根モノではないのですが…。かといって凡百のラブストーリーにも収まらないところがまた本作の魅力でもあります。

あんなに反目しあった妹も、一所懸命が嫌いと嘯くボクサーも、あんまり気乗りのしてなかったジムの会長も、みんな最後には彼女の鬼気迫るファイトに目が釘付けに…。 かく言う私自身もあの試合会場の観客の1人となって彼女の姿に胸が熱くなり声にならない声援を送っていたのは紛れもない事実ー。

人生には勝ち負けに関係無くやらねばならない避けては通れない相手とのそして自分との"闘い"がある事、そしてそれに立ち向かっていく勇気と希望を与えてくれる物語でした。
🎥
#映画 #邦画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット
#安藤サクラ #新井浩文
🎞 #百円の恋  鑑賞日:2015.1.18 劇場:テアトル新宿 現在公開中の『万引き家族』でも圧倒的存在感を誇る女優、安藤サクラ。彼女の魅力と役者魂が遺憾なく発揮された2014年の作品。 自堕落な毎日を送る主人公アラサー女子の一子。100円ショップで見つけた彼女の恋の行方は? 出てくる人出てくる人、揃いも揃って皆どうしようもないダメ人間ばかりなのが好感を持てました(笑)だがしかーし、バイト仲間のアイツだけは史上稀に見る非道さ&下衆さ&最低さ…出来れば一子にブッ飛ばして欲しかった!(怒) 説明的でありがちなクサい台詞や、過酷な特訓シーンのような感動の押し売り感がないところもまた好感度アップな重要ポイント。まぁ、元々そういったスポ根モノではないのですが…。かといって凡百のラブストーリーにも収まらないところがまた本作の魅力でもあります。 あんなに反目しあった妹も、一所懸命が嫌いと嘯くボクサーも、あんまり気乗りのしてなかったジムの会長も、みんな最後には彼女の鬼気迫るファイトに目が釘付けに…。 かく言う私自身もあの試合会場の観客の1人となって彼女の姿に胸が熱くなり声にならない声援を送っていたのは紛れもない事実ー。 人生には勝ち負けに関係無くやらねばならない避けては通れない相手とのそして自分との"闘い"がある事、そしてそれに立ち向かっていく勇気と希望を与えてくれる物語でした。 🎥 #映画  #邦画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #安藤サクラ  #新井浩文 
🎞
#ブルックリン
・
鑑賞日:2016.7.2
劇場:角川シネマ新宿
・
現在、主演映画『レディ・バード』公開中のシアーシャ・ローナンの前作。
・
2016年アカデミー各賞を賑わした2作品、『キャロル』と今作『ブルックリン』。奇しくも1950年代のニューヨークを舞台とした1人の少女のラブストーリーを絡めた成長物語として描かれているのが共通点。
・
両作品とも1950年代のニューヨークを鮮やかな色彩で描いており、今作では特に主人公エイリシュの故郷アイルランドのシンボルカラーでもある「緑」を美しく映し出しているのが印象的。エイリシュの衣裳を始め随所にその緑が瑞々しく散りばめられていて目に焼き付いて離れません。
・
ニューヨークのブルックリンに姉の懇意する神父を頼りに単身で移り住み、ホームシックに苛まれながらも日々の生活を営む1人の少女の姿を描いている今作。そんな生活にも徐々に変化が生じていきます。
・
少し残念だったのは、前半エイリシュのブルックリンでの成長振りや恋愛模様を非常に丁寧に描いていたにも関わらず、アイルランド帰郷後の彼女の心情の変化の描き方が少し雑に思えてしまったところ…。
・
冒頭とラスト、故郷アイルランドからニューヨークへ向かう船上でのやり取りがまた秀逸。1人の少女が大人への階段を上っていく様を見事な対比で表現していてその演出にはグッときてしまいました。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット#シアーシャローナン 
#brooklyn #saoirseronan
🎞 #ブルックリン  ・ 鑑賞日:2016.7.2 劇場:角川シネマ新宿 ・ 現在、主演映画『レディ・バード』公開中のシアーシャ・ローナンの前作。 ・ 2016年アカデミー各賞を賑わした2作品、『キャロル』と今作『ブルックリン』。奇しくも1950年代のニューヨークを舞台とした1人の少女のラブストーリーを絡めた成長物語として描かれているのが共通点。 ・ 両作品とも1950年代のニューヨークを鮮やかな色彩で描いており、今作では特に主人公エイリシュの故郷アイルランドのシンボルカラーでもある「緑」を美しく映し出しているのが印象的。エイリシュの衣裳を始め随所にその緑が瑞々しく散りばめられていて目に焼き付いて離れません。 ・ ニューヨークのブルックリンに姉の懇意する神父を頼りに単身で移り住み、ホームシックに苛まれながらも日々の生活を営む1人の少女の姿を描いている今作。そんな生活にも徐々に変化が生じていきます。 ・ 少し残念だったのは、前半エイリシュのブルックリンでの成長振りや恋愛模様を非常に丁寧に描いていたにも関わらず、アイルランド帰郷後の彼女の心情の変化の描き方が少し雑に思えてしまったところ…。 ・ 冒頭とラスト、故郷アイルランドからニューヨークへ向かう船上でのやり取りがまた秀逸。1人の少女が大人への階段を上っていく様を見事な対比で表現していてその演出にはグッときてしまいました。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット #シアーシャローナン  #brooklyn  #saoirseronan 
🎞
#ルーム
・
鑑賞日:2016.4.9
劇場:TOHOシネマズ府中
・
明日6/15より公開される『ワンダー 君は太陽』主演の天才子役、ジェイコブ・トレンブレイ君のデビュー作品。
・
・
冒頭から映し出されるのは、狭いアパートのような一室で母と子の間で交わされるありふれた日常の姿。
母は若いが化粧っ気もなく生活に疲れているような雰囲気。
子供は髪が長く一見すると女の子のようにも見えるがジャックという名前から男の子である事。
その息子の5歳の誕生日だというのにプレゼントはおろかケーキにはロウソクすら灯らない…。
不自然な暮らし振りの真相が徐々に明らかになると共に2人の置かれた状況に戦慄が走るー。
・
脚本としても参加しているエマ・ドナヒューの原作小説『部屋』も「内側」と「外側」の2部構成になっている事から、今作も前半と後半ではこの2人の親子の目の前に現れる世界が180度一変する様が描かれています。
・
息子ジャックにとってはテレビや空想でしか触れる事の出来なかった外の「世界」。母ジョイにとって7年間の空白で突きつけられた厳しい現実という「世界」。どちらも2人にとっては同じリアルな「世界」に他なりません。
・
"母と子の愛と絆の物語"
…扱っている題材が題材なだけに簡単にこう結論付けるのには抵抗を感じますが、静かな語り口や母と子の1つ1つのエピソード、周りの大人達の関係性など内心と現実社会の内側外側、表と裏の対比が見事で心を揺さぶられる傑作でした。
・
・
・
・
〈印象に残ったシーン〉
※ネタバレあります
・
「部屋」の中の無機物全てに挨拶をするジャックの孤独感
・
母と自分以外で初めて出会う生命への興味→しかしその直後、母が…。
・
ジャックが外の世界に初めて触れ、初めて目にする青空の色彩の鮮やかさ
・
病院の窓から見える眼下の光景に世界の広さと恐怖を実感する場面
・
新しい祖父レオのジャックへの心遣い、そして飼い犬の何とも言えない可愛さ
・
冒頭の「部屋」の無機物達に別れの挨拶を告げ本当の意味での再生に向け親子が手を取り合い歩いて行く後ろ姿のラストカット
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット
#ジェイコブトレンブレイ#ブリーラーソン#レニーエイブラハムソン
🎞 #ルーム  ・ 鑑賞日:2016.4.9 劇場:TOHOシネマズ府中 ・ 明日6/15より公開される『ワンダー 君は太陽』主演の天才子役、ジェイコブ・トレンブレイ君のデビュー作品。 ・ ・ 冒頭から映し出されるのは、狭いアパートのような一室で母と子の間で交わされるありふれた日常の姿。 母は若いが化粧っ気もなく生活に疲れているような雰囲気。 子供は髪が長く一見すると女の子のようにも見えるがジャックという名前から男の子である事。 その息子の5歳の誕生日だというのにプレゼントはおろかケーキにはロウソクすら灯らない…。 不自然な暮らし振りの真相が徐々に明らかになると共に2人の置かれた状況に戦慄が走るー。 ・ 脚本としても参加しているエマ・ドナヒューの原作小説『部屋』も「内側」と「外側」の2部構成になっている事から、今作も前半と後半ではこの2人の親子の目の前に現れる世界が180度一変する様が描かれています。 ・ 息子ジャックにとってはテレビや空想でしか触れる事の出来なかった外の「世界」。母ジョイにとって7年間の空白で突きつけられた厳しい現実という「世界」。どちらも2人にとっては同じリアルな「世界」に他なりません。 ・ "母と子の愛と絆の物語" …扱っている題材が題材なだけに簡単にこう結論付けるのには抵抗を感じますが、静かな語り口や母と子の1つ1つのエピソード、周りの大人達の関係性など内心と現実社会の内側外側、表と裏の対比が見事で心を揺さぶられる傑作でした。 ・ ・ ・ ・ 〈印象に残ったシーン〉 ※ネタバレあります ・ 「部屋」の中の無機物全てに挨拶をするジャックの孤独感 ・ 母と自分以外で初めて出会う生命への興味→しかしその直後、母が…。 ・ ジャックが外の世界に初めて触れ、初めて目にする青空の色彩の鮮やかさ ・ 病院の窓から見える眼下の光景に世界の広さと恐怖を実感する場面 ・ 新しい祖父レオのジャックへの心遣い、そして飼い犬の何とも言えない可愛さ ・ 冒頭の「部屋」の無機物達に別れの挨拶を告げ本当の意味での再生に向け親子が手を取り合い歩いて行く後ろ姿のラストカット 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #ジェイコブトレンブレイ #ブリーラーソン #レニーエイブラハムソン 
🎞
黄金のアデーレ 名画の帰還
・
鑑賞日:2015.12.5
劇場:109シネマズ二子玉川
・
最新作『デッドプール2』では役柄同様やりたい放題のライアン・レイノルズ。今作では有能な弁護士役というそのギャップの激しさたるや…。
・
・
老女と若き弁護士、それぞれの「正義」と「誇り」ー。
・
ヘレン・ミレン演じる主人公マリア・アルトマンにとっての「正義」とは、第二次大戦中ナチスにより強奪された自身の伯母の肖像画であるクリムトの名画"黄金のアデーレ"を自分のもとへ取り戻すことー。
・
それは彼女にとって生きる為に親を捨て祖国も捨てた自身の過去の清算、決着という意味合いが強いもの。(ドイツ占領下とはいえオーストリア国民自身がナチスに加担してユダヤ人迫害を推し進めたことに対する断罪の意味も)
・
彼女に雇われた弁護士のランディにとっての「正義」とは弁護士としての当然の職務=雇い主の命に応じて迅速に物事を解決すること。当初はその絵画の莫大な評価額からお金や名声目的だった彼もマリアと共に訪れたウィーンで彼女だけでなく彼自身の親族の過去に触れることで、彼女の過去の決着自体が他人事ではなく自分達やその子供達のこれからの未来へと繋がることに気付かされ彼女以上にこの「正義」に対する闘いにのめり込んでいくことにー。
・
そんな2人にとっての「誇り」とはルーツがオーストリア人であるということ。何度も裏切られ失望するも祖国とはかけがえの無い存在。また劇中、ウィーンで出会うオーストリア人新聞記者は親ナチス派だった父に対して真摯に向き合い、彼女らとはまた違ったオーストリア人としての「誇り」を胸に2人に協力する姿にも心打たれます。
・
「正義」とは何かー。
いつの時代もこの命題に対する的確で明確な答えは見つかりません…。今もなお、お互いの「正義」の名の下で争い事が起こる事は国家間でも人間関係でも同じこと。それはどちらの「正義」もどちら側にとっても等しく正しいから…。
・
間違えや誤りをきちんと認めることー。
月並みで単純な考えなのは承知の上で敢えて言うならば、ほんの些細なそういった理解をお互いが深めることが争い事の解決の近道であることだと今作を観て感じました。(しかし、それがそう上手くいかないのが現実…)
・
戦後70余年を経た現在、歴史に埋もれかけていた真実を知ることの意義深さと、それを後世にも語り継いでいくことの大切さを教えてくれる素晴らしい作品でした。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット
#黄金のアデーレ名画の帰還#ヘレンミレン#ライアンレイノルズ
🎞 黄金のアデーレ 名画の帰還 ・ 鑑賞日:2015.12.5 劇場:109シネマズ二子玉川 ・ 最新作『デッドプール2』では役柄同様やりたい放題のライアン・レイノルズ。今作では有能な弁護士役というそのギャップの激しさたるや…。 ・ ・ 老女と若き弁護士、それぞれの「正義」と「誇り」ー。 ・ ヘレン・ミレン演じる主人公マリア・アルトマンにとっての「正義」とは、第二次大戦中ナチスにより強奪された自身の伯母の肖像画であるクリムトの名画"黄金のアデーレ"を自分のもとへ取り戻すことー。 ・ それは彼女にとって生きる為に親を捨て祖国も捨てた自身の過去の清算、決着という意味合いが強いもの。(ドイツ占領下とはいえオーストリア国民自身がナチスに加担してユダヤ人迫害を推し進めたことに対する断罪の意味も) ・ 彼女に雇われた弁護士のランディにとっての「正義」とは弁護士としての当然の職務=雇い主の命に応じて迅速に物事を解決すること。当初はその絵画の莫大な評価額からお金や名声目的だった彼もマリアと共に訪れたウィーンで彼女だけでなく彼自身の親族の過去に触れることで、彼女の過去の決着自体が他人事ではなく自分達やその子供達のこれからの未来へと繋がることに気付かされ彼女以上にこの「正義」に対する闘いにのめり込んでいくことにー。 ・ そんな2人にとっての「誇り」とはルーツがオーストリア人であるということ。何度も裏切られ失望するも祖国とはかけがえの無い存在。また劇中、ウィーンで出会うオーストリア人新聞記者は親ナチス派だった父に対して真摯に向き合い、彼女らとはまた違ったオーストリア人としての「誇り」を胸に2人に協力する姿にも心打たれます。 ・ 「正義」とは何かー。 いつの時代もこの命題に対する的確で明確な答えは見つかりません…。今もなお、お互いの「正義」の名の下で争い事が起こる事は国家間でも人間関係でも同じこと。それはどちらの「正義」もどちら側にとっても等しく正しいから…。 ・ 間違えや誤りをきちんと認めることー。 月並みで単純な考えなのは承知の上で敢えて言うならば、ほんの些細なそういった理解をお互いが深めることが争い事の解決の近道であることだと今作を観て感じました。(しかし、それがそう上手くいかないのが現実…) ・ 戦後70余年を経た現在、歴史に埋もれかけていた真実を知ることの意義深さと、それを後世にも語り継いでいくことの大切さを教えてくれる素晴らしい作品でした。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #黄金のアデーレ名画の帰還 #ヘレンミレン #ライアンレイノルズ 
🎞
#オデッセイ
・
鑑賞日:2016.2.6
劇場:109シネマズ二子玉川
・
宇宙では、あなたの愚痴は誰にも聞こえないー。
・
・
不慮の事故により火星に1人取り残された宇宙飛行士が己れの知恵と行動力、そしてユーモアでサヴァイブする物語ー。
・
『エイリアン』『ブレードランナー』『プロメテウス』から4作目のSF作品を監督したのは現在『ゲティ家の身代金』公開中の巨匠リドリー・スコット。
・
元々は脚本のドリュー・ゴダードが監督をする予定で進行していた企画をリドリー監督が引き継ぐ形になった為なのか、今までの彼のSF作品の作風とはまた一味違った爽快感溢れる明るい印象なのが特徴的です。
・
原題は「火星の人」。主人公マークが植物学者という点で、独力で火星をテラフォーミングして文字通り「火星人」になり地球人を迎え入れる課程を描く内容かと勝手に思い込んでいましたが、良い意味でその自分の温い想像を裏切って貰えました。
・
未知の世界、しかもたった独りでそんなにトントン拍子に事が上手く運ぶ訳もなく、様々なアクシデントに見舞われながらその難局に立ち向かうマークの孤軍奮闘振りに自然と力が入り拳を握り心の中で彼に声援を送っていた自分がそこにはいました…。
・
使い古された表現ではありますが、今作は正に人生の縮図を描いたような作品ー。舞台は壮大で広大な宇宙空間ではあるけれど、目の前で起こる様々な困難や課題(時には大人の事情)に対して己れの培ってきた知識や経験を礎に冷静な判断力や大胆な行動力、我慢・忍耐といった不屈の精神力、前向きなユーモア感覚+イカしたディスコミュージック(笑)で乗り越えていくマークの勇姿には感情移入という域を優に超えてしまいました。
・
そして一番忘れてはいけないのは、行く先が見えない孤独の闘いにも陰で支えてくれる人々、仲間達が自分の想像以上に周りには大勢いるという事ー。上げ膳据え膳の恵まれた環境に胡座をかき甘えた気持ちの普段の自分に強烈に往復ビンタを食らわせ喝を入れさせてくれたのは言うまでもありません。
・
劇中流れるディスコミュージックはルイス船長の趣味とはいえ何とかして日々ポジティブに生きようとするマークの脳内音楽の役割を果たしていましたが、唯一デビッド・ボウイの"スターマン"だけは趣きが異なり、物語全体を見据えたテーマ曲のようにも聴こえ自然と胸が熱くなりました。(日本公開の1ヶ月前に彼が亡くなってしまった事も起因しています)
・
そして…、
弟トニーの死から3年(公開当時)、兄リドリーがこんなにも「生」に向き合い「生」の歓びを謳い上げる作品を創り上げた事に万感の思いが込み上げました。
🎥
#映画 #洋画 #映画鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画パンフレット
#リドリースコット#マットデイモン #ジェシカチャステイン
🎞 #オデッセイ  ・ 鑑賞日:2016.2.6 劇場:109シネマズ二子玉川 ・ 宇宙では、あなたの愚痴は誰にも聞こえないー。 ・ ・ 不慮の事故により火星に1人取り残された宇宙飛行士が己れの知恵と行動力、そしてユーモアでサヴァイブする物語ー。 ・ 『エイリアン』『ブレードランナー』『プロメテウス』から4作目のSF作品を監督したのは現在『ゲティ家の身代金』公開中の巨匠リドリー・スコット。 ・ 元々は脚本のドリュー・ゴダードが監督をする予定で進行していた企画をリドリー監督が引き継ぐ形になった為なのか、今までの彼のSF作品の作風とはまた一味違った爽快感溢れる明るい印象なのが特徴的です。 ・ 原題は「火星の人」。主人公マークが植物学者という点で、独力で火星をテラフォーミングして文字通り「火星人」になり地球人を迎え入れる課程を描く内容かと勝手に思い込んでいましたが、良い意味でその自分の温い想像を裏切って貰えました。 ・ 未知の世界、しかもたった独りでそんなにトントン拍子に事が上手く運ぶ訳もなく、様々なアクシデントに見舞われながらその難局に立ち向かうマークの孤軍奮闘振りに自然と力が入り拳を握り心の中で彼に声援を送っていた自分がそこにはいました…。 ・ 使い古された表現ではありますが、今作は正に人生の縮図を描いたような作品ー。舞台は壮大で広大な宇宙空間ではあるけれど、目の前で起こる様々な困難や課題(時には大人の事情)に対して己れの培ってきた知識や経験を礎に冷静な判断力や大胆な行動力、我慢・忍耐といった不屈の精神力、前向きなユーモア感覚+イカしたディスコミュージック(笑)で乗り越えていくマークの勇姿には感情移入という域を優に超えてしまいました。 ・ そして一番忘れてはいけないのは、行く先が見えない孤独の闘いにも陰で支えてくれる人々、仲間達が自分の想像以上に周りには大勢いるという事ー。上げ膳据え膳の恵まれた環境に胡座をかき甘えた気持ちの普段の自分に強烈に往復ビンタを食らわせ喝を入れさせてくれたのは言うまでもありません。 ・ 劇中流れるディスコミュージックはルイス船長の趣味とはいえ何とかして日々ポジティブに生きようとするマークの脳内音楽の役割を果たしていましたが、唯一デビッド・ボウイの"スターマン"だけは趣きが異なり、物語全体を見据えたテーマ曲のようにも聴こえ自然と胸が熱くなりました。(日本公開の1ヶ月前に彼が亡くなってしまった事も起因しています) ・ そして…、 弟トニーの死から3年(公開当時)、兄リドリーがこんなにも「生」に向き合い「生」の歓びを謳い上げる作品を創り上げた事に万感の思いが込み上げました。 🎥 #映画  #洋画  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #リドリースコット #マットデイモン  #ジェシカチャステイン 
💰👂💸
#ゲティ家の身代金
・
鑑賞日:2018.6.2
・
世界初の億万長者、ジャン・ポール・ゲティ。彼が心から愛したのはお金?美術品?それとも??
・
・
自分が幼少期の頃、ここ日本でも身代金目的の誘拐が頻発していて、その中でも最も世間を騒がせ記憶に深く刻まれているのはグリコ・森永事件です。(結局迷宮入りしてしまいましたが)
・
最近あまりこうした誘拐事件を聞かないのは、やはり監視カメラやネットの普及に依るものなのでしょうか…。金銭を奪取する手段はリスクの低い所謂オレオレ詐欺などにシフトしていますが、卑劣な犯罪行為である事には変わりありません。
・
現在の世界情勢では政治的な国家規模の誘拐事件が多発しています。しかし相手の要求を呑む事は更なる要求を生む温床になる為に相手との交渉は一切行わないのが通例となっています。
・
こうした強硬な姿勢はまさしく今作で大富豪ゲティが取った行動である為、ただのケチな守銭奴とは一線を画していたといえますし、時代を先取る先見の明を持っていた事にもなります。
・
とはいえ、自分の息子を奪われた母親からしてみれば、どんな手段や方法を使ってでも取り戻すのが親としての真っ当な姿。
・
交渉相手が外だけでなく内にもいる形成不利な厳しい孤独の戦いを強いられ、本当なら感情的に取り乱しこの救出作戦の足を引っ張りかねない状況なのに母ゲイルは至って冷静沈着。
・
敏腕ビジネスマン顔負けの相手の信念やプライドを逆手に取った駆け引きや交渉術は見事でしたし、この母親役のミシェル・ウィリアムズの静かな熱演が光っていました。
・
因みにパンフ掲載の後日談によると、息子ポールはこの事件後トラウマによりアルコール依存症に陥り、ここでも母ゲイルの献身的で手厚い看病を受けたとの事…。
・
リドリー監督作品に頻繁に登場する美しく強く気高い女性は今作でも健在でした。
🎥
#リドリースコット 
#ミシェルウィリアムズ 
#マークウォールバーグ 
#クリストファープラマー 
#2018年劇場で観た映画#映画鑑賞#映画パンフレット#映画好きな人と繋がりたい#映画鑑賞
#movie#allthemoneyintheworld#ridleyscott#michellewilliams#markwahlberg#christopherplummer
💰👂💸 #ゲティ家の身代金  ・ 鑑賞日:2018.6.2 ・ 世界初の億万長者、ジャン・ポール・ゲティ。彼が心から愛したのはお金?美術品?それとも?? ・ ・ 自分が幼少期の頃、ここ日本でも身代金目的の誘拐が頻発していて、その中でも最も世間を騒がせ記憶に深く刻まれているのはグリコ・森永事件です。(結局迷宮入りしてしまいましたが) ・ 最近あまりこうした誘拐事件を聞かないのは、やはり監視カメラやネットの普及に依るものなのでしょうか…。金銭を奪取する手段はリスクの低い所謂オレオレ詐欺などにシフトしていますが、卑劣な犯罪行為である事には変わりありません。 ・ 現在の世界情勢では政治的な国家規模の誘拐事件が多発しています。しかし相手の要求を呑む事は更なる要求を生む温床になる為に相手との交渉は一切行わないのが通例となっています。 ・ こうした強硬な姿勢はまさしく今作で大富豪ゲティが取った行動である為、ただのケチな守銭奴とは一線を画していたといえますし、時代を先取る先見の明を持っていた事にもなります。 ・ とはいえ、自分の息子を奪われた母親からしてみれば、どんな手段や方法を使ってでも取り戻すのが親としての真っ当な姿。 ・ 交渉相手が外だけでなく内にもいる形成不利な厳しい孤独の戦いを強いられ、本当なら感情的に取り乱しこの救出作戦の足を引っ張りかねない状況なのに母ゲイルは至って冷静沈着。 ・ 敏腕ビジネスマン顔負けの相手の信念やプライドを逆手に取った駆け引きや交渉術は見事でしたし、この母親役のミシェル・ウィリアムズの静かな熱演が光っていました。 ・ 因みにパンフ掲載の後日談によると、息子ポールはこの事件後トラウマによりアルコール依存症に陥り、ここでも母ゲイルの献身的で手厚い看病を受けたとの事…。 ・ リドリー監督作品に頻繁に登場する美しく強く気高い女性は今作でも健在でした。 🎥 #リドリースコット  #ミシェルウィリアムズ  #マークウォールバーグ  #クリストファープラマー  #2018年劇場で観た映画 #映画鑑賞 #映画パンフレット #映画好きな人と繋がりたい #映画鑑賞  #movie #allthemoneyintheworld #ridleyscott #michellewilliams #markwahlberg #christopherplummer 
🐦🏫
レディ・バード
・
鑑賞日:2018.6.2
・
自らを"レディ・バード"と名乗る多感な17歳少女クリスティン。彼女が小さな巣の中から広い大空に飛び立つ瞬間を捉えた作品ー。
・
17歳だった頃の自分に戻らせてくれるお話…といっても自分自身は主人公に感情移入するのではなく、あくまでも客観的な目線・俯瞰視点ー。というのも自分には2つ年上の姉という存在が…。
・
その当時、この母娘同様にほんのちょっとしたことで怒鳴り合い罵り合いが日常茶飯事、しかしその僅か数分後には何事もなかったかのように普通に笑顔で会話…。
・
「似た者同士、同性同士故の反発心と共感の表裏一体が成せる業なのか」…と男の自分には理解の範疇を超えている事、この母と娘の関係性は決して立ち入れない異次元空間である事をその時実感しました。
・
また同じく単身海外へ留学するという出来事もあったので、きっと母も姉をあのように先行きを案じて想いを寄せていたのかと母の心情に共鳴して心を打たれました。
・
…と個人的な内輪話に終始してしまいましたが、確かに自分があの頃に抱いていた複雑な感情を思い起こしましたし、今作を誰に1番観てもらいたいかと問われれば間違いなく姉である事を確信した作品でありました。
・
・
自伝的作品とも言える今作を監督した女優のグレタ・ガーウィグ。共同脚本を手掛け主演も果たした『フランシス・ハ』は未見なので観てみたいですし、作家・役者としての今後の活躍にも目が離せなくなりました。
・
主演のシアーシャ・ローナンに出会ったのは2009年の『ラブリー・ボーン』から。前作『ブルックリン』でも同じく大人の階段を登る少女役を好演し、今作を含めこれまでも何度かのアカデミー賞ノミネートの実績も伊達ではありません。オスカーの栄冠を手中に収めるのは最早時間の問題でしょう。
🎥
#レディバード 
#シアーシャローナン 
#グレタガーウィグ 
#ルーカスへッジズ 
#ティモシーシャラメ 
#2018年劇場で観た映画#映画鑑賞#映画パンフレット#映画好きな人と繋がりたい#洋画好きな人と繋がりたい 
#movie#ladybird#saoirseronan#gretagerwig#lucashedges#timotheechalamet
🐦🏫 レディ・バード ・ 鑑賞日:2018.6.2 ・ 自らを"レディ・バード"と名乗る多感な17歳少女クリスティン。彼女が小さな巣の中から広い大空に飛び立つ瞬間を捉えた作品ー。 ・ 17歳だった頃の自分に戻らせてくれるお話…といっても自分自身は主人公に感情移入するのではなく、あくまでも客観的な目線・俯瞰視点ー。というのも自分には2つ年上の姉という存在が…。 ・ その当時、この母娘同様にほんのちょっとしたことで怒鳴り合い罵り合いが日常茶飯事、しかしその僅か数分後には何事もなかったかのように普通に笑顔で会話…。 ・ 「似た者同士、同性同士故の反発心と共感の表裏一体が成せる業なのか」…と男の自分には理解の範疇を超えている事、この母と娘の関係性は決して立ち入れない異次元空間である事をその時実感しました。 ・ また同じく単身海外へ留学するという出来事もあったので、きっと母も姉をあのように先行きを案じて想いを寄せていたのかと母の心情に共鳴して心を打たれました。 ・ …と個人的な内輪話に終始してしまいましたが、確かに自分があの頃に抱いていた複雑な感情を思い起こしましたし、今作を誰に1番観てもらいたいかと問われれば間違いなく姉である事を確信した作品でありました。 ・ ・ 自伝的作品とも言える今作を監督した女優のグレタ・ガーウィグ。共同脚本を手掛け主演も果たした『フランシス・ハ』は未見なので観てみたいですし、作家・役者としての今後の活躍にも目が離せなくなりました。 ・ 主演のシアーシャ・ローナンに出会ったのは2009年の『ラブリー・ボーン』から。前作『ブルックリン』でも同じく大人の階段を登る少女役を好演し、今作を含めこれまでも何度かのアカデミー賞ノミネートの実績も伊達ではありません。オスカーの栄冠を手中に収めるのは最早時間の問題でしょう。 🎥 #レディバード  #シアーシャローナン  #グレタガーウィグ  #ルーカスへッジズ  #ティモシーシャラメ  #2018年劇場で観た映画 #映画鑑賞 #映画パンフレット #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい  #movie #ladybird #saoirseronan #gretagerwig #lucashedges #timotheechalamet 
🎬🔫
#デッドプール2
・
鑑賞日:2018.5.31
・
前作はまさかの純愛ストーリー(⁉︎)、果たして今作は???
・
※ネタバレが多少あります。
・
・
・

MCUを早々に途中脱落し、全世界的な『アベンジャーズ』祭りにも一切乗れなかった自分にとって『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と今作『デッドプール』はMARVEL作品で唯一追い続けている2作品。
・
両作品ともストーリー、音楽、アクションそして笑いの全てに秀でた痛快エンターテインメント作品なのが食らい付けていけてる理由になっています。
・
そしてまた今年に入り人気作品の続編の第2弾が続々と公開されています。『キングスマン』『パシフィック・リム』そして今作ー。
・
その続編全作品を観ていれば分かるのですが、物語前半に主人公にある苦難と試練が立ちはだかるというストーリー上最重要な展開がどの作品にも用意されています。(トレンドなのでしょうか?)
・
前述2作はその出来事が本筋との関連性が薄い上にあまり必然性を感じられず、場合によっては作品自体の評価を根本から揺るがしてしまう鬱展開にも個人的には思えました…。
・
しかし予告編でもデッドプール本人が我々に語りかけている通り今作は"ファミリー映画"。主人公デッドプールの行動原理が所謂「正義」という大義名分ではなく個人的な恨みや復讐心から来ているある意味アンチヒーロー的な立場だった前作から、今回のそういった意味のある苦難や試練を乗り越えることで一皮向けオトナに成長しまた新たな"愛"に目覚めるデッドプールを今作では確かめることができます。
・
とはいえ、行動や言動は前作とはちっとも変わらず、逆に更にパワーアップ・ヒートアップしたお下品さとお下劣さ(笑)
・
ピーター・ガブリエル、a-ha、パット・ベネター…今作も自分の好きな80年代ロックが要所々々で鳴り響き気分を盛り上げてくれましたし、エンタメ小ネタ・カメオ出演・最後の大オチ…笑いどころもキレイに決めてくれました。
🎥
#デッドプール
#2018年劇場で観た映画#映画鑑賞 
#映画パンフレット 
#映画好きな人と繋がりたい 
#洋画好きな人と繋がりたい 
#ライアンレイノルズ 
#ジョシュブローリン 
#movie 
#deadpool2 
#ryanreynolds 
#joshbrolin
🎬🔫 #デッドプール2  ・ 鑑賞日:2018.5.31 ・ 前作はまさかの純愛ストーリー(⁉︎)、果たして今作は??? ・ ※ネタバレが多少あります。 ・ ・ ・ MCUを早々に途中脱落し、全世界的な『アベンジャーズ』祭りにも一切乗れなかった自分にとって『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と今作『デッドプール』はMARVEL作品で唯一追い続けている2作品。 ・ 両作品ともストーリー、音楽、アクションそして笑いの全てに秀でた痛快エンターテインメント作品なのが食らい付けていけてる理由になっています。 ・ そしてまた今年に入り人気作品の続編の第2弾が続々と公開されています。『キングスマン』『パシフィック・リム』そして今作ー。 ・ その続編全作品を観ていれば分かるのですが、物語前半に主人公にある苦難と試練が立ちはだかるというストーリー上最重要な展開がどの作品にも用意されています。(トレンドなのでしょうか?) ・ 前述2作はその出来事が本筋との関連性が薄い上にあまり必然性を感じられず、場合によっては作品自体の評価を根本から揺るがしてしまう鬱展開にも個人的には思えました…。 ・ しかし予告編でもデッドプール本人が我々に語りかけている通り今作は"ファミリー映画"。主人公デッドプールの行動原理が所謂「正義」という大義名分ではなく個人的な恨みや復讐心から来ているある意味アンチヒーロー的な立場だった前作から、今回のそういった意味のある苦難や試練を乗り越えることで一皮向けオトナに成長しまた新たな"愛"に目覚めるデッドプールを今作では確かめることができます。 ・ とはいえ、行動や言動は前作とはちっとも変わらず、逆に更にパワーアップ・ヒートアップしたお下品さとお下劣さ(笑) ・ ピーター・ガブリエル、a-ha、パット・ベネター…今作も自分の好きな80年代ロックが要所々々で鳴り響き気分を盛り上げてくれましたし、エンタメ小ネタ・カメオ出演・最後の大オチ…笑いどころもキレイに決めてくれました。 🎥 #デッドプール  #2018年劇場で観た映画 #映画鑑賞  #映画パンフレット  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #ライアンレイノルズ  #ジョシュブローリン  #movie  #deadpool2  #ryanreynolds  #joshbrolin 
🎬🍄👗
ファントム・スレッド
・
鑑賞日:2018.5.27
・
完璧主義者のオートクチュールデザイナー、レイノルズ。彼が見えない糸で縫い合わせていたものとは…?
・
『シェイプ・オブ・ウォーター』、『君の名前で僕を呼んで』…ここ最近、多種多様な型にはまらないラブストーリーが次々公開され自分自身"愛"の本質を再考する良い機会を得られました。
・
今作もそういった類の範疇に入る作品かとは思いますが、想像以上に斜め上より遥か彼方、「こんな"愛"のカタチもアリなのか?」「そもそもこれは"愛"と定義できるものなのか?」と前述の2作を軽々と吹き飛ばすほどの衝撃…鑑賞直後は頭はクラクラ眼はグルグル状態でした(汗)
・
本年度アカデミー賞衣装デザイン賞も納得の煌びやかで優雅なドレスの数々、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが奏でる厳かな劇伴など五感を最高に刺激する世界観は過剰なほどに崇高でいて華麗で優美ー。
・
しかし物語の内容は…前半はちょっと歪なシンデレラストーリー、中盤の車中での会話「私が運転するわ」というアルマの一言を合図として転がり始める後半は男女2人の関係性が混沌化するブラックラブコメディ(?)
・
美しさと狂気が渦巻きながら同居するという世にも恐ろしくて耽美な恋愛物語をポール・トーマス・アンダーソン監督は我々の目の前に提示してくれました。
・
・
追記:この2.3日、独特の美意識と拘りを持つ2人のアンダーソン氏に脱帽です。
🎥
#ファントムスレッド #映画鑑賞 
#映画好きな人と繋がりたい 
#洋画好きな人と繋がりたい 
#映画パンフレット #2018年劇場で観た映画
#ポールトーマスアンダーソン 
#ダニエルデイルイス 
#ヴィッキークリープス 
#movie 
#phantomthread 
#paulthomasanderson 
#danieldaylewis 
#vickykrieps
🎬🍄👗 ファントム・スレッド ・ 鑑賞日:2018.5.27 ・ 完璧主義者のオートクチュールデザイナー、レイノルズ。彼が見えない糸で縫い合わせていたものとは…? ・ 『シェイプ・オブ・ウォーター』、『君の名前で僕を呼んで』…ここ最近、多種多様な型にはまらないラブストーリーが次々公開され自分自身"愛"の本質を再考する良い機会を得られました。 ・ 今作もそういった類の範疇に入る作品かとは思いますが、想像以上に斜め上より遥か彼方、「こんな"愛"のカタチもアリなのか?」「そもそもこれは"愛"と定義できるものなのか?」と前述の2作を軽々と吹き飛ばすほどの衝撃…鑑賞直後は頭はクラクラ眼はグルグル状態でした(汗) ・ 本年度アカデミー賞衣装デザイン賞も納得の煌びやかで優雅なドレスの数々、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが奏でる厳かな劇伴など五感を最高に刺激する世界観は過剰なほどに崇高でいて華麗で優美ー。 ・ しかし物語の内容は…前半はちょっと歪なシンデレラストーリー、中盤の車中での会話「私が運転するわ」というアルマの一言を合図として転がり始める後半は男女2人の関係性が混沌化するブラックラブコメディ(?) ・ 美しさと狂気が渦巻きながら同居するという世にも恐ろしくて耽美な恋愛物語をポール・トーマス・アンダーソン監督は我々の目の前に提示してくれました。 ・ ・ 追記:この2.3日、独特の美意識と拘りを持つ2人のアンダーソン氏に脱帽です。 🎥 #ファントムスレッド  #映画鑑賞  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #映画パンフレット  #2018年劇場で観た映画  #ポールトーマスアンダーソン  #ダニエルデイルイス  #ヴィッキークリープス  #movie  #phantomthread  #paulthomasanderson  #danieldaylewis  #vickykrieps 
🎬 🐩 🐕🐶🗾
#犬ヶ島
・
鑑賞日:2018.5.25
・
"今"から20年後の日本。ドッグ病の蔓延で全犬類は犬ヶ島に隔離される。12歳の少年アタリは愛犬スポッツを救う為、単身その島へ降り立つー。
・
奇才ウェス・アンダーソン監督の新作が『ファンタスティック Mr.FOX』以来のストップ・モーションアニメでしかも舞台が日本だと聞いた時は果たしてどんな作品になるのやら⁉︎という大きな期待と若干の不安が頭をよぎりました。
・
犬・猫両方を飼っていた経験のある者としてはそれぞれお互いの良さがあるのでどちら派とは一概には言えませんが、喜怒哀楽の表現の豊かさからどうしても愛着が湧く度合いは犬の方が軍配は上でした。(あくまで個人的見解です)
・
とはいえ言葉が通じない分、果たして彼等が何を考え何を訴えかけているのかは永遠の謎であり、こちら側の勝手な判断と思い込みで接していたのは事実です。
・
だからこそこうした動物達の立場から人間の愚かさや傲慢さを浮き彫りにする作品は観ていて痛快な分、グサグサと胸に突き刺さる事が多々あります。(『ドクター・ドリトル』は笑わせてくれましたが)
・
・
また今年に入り立て続けにここ日本を舞台・題材にした作品が公開されていますが、どの作品も日本の文化を尊重し誠実に描かれている点が共通しています。
・
『レディ・プレイヤー1』でも感じましたが、我々が慣れ親しんできた日本独自の文化が海外のアーティストによって別角度の視点だったり、延いてはこちらが触れる機会のなかった事を知るきっかけを与えてくれたりしています。
・
たとえ言葉は通じなくてもお互いを尊重し信用する事で信頼関係を築きお互いを理解し高めていく事ができる…人同士や動物に対してなど関係なく、心と心の繋がりの大切さを教えられた作品でした。
・
追記:7ネット限定フィギュア付きムビチケ&望月ミネタロウ画のコミカライズ掲載の週刊モーニングも購入しました🐶
🎥
#映画鑑賞 #2018年劇場で観た映画
#映画パンフレット 
#映画好きな人と繋がりたい 
#洋画好きな人と繋がりたい 
#foxサーチライト
#ウェスアンダーソン 
#movie 
#wesanderson 
#isleofdogs
🎬 🐩 🐕🐶🗾 #犬ヶ島  ・ 鑑賞日:2018.5.25 ・ "今"から20年後の日本。ドッグ病の蔓延で全犬類は犬ヶ島に隔離される。12歳の少年アタリは愛犬スポッツを救う為、単身その島へ降り立つー。 ・ 奇才ウェス・アンダーソン監督の新作が『ファンタスティック Mr.FOX』以来のストップ・モーションアニメでしかも舞台が日本だと聞いた時は果たしてどんな作品になるのやら⁉︎という大きな期待と若干の不安が頭をよぎりました。 ・ 犬・猫両方を飼っていた経験のある者としてはそれぞれお互いの良さがあるのでどちら派とは一概には言えませんが、喜怒哀楽の表現の豊かさからどうしても愛着が湧く度合いは犬の方が軍配は上でした。(あくまで個人的見解です) ・ とはいえ言葉が通じない分、果たして彼等が何を考え何を訴えかけているのかは永遠の謎であり、こちら側の勝手な判断と思い込みで接していたのは事実です。 ・ だからこそこうした動物達の立場から人間の愚かさや傲慢さを浮き彫りにする作品は観ていて痛快な分、グサグサと胸に突き刺さる事が多々あります。(『ドクター・ドリトル』は笑わせてくれましたが) ・ ・ また今年に入り立て続けにここ日本を舞台・題材にした作品が公開されていますが、どの作品も日本の文化を尊重し誠実に描かれている点が共通しています。 ・ 『レディ・プレイヤー1』でも感じましたが、我々が慣れ親しんできた日本独自の文化が海外のアーティストによって別角度の視点だったり、延いてはこちらが触れる機会のなかった事を知るきっかけを与えてくれたりしています。 ・ たとえ言葉は通じなくてもお互いを尊重し信用する事で信頼関係を築きお互いを理解し高めていく事ができる…人同士や動物に対してなど関係なく、心と心の繋がりの大切さを教えられた作品でした。 ・ 追記:7ネット限定フィギュア付きムビチケ&望月ミネタロウ画のコミカライズ掲載の週刊モーニングも購入しました🐶 🎥 #映画鑑賞  #2018年劇場で観た映画  #映画パンフレット  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #foxサーチライト  #ウェスアンダーソン  #movie  #wesanderson  #isleofdogs 
🎬🍦🌈🎆🛒
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
・
鑑賞日:2018.5.20
・
フロリダ州のある安モーテルで暮らす母娘、ヘイリーとムーニー。2人にとっての"夢の国"とは"魔法のお城"だったー。
・
フロリダの澄みきった青空や目も眩むような鮮やかな色彩の風景、それとは対照的な暗雲漂う貧困層の暮らしぶり、守護者としての大人の存在…昨年アカデミー作品賞受賞の『ムーンライト』が脳裏に浮かびました。
・
近くて遠い「夢の国」に行かずとも、腕白盛りな子供達にとって目の前に広がる日常こそがテーマパークでありワンダーランド。
・
無邪気な子供達の視野は180度常に前方に向かっていますが、大人達のそれは前後左右上下360度全方向。それだけに厳しい現実に目を背ける訳にはいきません。
・
母ヘイリーの娘ムーニーへの不器用で不恰好なそれでいて愚直で一途な愛の深さと、モーテルの管理人ボビーの雇われとはいえ職務を忠実に全うする実直さや生真面目さの中にも溢れる優しさと思いやりの深さには胸が熱くなりました。
・
演技経験のない母親役と子役達、それを暖かく見守るベテラン俳優との三位一体。現実の立ち位置がストーリーの配役にも呼応するという稀有な作品でした。
🎥
#フロリダプロジェクト 
#フロリダプロジェクト真夏の魔法 
#ウィレムデフォー#ブリアヴィネイト#ブルックリンキンバリープリンス#ショーンベイカー
#映画鑑賞 #2018年劇場で観た映画
#映画パンフレット 
#映画好きな人と繋がりたい 
#洋画好きな人と繋がりたい 
#thefloridaproject 
#movie
🎬🍦🌈🎆🛒 フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 ・ 鑑賞日:2018.5.20 ・ フロリダ州のある安モーテルで暮らす母娘、ヘイリーとムーニー。2人にとっての"夢の国"とは"魔法のお城"だったー。 ・ フロリダの澄みきった青空や目も眩むような鮮やかな色彩の風景、それとは対照的な暗雲漂う貧困層の暮らしぶり、守護者としての大人の存在…昨年アカデミー作品賞受賞の『ムーンライト』が脳裏に浮かびました。 ・ 近くて遠い「夢の国」に行かずとも、腕白盛りな子供達にとって目の前に広がる日常こそがテーマパークでありワンダーランド。 ・ 無邪気な子供達の視野は180度常に前方に向かっていますが、大人達のそれは前後左右上下360度全方向。それだけに厳しい現実に目を背ける訳にはいきません。 ・ 母ヘイリーの娘ムーニーへの不器用で不恰好なそれでいて愚直で一途な愛の深さと、モーテルの管理人ボビーの雇われとはいえ職務を忠実に全うする実直さや生真面目さの中にも溢れる優しさと思いやりの深さには胸が熱くなりました。 ・ 演技経験のない母親役と子役達、それを暖かく見守るベテラン俳優との三位一体。現実の立ち位置がストーリーの配役にも呼応するという稀有な作品でした。 🎥 #フロリダプロジェクト  #フロリダプロジェクト真夏の魔法  #ウィレムデフォー #ブリアヴィネイト #ブルックリンキンバリープリンス #ショーンベイカー  #映画鑑賞  #2018年劇場で観た映画  #映画パンフレット  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #thefloridaproject  #movie 
🎞🃏⛷
モリーズ・ゲーム
・
鑑賞日:2018.5.11
・
ジェシカ・チャスティン×アーロン・ソーキン!
・
ジェシカ主演の前作『女神の見えざる手』は膨大な情報量と緻密な会話劇・法廷劇からアーロン・ソーキン脚本作品を想起させましたが、彼女の新作が正にそのアーロン・ソーキンの脚本&初監督作品と聞いた時は期待で胸が膨らみ、公開日が楽しみでした。
・
今迄の彼の作品から台詞・語りの多さや専門用語がバンバン飛び交う展開はある程度予想と覚悟はしていましたが、初っ端の掴みでもある挨拶代わりの超高速ナレーション(!)であと2時間強もついていけるのか⁉︎とのっけからかなり不安な状態に…。
・
場の雰囲気や間合い、互いの表情や精神状態…ポーカーのルールや用語は分からずとも、対人同士の腹の探り合いや鍔迫り合い、化かし合いは賭け事に関わらず対戦ゲームやスポーツなどを見ていても面白いものです。それはそういった人との駆け引きが常に我々の実生活に反映されているからなのかもしれません。
・
冒頭のモーグルシーケンスがきちんと繋がるラストシーン。主人公モリーの「転んでもタダでは起きない」「七転び八起き」な生き様をギュッと詰め込んだとても濃密な140分でした。
・
ただ一つ残念だったのは、案の定字幕を追うのが精一杯でジェシカ・チャスティンの美貌やファッションに魅入る隙が無かった点です(笑)
🎥
#モリーズゲーム 
#ジェシカチャステイン 
#ケビンコスナー 
#映画鑑賞 #2018年劇場で観た映画
#映画パンフレット 
#映画好きな人と繋がりたい 
#洋画好きな人と繋がりたい 
#mollysgame 
#jessicachastain 
#kevincostner 
#movie
🎞🃏⛷ モリーズ・ゲーム ・ 鑑賞日:2018.5.11 ・ ジェシカ・チャスティン×アーロン・ソーキン! ・ ジェシカ主演の前作『女神の見えざる手』は膨大な情報量と緻密な会話劇・法廷劇からアーロン・ソーキン脚本作品を想起させましたが、彼女の新作が正にそのアーロン・ソーキンの脚本&初監督作品と聞いた時は期待で胸が膨らみ、公開日が楽しみでした。 ・ 今迄の彼の作品から台詞・語りの多さや専門用語がバンバン飛び交う展開はある程度予想と覚悟はしていましたが、初っ端の掴みでもある挨拶代わりの超高速ナレーション(!)であと2時間強もついていけるのか⁉︎とのっけからかなり不安な状態に…。 ・ 場の雰囲気や間合い、互いの表情や精神状態…ポーカーのルールや用語は分からずとも、対人同士の腹の探り合いや鍔迫り合い、化かし合いは賭け事に関わらず対戦ゲームやスポーツなどを見ていても面白いものです。それはそういった人との駆け引きが常に我々の実生活に反映されているからなのかもしれません。 ・ 冒頭のモーグルシーケンスがきちんと繋がるラストシーン。主人公モリーの「転んでもタダでは起きない」「七転び八起き」な生き様をギュッと詰め込んだとても濃密な140分でした。 ・ ただ一つ残念だったのは、案の定字幕を追うのが精一杯でジェシカ・チャスティンの美貌やファッションに魅入る隙が無かった点です(笑) 🎥 #モリーズゲーム  #ジェシカチャステイン  #ケビンコスナー  #映画鑑賞  #2018年劇場で観た映画  #映画パンフレット  #映画好きな人と繋がりたい  #洋画好きな人と繋がりたい  #mollysgame  #jessicachastain  #kevincostner  #movie 
🎬💑🏡🇬🇧
#2018年劇場で観た映画
・
ロンドン、人生はじめます
・
鑑賞日:2018.4.30
・
ロンドン郊外のとある街でひょんなことから出会ったシニア・エイジの2人。何から何まで不釣り合いなそんな2人がやがて心を通わせていくー。
・
原題でもある「ハムステッド」とは英国ロンドンの郊外にある緑豊かな高級住宅街の土地名なのだそうです。
・
その一角の高級マンションに住む未亡人のエミリー、広大な国立公園ハムステッド・ヒースに掘っ建て小屋を建て悠々自適に暮らすドナルド。
・
一見正反対の持つ者と持たざる者の2人の間柄。本当の心の豊かさ・幸福感に満たされているのは果たしてどちらなのか?そんな2人の対比をコミカルに時にシニカルに描いています。
・
『アニー・ホール』を彷彿とさせるスタイリッシュな装いのダイアン・キートン。年齢を感じさせないチャーミングな彼女の佇まいと表情には「恐るべし!」という驚愕の一言に尽きます。
・
失いかけていた心にある大切な物を取り戻すのには時間や年齢は関係ない。第2の人生、今日からはじめます!と宣言すれば誰でもすぐに始められるー。そう遠くはない熟年期に向けてほんのちょっとした勇気と希望をもらえた作品でした。
🎥
#ロンドン人生はじめます 
#映画鑑賞 
#映画パンフレット 
#映画好きな人と繋がりたい 
#ダイアンキートン 
#ブレンダングリーソン 
#movie
#hampstead 
#dianekeaton 
#brendangleeson
🎬💑🏡🇬🇧 #2018年劇場で観た映画  ・ ロンドン、人生はじめます ・ 鑑賞日:2018.4.30 ・ ロンドン郊外のとある街でひょんなことから出会ったシニア・エイジの2人。何から何まで不釣り合いなそんな2人がやがて心を通わせていくー。 ・ 原題でもある「ハムステッド」とは英国ロンドンの郊外にある緑豊かな高級住宅街の土地名なのだそうです。 ・ その一角の高級マンションに住む未亡人のエミリー、広大な国立公園ハムステッド・ヒースに掘っ建て小屋を建て悠々自適に暮らすドナルド。 ・ 一見正反対の持つ者と持たざる者の2人の間柄。本当の心の豊かさ・幸福感に満たされているのは果たしてどちらなのか?そんな2人の対比をコミカルに時にシニカルに描いています。 ・ 『アニー・ホール』を彷彿とさせるスタイリッシュな装いのダイアン・キートン。年齢を感じさせないチャーミングな彼女の佇まいと表情には「恐るべし!」という驚愕の一言に尽きます。 ・ 失いかけていた心にある大切な物を取り戻すのには時間や年齢は関係ない。第2の人生、今日からはじめます!と宣言すれば誰でもすぐに始められるー。そう遠くはない熟年期に向けてほんのちょっとした勇気と希望をもらえた作品でした。 🎥 #ロンドン人生はじめます  #映画鑑賞  #映画パンフレット  #映画好きな人と繋がりたい  #ダイアンキートン  #ブレンダングリーソン  #movie  #hampstead  #dianekeaton  #brendangleeson