an online Instagram web viewer
  • diamondbay_graphics
    LEON_kei
    @diamondbay_graphics

Images by diamondbay_graphics

・
草原の実験[2014]
‪Ispytanie‬
・
気持ちを表現するには、言葉など無意味なモノかもしれない…。
・
幾千もの言葉を並べても伝わらないものは伝わらない、人間には察する感じるココロや目でモノ言うことができる不思議な生き物。
・
広大な草原地帯に暮らす父と娘は自然と共存し、決して楽とは言えないが生きる姿に力強い生命力を感じる。
・
人間などちっぽけなもので、自然の中の一部にしか過ぎない…実際に起きたソ連時代の出来事を題材に描いた作品。
・
すべてのシーンが、生命を感じさせる自然の美しい映像に圧倒。
・
常に自然と人間の関係性を結び付ける描写は純粋で、情緒的でも有りながら壮大に森羅万象が映像に宿る。
・
少女の結んだ髪をほどいた背景に、オレンジ色の夕陽が髪に透けて見える姿…
・
窓に濡れる雨粒が部屋の灯りを通し、揺れ動く影が柔肌にユラユラと反射…
・
言葉は大事で大切なモノの1つでも、感情表現に必ずしも言葉が必要かと言えばそうではない。
・
あらゆる五感で人それぞれが、感じるがままに感じればいい…そんな作品ではないでしょうか。
・
自然の中の一部でしかない人間が自然の流れに逆行している行為は愚かであるが、人間はそもそも最初から愚かな生き物で崇高なモノでも完璧なものでもない。
・
知恵を持つ事が自然に逆らう事だと分かっていても、それは誰も止める事はできないでしょう..☆,
・
#映画
#草原の実験
#アレクサンドルコット
#エレーナアン
#ダニーララッソマーヒン
#カリームパカチャコーフ
#ナリンマンベクブラートフアレシェフ
#ロシア映画
#movie
#film
#cinema
#‪Ispytanie‬
#AleksandrKott
#ElenaAn
#DanilaRassomakhin
#KarimPakachakov
#NarinmanBekbulatov-Areshev
#RussianMovies
・ 草原の実験[2014] ‪Ispytanie‬ ・ 気持ちを表現するには、言葉など無意味なモノかもしれない…。 ・ 幾千もの言葉を並べても伝わらないものは伝わらない、人間には察する感じるココロや目でモノ言うことができる不思議な生き物。 ・ 広大な草原地帯に暮らす父と娘は自然と共存し、決して楽とは言えないが生きる姿に力強い生命力を感じる。 ・ 人間などちっぽけなもので、自然の中の一部にしか過ぎない…実際に起きたソ連時代の出来事を題材に描いた作品。 ・ すべてのシーンが、生命を感じさせる自然の美しい映像に圧倒。 ・ 常に自然と人間の関係性を結び付ける描写は純粋で、情緒的でも有りながら壮大に森羅万象が映像に宿る。 ・ 少女の結んだ髪をほどいた背景に、オレンジ色の夕陽が髪に透けて見える姿… ・ 窓に濡れる雨粒が部屋の灯りを通し、揺れ動く影が柔肌にユラユラと反射… ・ 言葉は大事で大切なモノの1つでも、感情表現に必ずしも言葉が必要かと言えばそうではない。 ・ あらゆる五感で人それぞれが、感じるがままに感じればいい…そんな作品ではないでしょうか。 ・ 自然の中の一部でしかない人間が自然の流れに逆行している行為は愚かであるが、人間はそもそも最初から愚かな生き物で崇高なモノでも完璧なものでもない。 ・ 知恵を持つ事が自然に逆らう事だと分かっていても、それは誰も止める事はできないでしょう..☆, ・ #映画  #草原の実験  #アレクサンドルコット  #エレーナアン  #ダニーララッソマーヒン  #カリームパカチャコーフ  #ナリンマンベクブラートフアレシェフ  #ロシア映画  #movie  #film  #cinema  #‪Ispytanie‬ #AleksandrKott  #ElenaAn  #DanilaRassomakhin  #KarimPakachakov  #NarinmanBekbulatov -Areshev #RussianMovies 
・
カメラを止めるな![2017]
‪ONE CUT OF THE DEAD‬
・
ハードルを高く上げないよう心を真っ新にと心に誓って鑑賞したが、そもそも評判が高いからわざわざ映画館まで足を運んだのでハードルは無意識に高くなる。
・
鑑賞後、冷静になって少し時間を置いて率直な感想を言えば、『こんなものか…』と拍子抜けした。
・
ここ数年、新しい日本映画を観ていなかったせいもあるんだろう。
・
ここ数十年ゾンビ映画をまったく観ていない自分としては、安っぽかろうが寧ろ冒頭の37分間が新鮮に観えた。
・
しかし、『カメラを…』がここまで人々に影響を与えた事は素直に賞賛したい。
・
映画は会社の規模や予算や監督や俳優などだけで、善し悪しが決まる訳ではない。
・
いつの時代も稀にこう言う作品が生まれる事があるが、モノ創りの原点を再認識させられる。
・
この映画が本当に素晴らしい作品かどうかは、きっと10年後、20年後、100年後に振り返った時だろう。
・
他の映画にも言えることだが公開当時は低評価でも、将来振り返った時に素晴らしい映画だったと感じる時が来るのだから。
・
『カメラは…』は現段階で高評価を得ていましたね。
・
残念ながら今の自分にはココロを揺さぶられなかったが、未来へ向けてまだまだ若い上田監督に今後を期待をしたい。
・
言える事は製作者の創造性が最も重要だが、それは観る側の創造力とのぶつかり合い…そういった観点からも自分には物足りなかった。
・
少しだけ内容に触れれば、撮影助手役の女の子が〝つぼみ〟に見え気になってしかたなかった..☆,
・
#映画
#カメラを止めるな
#上田慎一郎
#濱津隆之
#秋山ゆずき
#日本映画
#movie
#film
#cinema
#OneCutOfTheDead
#ShinichiroUeda
#TakayukiHamatsu
#YuzukiAkiyama
#JapaneseMovie
・ カメラを止めるな![2017] ‪ONE CUT OF THE DEAD‬ ・ ハードルを高く上げないよう心を真っ新にと心に誓って鑑賞したが、そもそも評判が高いからわざわざ映画館まで足を運んだのでハードルは無意識に高くなる。 ・ 鑑賞後、冷静になって少し時間を置いて率直な感想を言えば、『こんなものか…』と拍子抜けした。 ・ ここ数年、新しい日本映画を観ていなかったせいもあるんだろう。 ・ ここ数十年ゾンビ映画をまったく観ていない自分としては、安っぽかろうが寧ろ冒頭の37分間が新鮮に観えた。 ・ しかし、『カメラを…』がここまで人々に影響を与えた事は素直に賞賛したい。 ・ 映画は会社の規模や予算や監督や俳優などだけで、善し悪しが決まる訳ではない。 ・ いつの時代も稀にこう言う作品が生まれる事があるが、モノ創りの原点を再認識させられる。 ・ この映画が本当に素晴らしい作品かどうかは、きっと10年後、20年後、100年後に振り返った時だろう。 ・ 他の映画にも言えることだが公開当時は低評価でも、将来振り返った時に素晴らしい映画だったと感じる時が来るのだから。 ・ 『カメラは…』は現段階で高評価を得ていましたね。 ・ 残念ながら今の自分にはココロを揺さぶられなかったが、未来へ向けてまだまだ若い上田監督に今後を期待をしたい。 ・ 言える事は製作者の創造性が最も重要だが、それは観る側の創造力とのぶつかり合い…そういった観点からも自分には物足りなかった。 ・ 少しだけ内容に触れれば、撮影助手役の女の子が〝つぼみ〟に見え気になってしかたなかった..☆, ・ #映画  #カメラを止めるな  #上田慎一郎  #濱津隆之  #秋山ゆずき  #日本映画  #movie  #film  #cinema  #OneCutOfTheDead  #ShinichiroUeda  #TakayukiHamatsu  #YuzukiAkiyama  #JapaneseMovie 
・
荒野の千鳥足[1971]
‪Wake in Fright‬
・
欲望なくして人間は、生きる意味も価値も無い。
・
だからと言って個々の好き勝手に欲望を満たすだけのアナーキーな世界なら、とっくに人類は崩壊しているだろう。
・
欲望を理性によって抑制し、社会秩序を保っているのが現実。
・
その欲望を剥き出しに満たすだけの世界に、一般社会で生きるいわゆる普通の人間が突然放り込まれたなら…。
・
理性を崩壊させ社会秩序から解放された人間の末路が、いかに醜く残酷なものか主人公を通し見定めた。
・
乾いた空気と無限に広がる砂漠の大地オーストラリアの田舎町〝ティブンダ〟から、教師の男はクリスマス休暇で恋人のいる〝シドニー〟へ向かう途中に立ち寄った〝ブンダンヤバ(ヤバ)〟の町で衝撃体験を受ける。
・
額の玉粒の汗が首筋に流れギトギトと脂ぎる〝ヤバ〟の人々は気さくで親切…一体何者なのか?

空にならないビールジョッキに、缶ビールの栓のネックレス…ビール、ビール、ビール、ビール好きには堪らないだろう。
・
獣のように理性を崩壊させ人間の皮を被った悪魔か怪物がこの町にいる。
・
あまりにも過激で狂喜乱舞する〝ヤバ〟の人間の様を、教師がのめり込み変化していく様子が恐ろしいほどに伝わってくる。
・
欲望を満たすために生きる事は否定もしないし、自分もその欲望の為に生きてはいる。
・
しかし、〝ヤバ〟の人間は『マッドマックス』以上にマッドな世界。
・
ステーキ屋の奥で行われる賭博〝コイン投げ〟シーンは、『ディアハンター』の闇ロシアンルーレットや『ファイトクラブ』の地下施設で闇ファイトするシーンを彷彿とさせる。
・
その他、描写は過激で暑苦しく自己の欲求を満たすだけの排他的な世界を描く。
・
ビールを飲み干しても次に注ぎ込まれるビールは、泥沼にハマり込んだ無限ループの悪夢だ。
・
放火・殺陣・強姦を何とも思わないのに、酒の誘いを断る方が重罪だと思わんばかりの欲望に満ち溢れたヤバい町。
・
そんな〝ヤバ〟の町に影響されて男が変貌したのではない、人間本来の姿を呼び起こす着火点にすぎない町だったんだと。
・
真夏に観るには暑苦しく寝苦しい夜となりそうだが、オーストラリアの大地のように荒廃し人間の本能を見せつけられたような過激な映画に強いメッセージ性を感じる..☆,
・
#映画
#荒野の千鳥足
#テッドコッチェフ
#ドナルドプレザンス
#ゲイリーボンド
#チップスラファティ
#シルビアケイ
#ジャックトンプソン
#オーストラリア
#movie
#film
#cinema
#WakeinFright
#TedKotcheff
#DonaldPleasence
#GaryBond
#ChipsRafferty
#SylviaKay
#JackThompson
#Australia
・ 荒野の千鳥足[1971] ‪Wake in Fright‬ ・ 欲望なくして人間は、生きる意味も価値も無い。 ・ だからと言って個々の好き勝手に欲望を満たすだけのアナーキーな世界なら、とっくに人類は崩壊しているだろう。 ・ 欲望を理性によって抑制し、社会秩序を保っているのが現実。 ・ その欲望を剥き出しに満たすだけの世界に、一般社会で生きるいわゆる普通の人間が突然放り込まれたなら…。 ・ 理性を崩壊させ社会秩序から解放された人間の末路が、いかに醜く残酷なものか主人公を通し見定めた。 ・ 乾いた空気と無限に広がる砂漠の大地オーストラリアの田舎町〝ティブンダ〟から、教師の男はクリスマス休暇で恋人のいる〝シドニー〟へ向かう途中に立ち寄った〝ブンダンヤバ(ヤバ)〟の町で衝撃体験を受ける。 ・ 額の玉粒の汗が首筋に流れギトギトと脂ぎる〝ヤバ〟の人々は気さくで親切…一体何者なのか? 空にならないビールジョッキに、缶ビールの栓のネックレス…ビール、ビール、ビール、ビール好きには堪らないだろう。 ・ 獣のように理性を崩壊させ人間の皮を被った悪魔か怪物がこの町にいる。 ・ あまりにも過激で狂喜乱舞する〝ヤバ〟の人間の様を、教師がのめり込み変化していく様子が恐ろしいほどに伝わってくる。 ・ 欲望を満たすために生きる事は否定もしないし、自分もその欲望の為に生きてはいる。 ・ しかし、〝ヤバ〟の人間は『マッドマックス』以上にマッドな世界。 ・ ステーキ屋の奥で行われる賭博〝コイン投げ〟シーンは、『ディアハンター』の闇ロシアンルーレットや『ファイトクラブ』の地下施設で闇ファイトするシーンを彷彿とさせる。 ・ その他、描写は過激で暑苦しく自己の欲求を満たすだけの排他的な世界を描く。 ・ ビールを飲み干しても次に注ぎ込まれるビールは、泥沼にハマり込んだ無限ループの悪夢だ。 ・ 放火・殺陣・強姦を何とも思わないのに、酒の誘いを断る方が重罪だと思わんばかりの欲望に満ち溢れたヤバい町。 ・ そんな〝ヤバ〟の町に影響されて男が変貌したのではない、人間本来の姿を呼び起こす着火点にすぎない町だったんだと。 ・ 真夏に観るには暑苦しく寝苦しい夜となりそうだが、オーストラリアの大地のように荒廃し人間の本能を見せつけられたような過激な映画に強いメッセージ性を感じる..☆, ・ #映画  #荒野の千鳥足  #テッドコッチェフ  #ドナルドプレザンス  #ゲイリーボンド  #チップスラファティ  #シルビアケイ  #ジャックトンプソン  #オーストラリア  #movie  #film  #cinema  #WakeinFright  #TedKotcheff  #DonaldPleasence  #GaryBond  #ChipsRafferty  #SylviaKay  #JackThompson  #Australia 
・
十三人の刺客[1963]
‪13 ASSASSINS‬
・
〝死なんとして戦えば生き、生きんとして戦えば死す〟
・
集団抗争時代劇の傑作『十三の刺客』は後にリメイクもされるが、今も昔もこういった設定は童心に帰ったようにココロ踊らされる。
・
徳川家慶の弟であり次の老中に指名された明石藩主〝松平斉韶〟は狂気に満ち異常なる気質により、理不尽極まりない仕打ちを受ける人々の懇願もあって密かに暗殺計画がなされ13人の侍が刺客となって挑む。
・
クライマックスの約30分間にわたる殺陣は今から見れば陳腐な作りに感じても、双方の荒々しく斬るか斬られるかのただその1点の精神性を純粋に強く感じる。
・
人が人を斬ると言う事は大義があったとしても、普通の精神力では耐え切れない。
・
恐怖心と虚栄心をもって、斬る。
・
命を捨ててもよい覚悟で戦っている双方の侍達も、本心は誰もが死にたくないと感情が心底伝わる。
・
人生の先など誰にも分からない。
・
本当はあるはずなのに現代社会で命を懸けて戦う感情など皆無だろうし、この恵まれた平和な日本では命を懸けるほどのモノを見失っている。
・
その半面、命の尊さを疎かにしているのも事実でもある。
・
時代は進歩し今と昔では考え方が変化するのは当然としても、命の尊さは今も昔も何も変わっていないと思いたい..☆,
・
#映画
#十三人の刺客
#工藤栄一
#片岡千恵蔵
#里見浩太朗
#嵐寛寿郎
#西村晃
#丹波哲郎
#侍
#日本映画
#movie
#film
#cinema
#‪13ASSASSINS‬
#EiichiKudo
#ChiezoKataoka
#KoutaroSatomi
#KanjuroArashi
#AkiraNishimura
#TetsuroTanba
#SUMURAI
#JapaneseMovie
・ 十三人の刺客[1963] ‪13 ASSASSINS‬ ・ 〝死なんとして戦えば生き、生きんとして戦えば死す〟 ・ 集団抗争時代劇の傑作『十三の刺客』は後にリメイクもされるが、今も昔もこういった設定は童心に帰ったようにココロ踊らされる。 ・ 徳川家慶の弟であり次の老中に指名された明石藩主〝松平斉韶〟は狂気に満ち異常なる気質により、理不尽極まりない仕打ちを受ける人々の懇願もあって密かに暗殺計画がなされ13人の侍が刺客となって挑む。 ・ クライマックスの約30分間にわたる殺陣は今から見れば陳腐な作りに感じても、双方の荒々しく斬るか斬られるかのただその1点の精神性を純粋に強く感じる。 ・ 人が人を斬ると言う事は大義があったとしても、普通の精神力では耐え切れない。 ・ 恐怖心と虚栄心をもって、斬る。 ・ 命を捨ててもよい覚悟で戦っている双方の侍達も、本心は誰もが死にたくないと感情が心底伝わる。 ・ 人生の先など誰にも分からない。 ・ 本当はあるはずなのに現代社会で命を懸けて戦う感情など皆無だろうし、この恵まれた平和な日本では命を懸けるほどのモノを見失っている。 ・ その半面、命の尊さを疎かにしているのも事実でもある。 ・ 時代は進歩し今と昔では考え方が変化するのは当然としても、命の尊さは今も昔も何も変わっていないと思いたい..☆, ・ #映画  #十三人の刺客  #工藤栄一  #片岡千恵蔵  #里見浩太朗  #嵐寛寿郎  #西村晃  #丹波哲郎  #侍  #日本映画  #movie  #film  #cinema  #‪13ASSASSINS‬ #EiichiKudo  #ChiezoKataoka  #KoutaroSatomi  #KanjuroArashi  #AkiraNishimura  #TetsuroTanba  #SUMURAI  #JapaneseMovie 
・
マドモアゼルC[2013]
‪Mademoiselle C‬
・
〝カリーヌ・ロワトフェルド〟がフランス版『ヴォーグ』編集長を10年間経たのち、新たなるファッション誌『CR FASHION BOOK』を米国で立ち上げ創刊に至るまでのドキュメント。
・
誰もが〝カリーヌ・ロワトフェルド〟と仕事をしたがる理由は、その独創性と様々な経験から来る先見の目だ。
・
大御所デザイナーから若手デザイナーはもちろん、ファッション業界に収まらず彼女を慕い流行の道標となる。
・
ファッションやメイクとは単にカラダを被うだけの道具ではない。
・
人のココロを動かす〝魔法〟のアイテムとなり、もしファッションが単なる機能性だけなら〝魔法〟は決してかからない。
・
気分を高揚させたり自らを励ましたり、もう1人の自分を演出したりとココロ踊り彩る創造性の塊がファッションと言うもの。
・
美しさの憧れは永遠で有り、魔法にかけられたような夢でも有る。
・
この〝CR〟が年2回だけの発行でも分かるように、ファッション誌の枠に囚われずアートギャラリーでも有り先進的なクリエイターらが作り上げる充実な雑誌でもある。
・
雑誌というには写真が豊富で分厚く重い一冊だが、これが手に触れる紙だからこそ1ページごとにめくる感覚が指から脳に入り込み深く刻み込まれる。
・
思えば〝カリーヌ・ロワトフェルド〟が手がけた〝CR〟が2012年に創刊された時は、一体どんな誌面なんだろうと洋書専門店に駆け込みワクワクしたものだ。
・
その〝CR〟がいよいよ今年(2018年10月)秋に日本版が創刊されるらしい。
・
彼女の頭文字をとった〝CR〟、彼女自身を投影した現在・過去・未来への提唱そのもの。
・
流行は必ず廃れるものだが、夢や憧れを提供する彼女の独創性の場を見届けたい..☆,
・
#映画
#マドモアゼルC
#ファビアンコンスタン
#カリーヌロワトフェルド
#ステファンガン
#カールラガーフェルド
#トムフォード
#リカルドティッシ
#CRファッションブック
#ドキュメンタリー映画
#movie
#film
#cinema
#MademoiselleC
#FabienConstant
#CarineRoitfeld
#StephenGan
#KarlLagerfeld
#TomFord
#RiccardoTisci
#CRFashionBook
#CR
#DocumentaryFilm
・ マドモアゼルC[2013] ‪Mademoiselle C‬ ・ 〝カリーヌ・ロワトフェルド〟がフランス版『ヴォーグ』編集長を10年間経たのち、新たなるファッション誌『CR FASHION BOOK』を米国で立ち上げ創刊に至るまでのドキュメント。 ・ 誰もが〝カリーヌ・ロワトフェルド〟と仕事をしたがる理由は、その独創性と様々な経験から来る先見の目だ。 ・ 大御所デザイナーから若手デザイナーはもちろん、ファッション業界に収まらず彼女を慕い流行の道標となる。 ・ ファッションやメイクとは単にカラダを被うだけの道具ではない。 ・ 人のココロを動かす〝魔法〟のアイテムとなり、もしファッションが単なる機能性だけなら〝魔法〟は決してかからない。 ・ 気分を高揚させたり自らを励ましたり、もう1人の自分を演出したりとココロ踊り彩る創造性の塊がファッションと言うもの。 ・ 美しさの憧れは永遠で有り、魔法にかけられたような夢でも有る。 ・ この〝CR〟が年2回だけの発行でも分かるように、ファッション誌の枠に囚われずアートギャラリーでも有り先進的なクリエイターらが作り上げる充実な雑誌でもある。 ・ 雑誌というには写真が豊富で分厚く重い一冊だが、これが手に触れる紙だからこそ1ページごとにめくる感覚が指から脳に入り込み深く刻み込まれる。 ・ 思えば〝カリーヌ・ロワトフェルド〟が手がけた〝CR〟が2012年に創刊された時は、一体どんな誌面なんだろうと洋書専門店に駆け込みワクワクしたものだ。 ・ その〝CR〟がいよいよ今年(2018年10月)秋に日本版が創刊されるらしい。 ・ 彼女の頭文字をとった〝CR〟、彼女自身を投影した現在・過去・未来への提唱そのもの。 ・ 流行は必ず廃れるものだが、夢や憧れを提供する彼女の独創性の場を見届けたい..☆, ・ #映画  #マドモアゼルC  #ファビアンコンスタン  #カリーヌロワトフェルド  #ステファンガン  #カールラガーフェルド  #トムフォード  #リカルドティッシ  #CRファッションブック  #ドキュメンタリー映画  #movie  #film  #cinema  #MademoiselleC  #FabienConstant  #CarineRoitfeld  #StephenGan  #KarlLagerfeld  #TomFord  #RiccardoTisci  #CRFashionBook  #CR  #DocumentaryFilm 
秘密と嘘[1996]
‪Secrets & Lies‬
・
今、これを読んでいる〝あなた〟も嘘をついている。
・
或は誰かに嘘をつかれている…かもしれない。
・
言いたくても言えない隠したい真実を、何事もなく装い鋼鉄の鎧で身を固める。
・
嘘は「嫌いだ」「良くない」と言うのは簡単だが、人のココロはそう単純ではない。
・
嘘をついて秘密を隠し続ける事の辛さ、嘘をつかれている事を知らずに生きる辛さ。
・
その秘密を明かす時が、もし来たのならば…。
・
・
・
世の中は秘密と嘘が満ち溢れている。
・
つまらない悪意ある嘘なんて、無い方がいいに決まっている。
・
それでも馬鹿正直な真実だけの世界なんて息苦しく、本音で全てを語ればギスギスした世の中になるだろう。
・
もし隠したい真実があるとしたらならば…その〝秘密〟という傷口を〝嘘〟で塞ぎ込むだろう。
・
嘘によって塗り固められた秘密は、辛い事だが双方にとって慰めなると思いたい。
・
問題はその嘘がバレた時…
・
体温がポッと1度上昇した素敵な映画..☆,
・
#映画
#秘密と嘘
#マイクリー
#ブレンダブレッシン
#マリアンヌジャンバプティスト
#ティモシースポール
#クレアラッシュブルック
#movie
#film
#cinema
#Secrets&Lies
#MikeLeigh
#BrendaBlethyn
#MarianneJeanBaptiste
#TimothySpall
#ClaireRushbrook
秘密と嘘[1996] ‪Secrets & Lies‬ ・ 今、これを読んでいる〝あなた〟も嘘をついている。 ・ 或は誰かに嘘をつかれている…かもしれない。 ・ 言いたくても言えない隠したい真実を、何事もなく装い鋼鉄の鎧で身を固める。 ・ 嘘は「嫌いだ」「良くない」と言うのは簡単だが、人のココロはそう単純ではない。 ・ 嘘をついて秘密を隠し続ける事の辛さ、嘘をつかれている事を知らずに生きる辛さ。 ・ その秘密を明かす時が、もし来たのならば…。 ・ ・ ・ 世の中は秘密と嘘が満ち溢れている。 ・ つまらない悪意ある嘘なんて、無い方がいいに決まっている。 ・ それでも馬鹿正直な真実だけの世界なんて息苦しく、本音で全てを語ればギスギスした世の中になるだろう。 ・ もし隠したい真実があるとしたらならば…その〝秘密〟という傷口を〝嘘〟で塞ぎ込むだろう。 ・ 嘘によって塗り固められた秘密は、辛い事だが双方にとって慰めなると思いたい。 ・ 問題はその嘘がバレた時… ・ 体温がポッと1度上昇した素敵な映画..☆, ・ #映画  #秘密と嘘  #マイクリー  #ブレンダブレッシン  #マリアンヌジャンバプティスト  #ティモシースポール  #クレアラッシュブルック  #movie  #film  #cinema  #Secrets &Lies #MikeLeigh  #BrendaBlethyn  #MarianneJeanBaptiste  #TimothySpall  #ClaireRushbrook 
・
レディ・バード[2017]
‪Lady Bird‬
・
さあ、飛ぶことを恐れるなかれ…レディ・バード。
・
飛び立たなければ何もはじまらず、飛んでこそ初めて判ることがある。
・
目の前に見え触れるモノ全てが、自分の敵と感じる事もあるだろう。
・
感情が優先しては敵か味方かなんて、その時々の一瞬一瞬では判るはずもない。
・
荒波に放り投げだされた孤独な現実世界で、小さなココロは不安の波に揉まれ荒れ狂うだろう。
・
それでも時が来れば誰が本当の敵か味方か判る日は、必ず来る。
・
ストーリーは至ってシンプルで有りがちなガールズ青春ムービーだが、〝シアーシャ・ローナン〟の不思議な存在感は他の役者を飲み込む。
・
17歳の高校生役に若干の無理がある気もしないではないが、幼い頃から大人びた容姿が逆に少女から大人になる境界線の役柄で良かったかもしれない。
・
それより生徒役の中に見た顔があると思ったら、一時期よく見ていた『オースティン&アリー』のアリー役〝ローラ・マラノ〟がいた事に少しココロ弾んだ。
・
自伝的映画〝グレタ・ガーウィグ〟の女性監督らしい視点と表現は、自身を投影させたセリフの1つ1つが繊細で現実的。
・
有り触れた日常は新鮮で、思春期のココロをうまく掴んでいるように思える。
・
例えば『ゴーストワールド』の〝イーニド〟のような飛び抜けた風変わりな少女を描いた訳でもなく、絵になりにくそうな極々どこにでもいそうな普通の少女を描いた事に感心する。
・
女性が観れば感じ方も更に違うだろうし、レディ・バードの感情に共感する部分も多いのかもしれない。
・
映画関係者の間では大絶賛されているようだが、個人的にはまだまだ作品としての描き方の印象が薄く音楽の使い方や映像としての方向性は定まっていないように思える。
・
肯定的に捉えれば未完成だが、全体的に上手くまとまった映画ではないか。
・
観る前は〝ソフィア・コッポラ〟のようなイメージを勝手に思っていたが、〝グレタ・ガーウィグ〟もレディ・バードのようにまだまだ若く飛び立ったばかり。
・
自身を振り返ってみても子供にとっての感情は、なんで〝大人は判ってくれない〟と思う気持ちで張り裂けそうな日々の繰り返しでしかない..☆,
・
#映画
#レディバード
#グレタガーウィグ
#シアーシャローナン
#ローリーメトカーフ
#ルーカスヘッジズ
#ティモシーシャラメ
#ロイススミス
#ローラマラノ
#movie
#film
#cinema
#LadyBird
#GretaGerwig
#SaoirseRonan
#LaurieMetcalf
#LucasHedges
#TimothéeChalamet
#LoisSmith
#LauraMarano
・ レディ・バード[2017] ‪Lady Bird‬ ・ さあ、飛ぶことを恐れるなかれ…レディ・バード。 ・ 飛び立たなければ何もはじまらず、飛んでこそ初めて判ることがある。 ・ 目の前に見え触れるモノ全てが、自分の敵と感じる事もあるだろう。 ・ 感情が優先しては敵か味方かなんて、その時々の一瞬一瞬では判るはずもない。 ・ 荒波に放り投げだされた孤独な現実世界で、小さなココロは不安の波に揉まれ荒れ狂うだろう。 ・ それでも時が来れば誰が本当の敵か味方か判る日は、必ず来る。 ・ ストーリーは至ってシンプルで有りがちなガールズ青春ムービーだが、〝シアーシャ・ローナン〟の不思議な存在感は他の役者を飲み込む。 ・ 17歳の高校生役に若干の無理がある気もしないではないが、幼い頃から大人びた容姿が逆に少女から大人になる境界線の役柄で良かったかもしれない。 ・ それより生徒役の中に見た顔があると思ったら、一時期よく見ていた『オースティン&アリー』のアリー役〝ローラ・マラノ〟がいた事に少しココロ弾んだ。 ・ 自伝的映画〝グレタ・ガーウィグ〟の女性監督らしい視点と表現は、自身を投影させたセリフの1つ1つが繊細で現実的。 ・ 有り触れた日常は新鮮で、思春期のココロをうまく掴んでいるように思える。 ・ 例えば『ゴーストワールド』の〝イーニド〟のような飛び抜けた風変わりな少女を描いた訳でもなく、絵になりにくそうな極々どこにでもいそうな普通の少女を描いた事に感心する。 ・ 女性が観れば感じ方も更に違うだろうし、レディ・バードの感情に共感する部分も多いのかもしれない。 ・ 映画関係者の間では大絶賛されているようだが、個人的にはまだまだ作品としての描き方の印象が薄く音楽の使い方や映像としての方向性は定まっていないように思える。 ・ 肯定的に捉えれば未完成だが、全体的に上手くまとまった映画ではないか。 ・ 観る前は〝ソフィア・コッポラ〟のようなイメージを勝手に思っていたが、〝グレタ・ガーウィグ〟もレディ・バードのようにまだまだ若く飛び立ったばかり。 ・ 自身を振り返ってみても子供にとっての感情は、なんで〝大人は判ってくれない〟と思う気持ちで張り裂けそうな日々の繰り返しでしかない..☆, ・ #映画  #レディバード  #グレタガーウィグ  #シアーシャローナン  #ローリーメトカーフ  #ルーカスヘッジズ  #ティモシーシャラメ  #ロイススミス  #ローラマラノ  #movie  #film  #cinema  #LadyBird  #GretaGerwig  #SaoirseRonan  #LaurieMetcalf  #LucasHedges  #TimothéeChalamet  #LoisSmith  #LauraMarano 
・
誰のせいでもない[2015]
‪Every Thing Will Be Fine‬
・
あの日、あの時…もしも1分家を出るのが早かったら、或は遅かったら。
・
その1分が人生を大きく左右する紙一重の運命だったと、振り返ったときに思い知らされることは少なく無い。
・
不幸にも人生を狂わせる出来事に遭遇した時、人は後悔のどん底に叩き付けられる。
・
主人公の精気を失ったかのような〝静〟なる動きの中に、ふつふつと煮えたぎる葛藤が良く表現されている。
・
ジワジワとスルメのように噛むほどに味わい深い、ヴィム・ベンダースの人間ドラマ..☆,
・
#映画
#誰のせいでもない
#ヴィムヴェンダース
#ジェームズフランコ
#シャルロットゲンズブール
#マリジョゼクローズ
#レイチェルマクアダムス
#movie
#film
#cinema
#EveryThingWillBeFine
#WimWenders
#JamesFranco
#CharlotteGainsbourg
#MarieJoseeCroze
#RachelMcAdams
・ 誰のせいでもない[2015] ‪Every Thing Will Be Fine‬ ・ あの日、あの時…もしも1分家を出るのが早かったら、或は遅かったら。 ・ その1分が人生を大きく左右する紙一重の運命だったと、振り返ったときに思い知らされることは少なく無い。 ・ 不幸にも人生を狂わせる出来事に遭遇した時、人は後悔のどん底に叩き付けられる。 ・ 主人公の精気を失ったかのような〝静〟なる動きの中に、ふつふつと煮えたぎる葛藤が良く表現されている。 ・ ジワジワとスルメのように噛むほどに味わい深い、ヴィム・ベンダースの人間ドラマ..☆, ・ #映画  #誰のせいでもない  #ヴィムヴェンダース  #ジェームズフランコ  #シャルロットゲンズブール  #マリジョゼクローズ  #レイチェルマクアダムス  #movie  #film  #cinema  #EveryThingWillBeFine  #WimWenders  #JamesFranco  #CharlotteGainsbourg  #MarieJoseeCroze  #RachelMcAdams 
・
もう夏が来たような暑さ..☆,
a hot day
・
#初夏
#打ち合わせ
#東京
#SarlySummer
#meeting
#tokyo
・
ジュリエッタ[2016]
‪Julieta‬
・
自ら〝悲しみ〟を知ってこそ、初めてその〝悲しみ〟を理解する。
・
罪悪感から堕ちいる現実逃避は何も解決せず、最愛の人さえ遠ざけてしまう。
・
誰が悪い訳ではない。
・
起こるべくして起こった現実は、悲しみを噛み締め現実を生き抜く事を願いたい…ジュリエッタ..☆,
・
#映画
#ジュリエッタ
#ペドロアルモドバル
#エマスアレス
#アドリアーナウガルテ
#ダニエルグラオ
#インマクエスタ
#ダリオグランディネッティ
#スペイン
#movie
#film
#cinema
#Julieta
#PedroAlmodovar
#EmmaSuarez
#AdrianaUgarte
#DanielGrao
#InmaCuesta
#DarioGrandinetti
#Spain
・ ジュリエッタ[2016] ‪Julieta‬ ・ 自ら〝悲しみ〟を知ってこそ、初めてその〝悲しみ〟を理解する。 ・ 罪悪感から堕ちいる現実逃避は何も解決せず、最愛の人さえ遠ざけてしまう。 ・ 誰が悪い訳ではない。 ・ 起こるべくして起こった現実は、悲しみを噛み締め現実を生き抜く事を願いたい…ジュリエッタ..☆, ・ #映画  #ジュリエッタ  #ペドロアルモドバル  #エマスアレス  #アドリアーナウガルテ  #ダニエルグラオ  #インマクエスタ  #ダリオグランディネッティ  #スペイン  #movie  #film  #cinema  #Julieta  #PedroAlmodovar  #EmmaSuarez  #AdrianaUgarte  #DanielGrao  #InmaCuesta  #DarioGrandinetti  #Spain 
・
煉獄エロイカ[1970]
H‪eroic‬ P‪urgatory‬(Rengoku eroica)
・
吉田喜重監督『日本近代批判三部作』の真ん中に当たるこの作品は、難解且つ斬新な映像で洗練された映像にココロ引き込まれる。
・
思想的には自分と相反する内容でも、あくまで1つの作品として撮り方や表現力に強い関心を持つ。
・
計算され尽くした無機質な建築物やモダンなインテリア、全員が無表情で棒読みなアングラ演劇的な演技。
・
理解不能な描写・展開も森英恵の衣装や、どこを切っても素晴らしく絵になる構図は幾何学的で美しい。
・
非商業的映画の最たる『日本近代批判三部作』吉田喜重ワールドは、〝天国と地獄の狭間にある煉獄の世界〟を描く..★,
・
#映画
#煉獄エロイカ
#吉田喜重
#岡田茉莉子
#鴉田貝造
#木村菜穂
#movie
#film
#cinema
#H‪eroic‬P‪urgatory‬
#Rengokueroica
#YoshishigeYoshida
#MarikoOkada
#KaizoKamoda
#NahoKimura
#Japan
・ 煉獄エロイカ[1970] H‪eroic‬ P‪urgatory‬(Rengoku eroica) ・ 吉田喜重監督『日本近代批判三部作』の真ん中に当たるこの作品は、難解且つ斬新な映像で洗練された映像にココロ引き込まれる。 ・ 思想的には自分と相反する内容でも、あくまで1つの作品として撮り方や表現力に強い関心を持つ。 ・ 計算され尽くした無機質な建築物やモダンなインテリア、全員が無表情で棒読みなアングラ演劇的な演技。 ・ 理解不能な描写・展開も森英恵の衣装や、どこを切っても素晴らしく絵になる構図は幾何学的で美しい。 ・ 非商業的映画の最たる『日本近代批判三部作』吉田喜重ワールドは、〝天国と地獄の狭間にある煉獄の世界〟を描く..★, ・ #映画  #煉獄エロイカ  #吉田喜重  #岡田茉莉子  #鴉田貝造  #木村菜穂  #movie  #film  #cinema  #H ‪eroic‬P‪urgatory‬ #Rengokueroica  #YoshishigeYoshida  #MarikoOkada  #KaizoKamoda  #NahoKimura  #Japan 
・
ガーデン[1995]
‪Záhrada‬(TheGARDEN)
・
人は永遠に未熟なままで良いのかもしれない…
・
仕立て屋の父と同居し生きる気力を失ったかのように迷える青年ヤクプ…たどり着いた先は祖父が残した田舎の廃墟とかした古い一軒家。
敷地内の庭は雑草に覆われ荒れ果てているが、そこには〝リンゴの木〟が一面に美しく力強く生い茂る。
・
ベッドの下から祖父が残したと思われる、逆さ文字で書かれた不思議な日記帳。
ヤクプは在り来たりの生活から何を見いだすのか。
・
荒れた庭…壊れた家屋…食べるモノさえない…不便で何をやるにも自分の手で1つ1つ行わなくてはならない。
・
あるのは庭の〝リンゴの木〟だけ。
・
その〝リンゴの木〟に導かれるように、可笑しな可笑しな訪問者たち。
・
その訪問者のひとり、少し小生意気で純真無垢な少女ヘレナに自分はココロ奪われた。
・
透き通ったココロとどこか冷めた印象を受け、鮮やかな藍色のワンピースを着たヘレナの虜になる。
幼く無邪気な振る舞いをするヘレナと相反し、大人の表情を見せたときはドキッとする。
ヤクプが〝リンゴの木〟から収穫したリンゴを、摘んだ籐製の籠の中に手を忍び込ませた表情が何ともいえない。
・
ヘレナはヤクプに何を与えるのか…何を伝えたいのか…観ている自分も自問自答する。
・
ルソーは言う『技術の進歩こそ人間性の堕落だ』…。
・
なんの変哲もないように見えてもココロ沈めて観れば、不思議な空間・滑稽な人々。
・
まだ熟していない青いリンゴのように、人は皆何歳になっても未熟のままなのかもしれない。
・
生まれた瞬間から死に向かって生きるのが生き物の宿命だが、成熟し続ける限り生きている証でもある。
リンゴのようにいつか完熟しても、人は死ぬまで完熟しないのかもしれない..☆,
・
#映画
#ガーデン
#マルティンシュリーク
#ロマンルクナール
#マリアンラブダ
#スザナスラヨヴァー
#スロバキア
#フランス
#movie
#film
#cinema
#Záhrada
#Zahrada
#TheGARDEN
#MartinSulik
#RomanLuknar
#MarianLabuda
#ZuzanaSulajova
#Slovakia
#France
・ ガーデン[1995] ‪Záhrada‬(TheGARDEN) ・ 人は永遠に未熟なままで良いのかもしれない… ・ 仕立て屋の父と同居し生きる気力を失ったかのように迷える青年ヤクプ…たどり着いた先は祖父が残した田舎の廃墟とかした古い一軒家。 敷地内の庭は雑草に覆われ荒れ果てているが、そこには〝リンゴの木〟が一面に美しく力強く生い茂る。 ・ ベッドの下から祖父が残したと思われる、逆さ文字で書かれた不思議な日記帳。 ヤクプは在り来たりの生活から何を見いだすのか。 ・ 荒れた庭…壊れた家屋…食べるモノさえない…不便で何をやるにも自分の手で1つ1つ行わなくてはならない。 ・ あるのは庭の〝リンゴの木〟だけ。 ・ その〝リンゴの木〟に導かれるように、可笑しな可笑しな訪問者たち。 ・ その訪問者のひとり、少し小生意気で純真無垢な少女ヘレナに自分はココロ奪われた。 ・ 透き通ったココロとどこか冷めた印象を受け、鮮やかな藍色のワンピースを着たヘレナの虜になる。 幼く無邪気な振る舞いをするヘレナと相反し、大人の表情を見せたときはドキッとする。 ヤクプが〝リンゴの木〟から収穫したリンゴを、摘んだ籐製の籠の中に手を忍び込ませた表情が何ともいえない。 ・ ヘレナはヤクプに何を与えるのか…何を伝えたいのか…観ている自分も自問自答する。 ・ ルソーは言う『技術の進歩こそ人間性の堕落だ』…。 ・ なんの変哲もないように見えてもココロ沈めて観れば、不思議な空間・滑稽な人々。 ・ まだ熟していない青いリンゴのように、人は皆何歳になっても未熟のままなのかもしれない。 ・ 生まれた瞬間から死に向かって生きるのが生き物の宿命だが、成熟し続ける限り生きている証でもある。 リンゴのようにいつか完熟しても、人は死ぬまで完熟しないのかもしれない..☆, ・ #映画  #ガーデン  #マルティンシュリーク  #ロマンルクナール  #マリアンラブダ  #スザナスラヨヴァー  #スロバキア  #フランス  #movie  #film  #cinema  #Záhrada  #Zahrada  #TheGARDEN  #MartinSulik  #RomanLuknar  #MarianLabuda  #ZuzanaSulajova  #Slovakia  #France 
・
パロアルト・ストーリー[2013]
PALO ALTO
・
サンフランシスコは〝パロアルト〟の街で起こった青春ストーリー。
・
思春期があった事すら記憶の中に消え去った自分が、この映画を観ると〝懐かしさ〟と〝切なさ〟が込み上げる。
・
消え去った過去の記憶が甦り〝エイプリル〟や〝エミリー〟のような女の子の気持ちを、自分が過去を振り返り何故理解してあげられなかったのだろうと思う半面…それが理解できなかったのは、ただただ自分のことで精一杯な未熟な若者だったからかもしれない。
・
一見、物事を冷めた目で捉え大人の前ではイイ子を演じ感情表現を抑える〝エイプリル〟。
しかし内面は熱く燃え上がり感情が爆発しそうなくらい揺れ動いている、それが痛々しくも見える。
・
少女も少年も各登場人物のタイプはそれぞれ違う。
それぞれが持つ思春期の揺れ動くココロは、敏感で脆く不安定で怖さ知らずで好奇心旺盛…
・
ただ、思春期の若者たちを1つのカテゴリーに収めてしまう事だけはしたくない。
・
若いから全て同じ悩みを抱えている訳でもなく、同じ考えをもっている訳でもない。
・
ひとりひとりが抱えている苦悩は多種多様で、他人と比較するものでもなく全ての苦悩が本人にとっては最高潮なもの。
・
監督はフランシス・F・コッポラの孫〝ジア・コッポラ〟、原作は〝ジェームズ・フランコ〟、主演の〝エイプリル〟はジュリア・ロバーツの兄エリック・ロバーツの娘〝エマ・ロバーツ〟、エイプリルの事を好きな〝テディ〟はヴァル・キルマーの息子〝ジャック・キルマー〟…カエルの子はカエル、2世、3世と映画が長く製作されれば当然のことかもしれない。
・
若干、身内の仲間を集めて作ったような配役は気になる点でもあるが、演じる素質は生まれながらにして自然と身に付く事もあり映画の内容にはむしろプラス効果を与えている感じがする。
・
実年齢からも若い役柄で大人びた印象もあるが、〝エマ・ロバーツ〟のナチュラルで素朴な演技に好感がもてる。
あくまで個人的ですが、〝ジュリア・ロバーツ〟の若いときより数倍魅力的。
・
思春期の不安定なココロを描く映画はたくさん有り内容的にはパターン化されがちだが、この作品は静かに淡々と進む展開の中に若者の繊細な感情が上手く描かれている。
・
このモワッとしたパステルな空気感は嫌いじゃないです..☆,
・
#映画
#パロアルトストーリー
#ジアコッポラ
#エマロバーツ
#ジェームズフランコ
#ジャックキルマー
#ナットウルフ
#ゾーイレビン
#ヴァルキルマー
#マーガレットクアリー
#デヴハインズ
#ロバートシュワルツマン
#コッポラ
#エイプリル
#movie
#film
#cinema
#PaloAlto
#GiaCoppola
#EmmaRoberts
#JamesFranco
#JackKilmer
#NatWolff
#ZoeLevin
#ValKilmer
#MargaretQualley
#DevHynes
#RobertSchwartzman
#Coppola
#April
・ パロアルト・ストーリー[2013] PALO ALTO ・ サンフランシスコは〝パロアルト〟の街で起こった青春ストーリー。 ・ 思春期があった事すら記憶の中に消え去った自分が、この映画を観ると〝懐かしさ〟と〝切なさ〟が込み上げる。 ・ 消え去った過去の記憶が甦り〝エイプリル〟や〝エミリー〟のような女の子の気持ちを、自分が過去を振り返り何故理解してあげられなかったのだろうと思う半面…それが理解できなかったのは、ただただ自分のことで精一杯な未熟な若者だったからかもしれない。 ・ 一見、物事を冷めた目で捉え大人の前ではイイ子を演じ感情表現を抑える〝エイプリル〟。 しかし内面は熱く燃え上がり感情が爆発しそうなくらい揺れ動いている、それが痛々しくも見える。 ・ 少女も少年も各登場人物のタイプはそれぞれ違う。 それぞれが持つ思春期の揺れ動くココロは、敏感で脆く不安定で怖さ知らずで好奇心旺盛… ・ ただ、思春期の若者たちを1つのカテゴリーに収めてしまう事だけはしたくない。 ・ 若いから全て同じ悩みを抱えている訳でもなく、同じ考えをもっている訳でもない。 ・ ひとりひとりが抱えている苦悩は多種多様で、他人と比較するものでもなく全ての苦悩が本人にとっては最高潮なもの。 ・ 監督はフランシス・F・コッポラの孫〝ジア・コッポラ〟、原作は〝ジェームズ・フランコ〟、主演の〝エイプリル〟はジュリア・ロバーツの兄エリック・ロバーツの娘〝エマ・ロバーツ〟、エイプリルの事を好きな〝テディ〟はヴァル・キルマーの息子〝ジャック・キルマー〟…カエルの子はカエル、2世、3世と映画が長く製作されれば当然のことかもしれない。 ・ 若干、身内の仲間を集めて作ったような配役は気になる点でもあるが、演じる素質は生まれながらにして自然と身に付く事もあり映画の内容にはむしろプラス効果を与えている感じがする。 ・ 実年齢からも若い役柄で大人びた印象もあるが、〝エマ・ロバーツ〟のナチュラルで素朴な演技に好感がもてる。 あくまで個人的ですが、〝ジュリア・ロバーツ〟の若いときより数倍魅力的。 ・ 思春期の不安定なココロを描く映画はたくさん有り内容的にはパターン化されがちだが、この作品は静かに淡々と進む展開の中に若者の繊細な感情が上手く描かれている。 ・ このモワッとしたパステルな空気感は嫌いじゃないです..☆, ・ #映画  #パロアルトストーリー  #ジアコッポラ  #エマロバーツ  #ジェームズフランコ  #ジャックキルマー  #ナットウルフ  #ゾーイレビン  #ヴァルキルマー  #マーガレットクアリー  #デヴハインズ  #ロバートシュワルツマン  #コッポラ  #エイプリル  #movie  #film  #cinema  #PaloAlto  #GiaCoppola  #EmmaRoberts  #JamesFranco  #JackKilmer  #NatWolff  #ZoeLevin  #ValKilmer  #MargaretQualley  #DevHynes  #RobertSchwartzman  #Coppola  #April 
・
WHAT ABOUT ME[1992]
・
最高の映画が出来たと思うなら、2本3本と新たに作品を作る必要はない。
・
そんな気にさせるほど〝レイチェル・アモーディオ(製作・監督・主演)〟自身の表現力が最大限に発揮され、これ以上でもこれ以下でもないのだろう。
・
悲しく切ないダメな女は、近寄って来る人々にも恵まれず〝負〟の連鎖を生む。
・
しかし、そんなダメ女にも本気で愛するダメ男が現れる。
・
ダメ女?ダメ男?
・
いったい何がダメで何が良いのか…?
・
いい映画です..★,
・
#映画
#WHATABOUTME
#レイチェルアモーディオ
#リチャードエドソン
#リチャードヘル
#ジョニーサンダース
#ニックゼッド
#ニューヨーク
#movie
#film
#cinema
#WHATABOUTME
#RachelAmodeo
#RichardEdson
#RichardHell
#JohnnyThunders
#NickZedd
#NewYork
・ WHAT ABOUT ME[1992] ・ 最高の映画が出来たと思うなら、2本3本と新たに作品を作る必要はない。 ・ そんな気にさせるほど〝レイチェル・アモーディオ(製作・監督・主演)〟自身の表現力が最大限に発揮され、これ以上でもこれ以下でもないのだろう。 ・ 悲しく切ないダメな女は、近寄って来る人々にも恵まれず〝負〟の連鎖を生む。 ・ しかし、そんなダメ女にも本気で愛するダメ男が現れる。 ・ ダメ女?ダメ男? ・ いったい何がダメで何が良いのか…? ・ いい映画です..★, ・ #映画  #WHATABOUTME  #レイチェルアモーディオ  #リチャードエドソン  #リチャードヘル  #ジョニーサンダース  #ニックゼッド  #ニューヨーク  #movie  #film  #cinema  #WHATABOUTME  #RachelAmodeo  #RichardEdson  #RichardHell  #JohnnyThunders  #NickZedd  #NewYork 
・
トゥー・ラビッツ[2011]
2 Coelhos
・
勢いがあった頃の初期ガイ・リッチー作品のようなスピーディーでマンガチックな映像に、良く言えば『トゥルー・ロマンス』や『ワイルド・アット・ハート』のような危険なラブストリーを掛け合わせたような印象。
・
しかし内容は有り得ない壮大で最も危険な、究極の〝償い〟ブラジル・クライムアクション・ムービー。
・
極悪ギャング・汚職まみれの政治家・汚い甘い汁を吸う刑事に検事に弁護士…他、複数の登場人物が1つに結びついた時に有り得ない壮大な〝償い〟が完成する。
・
これが映画だから成り立ち映画だからこそ奇想天外な発想で、綿密な計画がどれほど重要かいろんな意味でバカらしほどに感心する..☆,
・
#映画
#トゥーラビッツ
#アフォンソポイアルチ
#フェルナンドアルビスピント
#アレサンドラネグリーニ
#タイーヂ
#アルヂニムレール
#カコシオクレール
#ブラジル
#movie
#film
#cinema
#2Coelhos
#AfonsoPoyart
#FernandoAlvesPinto
#FernandoAlvesPinto
#Thaide
#AldineMuller
#CacoCiocler
#Brasil
・ トゥー・ラビッツ[2011] 2 Coelhos ・ 勢いがあった頃の初期ガイ・リッチー作品のようなスピーディーでマンガチックな映像に、良く言えば『トゥルー・ロマンス』や『ワイルド・アット・ハート』のような危険なラブストリーを掛け合わせたような印象。 ・ しかし内容は有り得ない壮大で最も危険な、究極の〝償い〟ブラジル・クライムアクション・ムービー。 ・ 極悪ギャング・汚職まみれの政治家・汚い甘い汁を吸う刑事に検事に弁護士…他、複数の登場人物が1つに結びついた時に有り得ない壮大な〝償い〟が完成する。 ・ これが映画だから成り立ち映画だからこそ奇想天外な発想で、綿密な計画がどれほど重要かいろんな意味でバカらしほどに感心する..☆, ・ #映画  #トゥーラビッツ  #アフォンソポイアルチ  #フェルナンドアルビスピント  #アレサンドラネグリーニ  #タイーヂ  #アルヂニムレール  #カコシオクレール  #ブラジル  #movie  #film  #cinema  #2Coelhos  #AfonsoPoyart  #FernandoAlvesPinto  #FernandoAlvesPinto  #Thaide  #AldineMuller  #CacoCiocler  #Brasil 
・
グッバイ、レーニン![2003]
Good Bye Lenin!
・
東西冷戦時代が終わりに差し掛かる頃、ベルリンの壁が崩壊する前後を描いた東ドイツ側に住む母と子の複雑な心境・行動をコミカルに描いた作品。
・
壁が崩壊した事を知らない旧東ドイツ体制を信じる母…。
・
崩壊した事実を伝えられず、急激な変化で母に刺激を与えないようと試行錯誤する息子。
・
良い事も悪い事も〝必ず誰にでも有る〟前提で物事を考えなければ前には進めない。
・
古い考えは捨てるのではなく、思い出としてココロの引き出しに閉まっておこう。
・
時代は常に流れているのだから、その度に修復改善しながら前へ進んでいくことが重要ではないか..☆,
・
#映画
#‪グッバイレーニン‬
#ヴォルフガングベッカー
#ダニエルブリュール
#チュルパンハマートバ
#カトリーンザース
#マリアシモン
#フロリアンルーカス
#movie
#film
#cinema
#GoodByeLenin
#WolfgangBecker
#DanielBruhl
#ChulpanKhamatova
#KatrinSass
#MariaSimon
#FlorianLukas
・ グッバイ、レーニン![2003] Good Bye Lenin! ・ 東西冷戦時代が終わりに差し掛かる頃、ベルリンの壁が崩壊する前後を描いた東ドイツ側に住む母と子の複雑な心境・行動をコミカルに描いた作品。 ・ 壁が崩壊した事を知らない旧東ドイツ体制を信じる母…。 ・ 崩壊した事実を伝えられず、急激な変化で母に刺激を与えないようと試行錯誤する息子。 ・ 良い事も悪い事も〝必ず誰にでも有る〟前提で物事を考えなければ前には進めない。 ・ 古い考えは捨てるのではなく、思い出としてココロの引き出しに閉まっておこう。 ・ 時代は常に流れているのだから、その度に修復改善しながら前へ進んでいくことが重要ではないか..☆, ・ #映画  #‪グッバイレーニン‬ #ヴォルフガングベッカー  #ダニエルブリュール  #チュルパンハマートバ  #カトリーンザース  #マリアシモン  #フロリアンルーカス  #movie  #film  #cinema  #GoodByeLenin  #WolfgangBecker  #DanielBruhl  #ChulpanKhamatova  #KatrinSass  #MariaSimon  #FlorianLukas